6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

龍ケ崎市議会 2015-06-26 平成27年  6月定例会(第2回)-06月26日−06号

これらのことを含めて,圧倒的多数の憲法学者をはじめ,法曹関係者が今回の法案憲法違反であることから反対を表明しており,各種の調査でも,国民の過半が反対している結果が多くなってきています。  日本国憲法前文の一部を読みます。  「われらは,平和を維持し,専制と隷従,圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において,名誉ある地位を占めたいと思ふ。」

龍ケ崎市議会 2013-06-10 平成25年  6月定例会(第2回)-06月10日−03号

任期付職員制度法曹資格者を採用するというお話でございましたけれども,任期付職員制度につきましては,今,議員ご指摘のとおりで専門的知識や経験を必要とする様々な行政課題に対して,専門性を有する民間の人材等を任期を定めて採用するということでございますが,やはりこの制度そのものを龍ケ崎市としてどのように生かせるか,今,様々な検討をしている段階でもございます。

龍ケ崎市議会 2008-09-09 平成20年  9月定例会(第3回)-09月09日−02号

最新の状況といたしましては,厚生労働省茨城県合同の実地検査に基づく改善命令を受けまして,連合会に設置されました公金着服再発防止検討委員会法曹関係者でありますとか,公認会計士等がメンバーになって組織しております公金着服再発防止検討委員会での検討,理事会での協議・決定を経て,7月25日付けにて改善計画を茨城県へ提出したところでございます。  

守谷市議会 2006-09-13 平成18年第 3回定例会−09月13日-02号

最高裁や法務省検察庁,また弁護士会法曹三者が主催したものです。裁判員制度は,2009年5月までに始まり,無作為に選ばれた国民が,裁判官とともに刑事裁判審理参加し,有罪か無罪かを判断し,量刑を決めることになっています。  (1)司法制度改革に関する教員研修と法教育。今回の研修に参加した教員は,子供たちも将来裁判員に選ばれる可能性が大いにあります。

  • 1