154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2020-03-04

ただいま教育部長からも答弁があったとおり、昭和43年、茨城県の指定文化財として陣屋門は指定を受けておりまして、石岡のシンボル的な存在として、江戸時代から残る由緒ある門と考えております。これでいいのだろうかということでありますけれども、私もあの門をくぐって学校に通った1人でありますけれども、当時の面影とは若干印象が違っております。

ひたちなか市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回12月定例会-12月11日-02号

かつて江戸時代にはもう15歳ぐらいで殿様になっちゃうわけですから,そういうことから考えますと,18歳というのは決して早くはないということではないかなと思います。そういうふうな,こちらでいろいろ,やってはいけないこと,これは事務局のほうでお話をするんですけども,いわゆる選挙でやってはいけないことを決められていますね,それを基本的に大事なこととして,まず教えてあります。  

稲敷市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回定例会−12月09日-04号

古い家では江戸時代につながりを持ったとか、家が起こった始まりとかを調べれば、自然と親戚としての親しみが増すはずです。歴史街道も同じように考えてください。知ることで親しみや愛着が出るんです。  さて、そのつくり方なのですが、まずは財源が必要です。ふるさと応援基金を充てた主要な事業に稲敷市歴史街道整備事業を加えたらいかがでしょうか。

守谷市議会 2019-08-29 令和 元年 9月定例月議会−08月29日-目次

江戸時代に将門人気が高まり,浄瑠璃歌舞伎錦絵などの作品に守谷城を想定した「相馬古内裏」「将門城」が数多く登場してきました。なかでも常磐津「忍夜恋曲者」(通常「将門」)は現代でも歌舞伎で上演されております。  当時,多くの文人たちが将門城としての守谷城址にロマンを求めて守谷を訪れてきたことは史実であり,彼らが残した作品には素晴らしいものがあります。

笠間市議会 2019-06-07 令和 元年第 2回定例会-06月07日-03号

江戸時代から、それ以前からの原風景がそういう風景ですから、心のふるさとに、今東京に住んでいる方、大都会に住んでいる方も、代を終えて、初代の方じゃないんですね、住んでいる方が。もう2代、3代、お父さんは東北のどの地域から出てきたかもしれないけれども、その子どもであり、孫である方が大体東京に住んでいるわけです。

つくば市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-06号

日本のように、夫婦別姓を認めない国は、世界でも少数派だとの意見もありますが、江戸時代の屋号に起因する名字制度は、日本の伝統的な生活文化であり、外国と比較して論じるべきでもないと考えます。  例えば、お隣の韓国では、本貫という、これは戸籍をつくるときの土地のことを言うのですけれども、これが転じてその氏族の発祥の地をあらわすことになって、これが日本でいう氏になっております。

守谷市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例月議会−03月19日-05号

あとちょっと余談になるのですが,先ほどちょっと言葉が悪い,決してセンスのよくないという注意喚起をした立て看板と言いましたが,本当に,私も今回守谷市内の公園などを見ていきますと,江戸時代のおふれ書きのような感じで,いかにもこれを見なさいみたいなイラスト入りの注意の看板を見るのですけれども,例えばですけれども,守谷のシンボルカラーであるグリーンのピクトグラムで禁止マークも統一するなど,なるべく松並青葉とか

つくば市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日市民経済委員会−03月07日-01号

実は、明治31年にこの夫婦同姓というのは始まっておりまして、江戸時代においては夫婦別姓であったのですね。なので、日本の歴史から見ると、たかだか実は夫婦同姓というのが制度化されて、一般的になったのは120年でありまして、もともと女性も自分の生まれた家の家柄というものを保ちながら婚姻関係を結んできたという背景があるのかと思います。

つくば市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会−02月28日-02号

譲位江戸時代後期の文化14年に、第119代の光格天皇仁孝天皇へと譲されて以来、202年ぶりとなります。  先日の日曜日24日に、天皇陛下御在位30周年記念式典が開催されました。4月30日に退位礼正殿の儀、5月1日に剣爾等承継の儀、その後、即位後朝見の儀、10月22日に即位礼正殿の儀が予定されております。  

ひたちなか市議会 2018-12-26 平成30年第 4回12月定例会−12月26日-付録

江戸時代からの温泉地で歴史があって,どんどん栄えたが,バブル以降はかなり客数も減り,事業所も減っている。それをどのように今風な観光地に刷新していくか,いろいろ努力している話を聞くことができた。   新事業所が81(H24年〜26年),廃業する事業所が110ということで,本当に今どこに行ってもこういう点では時代の変化で,商業工業かかわらずある。

笠間市議会 2018-09-20 平成30年第 3回定例会−09月20日-05号

主な成果といたしましては、江戸時代の絵図で確認されていた以上に、現地には、曲輪、堀、土塁などの遺構が残されていることが測量図面から確認できております。  普及活動といたしまして、調査結果の報告会と歴史講演会を合わせた「笠間歴史フォーラム」を開催しております。また、文化財公開に合わせて、「歴史探訪ツアー笠間城を歩く」を実施し、説明をしながら現地を案内いたしました。

常総市議会 2018-05-01 常総市:平成30年5月定例会議(第3回会議) 本文

これは江戸時代の初めからですからね。徳川家康がそういう目をつけて、やって、江戸川に水が来られちゃたまらないということで、そういうのはみんな銚子沖に持っていっちゃえということで、300年かけて、四百何十年ですけど、今で考えるとね──かけてやってきた。その途中に鬼怒川の掘削があるんですよね。

守谷市議会 2018-03-16 平成30年 3月定例月議会-03月16日-03号

週に二,三回ぐらいは行って本をお借りする,そのような生活をしているのですけれども,きょうも返さなければと思って,1冊持ってきたのですけれども,例えば,「中国化する日本」というのがございまして,江戸時代は,地域の有力者の方がそのまま行政官になるような分権的な封建的な社会だったのですけれども,明治になってから,行政官東京から派遣される中央集権的な郡県制になったということで,そういった明治維新の革命の本質

鹿嶋市議会 2018-02-16 02月16日-議案上程、説明-01号

多くの方がご存知だと思いますが、忠敬は、人生50年と言われた江戸時代に、それこそ50歳から天文学学び始め、17年の歳月をかけて、全国各地をみずから歩いて測量し、正確な日本地図をつくった人物です。1801年9月5日には、鹿嶋市(当時の国末村)に宿泊した記録もあります。歩いた距離は、およそ4万キロ地球1周分にも及び、みずからの夢を実現するために苦難と挑戦の連続でありました。 

ひたちなか市議会 2017-12-11 平成29年第 4回12月定例会−12月11日-04号

江戸時代より那珂川の河口を中心とした地域であります那珂湊は水運の中継基地としてかつては大いに栄え,明治時代の中ごろからは漁業の町へと変貌を遂げました。しかしながら,現在は,全体の3分の1はカツオやサンマ船などの回船の入港に頼る部分があるため,数多くの誘致で入港した年度につきましては好調なのですが,回船の入港が少ない年度につきましては,水揚げが低調になっております。  

ひたちなか市議会 2017-12-08 平成29年第 4回12月定例会−12月08日-03号

ほしいもは,江戸時代に現在の静岡県で誕生しました。保存食として軍隊の野戦食として活躍するなど,その製法は徐々に全国へと広まっていきました。そんなほしいもの製造が茨城に伝わったのは明治時代後半です。那珂湊で生産が開始され,農業従事者や漁業関係者の副業として定着しました。

ひたちなか市議会 2017-12-07 平成29年第 4回12月定例会−12月07日-02号

6年前までは,原発がなければ電気が不足し,江戸時代のような生活に戻ってしまう,そんなふうにまことしやかに語られ,原発は必要悪と容認していた方も多かったのではないでしょうか。しかし,今は違います。福島事故の後,日本の全ての原発が2年間にわたり停止した状態でも電気は不足しませんでした。