2580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

つくば市議会 2019-12-20 令和 元年12月定例会−12月20日-05号

また、事業を進めていくに当たっての市のスタンスについて質疑があり、委託をして放り投げるわけではなく、市が引き続き責任を持って事業を行っていくものであり、これまでのセンターの歴史や特色を生かしながら進めていく。専門性の高い法人委託することで、職員の質の確保も含め、ケアの質は向上していくものと考えているとの答弁がありました。  

日立市議会 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-12-18

また、学校教育のみならず、生涯学習スポーツの推進など、これまで積み上げられてまいりました日立市の教育歴史と伝統を引き継ぎ、小川市長が目指しますひたちらしさをいかした特色ある教育が展開できますよう、微力ながら職務に精励してまいる所存でございます。  市議会の皆様におかれましては、何とぞ御指導、御鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げまして、御礼の御挨拶とさせていただきます。  

つくば市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会-12月12日-04号

今年度は、勾玉づくりなど学校では体験できない歴史分野を加え、ロボット操作体験による科学分野、チョウザメの生態から環境を学ぶ自然分野と合わせて3分野構成としました。  さらに、科学分野については、これまで応募過多により抽選をしていたものを、募集人数を拡大し、2部構成とし、充実を図りました。  青少年の居場所づくりについては、7交流センターで実施している事業を継続していきます。  

石岡市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-12-11

常陸国分寺跡、常陸国分尼寺跡、舟塚山古墳、善光寺楼門、佐久良東雄旧宅は、歴史的にも貴重なものとなっており、国指定の文化財となっています。また、秋の常陸国総社宮大祭の例祭は、みこしや華やかな山車、獅子が町中を巡回し、多くの人でにぎわいを見せ、あるいは、800年以上の伝統を誇る真家のみたまおどりなど、伝統文化の継承と保存が図られています。  そのような意味で質問に入らせていただきます。  

つくば市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-02号

だから、こういう人はまた教鞭をとるなら、これから先、どういう子供が生まれていくのだろうと背中がぞっとするような思いでありますけれども、かわいがるなどというのはちょっと大時代的な言葉を聞くと、私もちょっと、いじめが原因で歴史に残るような事件、あるいは、いじめが原因で歴史を動かした事件がふと頭に浮かんだのです。  まず第1が、12月14日、吉良邸に討ち入りした赤穂浪士。

笠間市議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会-12月10日-04号

そしたら、このことも、ほかの首長さんがいろいろかかわる、要は違う地の利、風土の、歴史文化も全て違うような地域の人たちが、それぞれが首長さんがかかわるんだから、当然そんなことをやって、用意ドンで、お手々つないで足並みそろえて、うまく行くわけないじゃないですか。  だから、笠間市の考え方だけ必要なんですよ。市民はそれを思っているの、笠間市。笠間市の考え方、つまり市長の考え方。

石岡市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-12-09

3つ目の筑波山・霞ヶ浦広域エリア観光連携促進事業でございますが、平成30年度には、石岡のおまつりの歴史的背景の実態調査及び記録誌作成、外国語対応人材の配置、ラッピングバスによるPR強化、山車の製作・活用による体験型PR推進、イベント案内放送機器導入などの事業を実施いたしました。実績額は1,122万1,508円でございます。

日立市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-12-09

人類の歴史になかったことですから難しい問題です。ほんの少しですが、人口減少時代への備えに取り組み始めた自治体もあります。数字の予測値は前後するでしょうが、どうやら14万人以下への減少は避けられません。  質問2、今回の人口ビジョン改訂を機に、未来に備えた持続可能なまちづくりに向けた施策が必要です。執行部の考え方を伺います。  

守谷市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例月議会−12月06日-03号

その中で,よく議論する場合,専門家が言ったからそれは正しいとか,専門家が言ったからやろうと,それと同時に,民間療法ではありませんが,民間の人,その土地に住んでいる人の長い歴史の中での危機感ですか,そういう人たちの声,それを論外として捉えるのか,それも専門家に近いような参考的な意見として捉えるのか,そういう問題も今後議論する上でいろいろ出てくるかなと思います。

稲敷市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-03号

稲敷市は、市民憲章において、豊かな水と緑に恵まれた自然を守り、歴史と伝統のある郷土を愛し、活気と魅力あるふるさと稲敷をつくるために、この市民憲章を定めるとし、稲敷市の語呂合わせで、いつも笑顔で働き活力のあるまちをつくる。仲よく互いに助け合い心豊かなまちをつくる。自然を愛し、水と緑の美しいまちをつくる。教養を深め歴史文化の薫り高いまちをつくる。心身を鍛え明るく健康なまちをつくるとしております。  

稲敷市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-02号

そんな思いから今回の質問になるわけで、着目対象としたところの歴史、その追求、さらにその周辺地域にも目を向けるべきであると考えます。  今までの稲敷市におけるフィルムコミッションの撮影地や撮影実績などを取り上げいただき、冊子化、パンフレット化、映像化はいかがでしょうか。せっかく、つくっても活用できなければ意味がありません。

稲敷市議会 2019-12-03 令和 元年第 4回定例会−12月03日-01号

│       │ ├─────┼────────┼──────────────────┼───────┤ │根本  浩│1.稲敷市文化振│ 地域の特徴である水と緑に包まれた豊│市長     │ │議   員│ 興基金条例の設│かな自然と受け継がれる伝統・歴史の息│教育長    │ │     │ 置が必要と考え│づく稲敷市が多くの市民の誇りと愛着の│担当部長   │ │     │ るが伺う。  

石岡市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-12-03

商工費におきましては、石岡のおまつり歴史実態調査業務委託における予算の執行状況について、漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会への負担金の内容と加入のメリットについて、空き店舗等活用支援事業費補助金の執行状況が低い要因について、観光対策経費における各施設の目標設定の考え方についてなどの質疑がなされました。