16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

笠間市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会-12月11日-05号

全国の野性イノシシのCSFの感染状況についてでございますが、現在までに東海地方を中心に12県で野生イノシシの陽性反応が確認されております。関東では、先ほど議員からありましたように、埼玉県群馬県で確認がされておるところでございます。  なお、本市におきましては、10月に捕獲いたしましたイノシシ28頭に対しまして血液検査を行っておりますが、全て陰性となっております。

筑西市議会 2016-09-07 09月07日-一般質問-05号

このような地震は、東海地方から近畿、四国九州地方太平洋沿岸を激震と大津波が襲い、死者が何と32万人という恐るべき人的被害が想定されているのであります。 また、本年4月14日、16日には、熊本地方震源とするマグニチュード6.5、7.3の地震が発生いたしました。最大震度は、熊本県益城町震度7であります。人命、家屋の被害は甚大でありました。

日立市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2015-12-08

御存じのとおり、南海トラフ地震は、東海地方より広い範囲で想定され、最悪の場合としてマグニチュード9.1クラスの地震が発生した場合、死者が約32万人、家屋の倒壊が約238万棟、そして、首都直下地震では、東京都を中心にマグニチュード8.2クラスの地震が発生した場合として、死者約7万人、建物損壊が約133万棟など、甚大な被害が想定されている巨大地震です。

石岡市議会 2015-09-09 平成27年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2015-09-09

質問に先立ちまして、本日は、東海地方ですか、こちらのほうに台風が上陸するということで、大雨警報も出ているようでございます。質問のほう、なるべく短目という形で準備をさせていただきました。執行部のほうも答弁のほうをよろしくお願いしたいと思います。  それでは、通告に従いまして質問させていただきます。  まず1点目です。

つくば市議会 2011-12-12 平成23年12月12日総務常任委員会−12月12日-01号

それから、今、東海地方なんかで結構取り組んでいる事例が多いのですけれども、名古屋の市役所などでも相当な金額が出ているという報告は受けておりますので、契約次第ということで、まことに説明が十分ではないかもしれませんけれども、そういうことであります。 ○安井 委員長  ほかにございませんか。                    

ひたちなか市議会 2004-12-08 平成16年第 4回12月定例会−12月08日-02号

特に東海地方北関東などで対人口比率で数%の外国人が居住している都市におきましては、外国人集住都市会議を設立しまして、顕在化しつつある諸問題、具体的には、申し上げますと、医療保険の未加入とか外国人児童の不就学問題等でございます。などに協力し合って取り組んでおります。現在、本市の人口に占める外国人割合は約0.8%であります。また、ビジネスで市内企業に年間30名程度の外国人が訪れております。

下妻市議会 2003-11-10 平成15年 第4回定例会(第3日11月10日)

ある東海地方企業が、東海地震のおそれがあり、地震対策を考え安全な茨城へ生産の一部を移した企業があることを新聞紙上で見ましたが、地理条件、利便性の問題があるのではないかと思いますが、積極的な企業誘致により、まちの活性化につながるのではないでしょうか。執行部としては第1に何を行うべきか、お考えをお伺いいたします。明快な答弁をお願いいたします。 ○議長(初沢智之君) 答弁をいたさせます。

日立市議会 2002-12-10 平成14年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2002-12-10

これまでの国内外の災害状況を見ましても、生涯忘れることのできない平成7年に突然襲った阪神・淡路大震災によって5,400人余の尊い生命財産が奪われた大惨事を始め、有珠山三宅島の噴火災害や鳥取県の西部地震、そしてJCO臨界事故東海地方豪雨災害など、近年の災害は大規模かつ多様化の傾向と同時に、昨年9月には44名の死者を出した東京歌舞伎町雑居ビル火災、さらには343名という多くの消防職員が殉職したアメリカ

ひたちなか市議会 2001-03-06 平成13年第 1回 3月定例会-03月06日-01号

国内においては、阪神・淡路大震災の後、有珠山三宅島などの火山噴火、東海地方を中心とする集中豪雨鳥取県西部地震など、各地で住民の安全を脅かす災害が発生しております。本市においても、数回にわたる河川はんらんによる水害を経験し、災害に強い都市基盤の整備、災害復旧体制の確立及び迅速で正確な災害情報の伝達システムの整備が課題となっております。

下妻市議会 2000-09-19 平成12年 第3回定例会(第3日 9月19日)

このほかにも、側溝が雨水をはき切れずにあふれているところは何カ所もあるわけですけれども、この間の9月11日から12日にかけて東海地方を襲った何十年ぶりという豪雨ならいざ知らず、ちょっとした大雨で、年に何回も今まで挙げてきたような状態が発生しているのです。早急に現地を調査して、雨水処理対策をとっていただきたい。これら地域の声を代弁して質問をいたします。1日も早い解決を望みます。  3点目に入ります。

ひたちなか市議会 2000-09-13 平成12年第 3回 9月定例会-09月13日-03号

また一昨日来の台風14号の影響による豪雨では、東海地方を中心に多大なる被害をこうむりました。これも都市水害の典型的なものではないでしょうか。  そこで、都市水害も全体的な地域開発の中での解決が必要だということで生まれたのが、流域浸透と流域貯水という考え方であります。

筑西市議会 1981-12-07 12月07日-一般質問-05号

このような地震東海地方から近畿、四国九州太平洋沿岸を激震いたしまして、大津波が襲い、死者が何と32万人という恐るべき人的被害が想定されているのであります。首都直下地震といっても、この真下で起こるかもしれないのです。そこで、私は我が筑西市地震対策について各部局の部長さんに、その地震に対しての備えはどうなっておりますか。

筑西市議会 1941-12-03 12月03日-議案上程・説明-01号

ことし8月末に関東東海地方を襲った集中豪雨では、本市でも市内21カ所の道路等に被害が発生いたしました。総額3,000万円に及ぶ復旧工事を施工し、このほど一部を除き完了したところであります。 次に、「都市計画道路稲荷町線の完成」について申し上げます。下館駅前から国道50号の田町交差点までを結ぶ都市計画道路稲荷町線650メートルの整備事業がすべて完成し、先月8日に完成式典が挙行されました。

  • 1