5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日立市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-12-10

近年の晩婚化や出産年齢の高齢化などを背景に、不妊治療を受ける人が増え、夫婦の5.5組に1組が不妊検査や治療を経験していることが日本産科婦人学会の調査結果で明らかになりました。  一方で、働き続ける女性も増加し、治療と仕事の両立に悩む人は少なくありません。  厚生労働省は、昨年、労働者企業を対象に、不妊治療と仕事の両立に関する初の実態調査を行い、本年3月に結果を公表しました。

筑西市議会 2010-09-06 平成22年  9月 定例会(第3回)-09月06日−一般質問−03号

この子宮頸がん予防ワクチンにつきましては、日本産科婦人学会や公費助成推進実行委員会など、20を超える団体厚生労働省に対しまして接種費用の公費助成の申し入れを行っております。また、このワクチン接種を強く推奨いたしております自治医科大学の今野教授及び鈴木教授におかれましては、国レベルワクチンと検診に対する公費助成を行うべきと述べられております。

常総市議会 2010-06-07 常総市:平成22年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2010-06-07

薬事承認を受けてから社団法人日本産科婦人学会などは、このワクチン接種が広範に行われることによって子宮頸がんの発生を約70%減少させることが期待でき、しかも、このことによって我が国の女性とその家庭幸福をもたらすことだけではなく、子宮頸がん治療に要する医療費を大幅に抑制することができると表明しております。

筑西市議会 2010-03-05 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月05日−一般質問−02号

続きまして、子宮頸がんのワクチンの助成についてでございますけれども、先ほど議員さんおっしゃいましたように、国内では小児科や産婦人科などでの接種が想定されておりまして、日本産科婦人学会あるいは日本小児科学会などが合同で、11歳から14歳の女児を対象として推奨することを検討しているそうでございます。

鹿嶋市議会 2008-03-06 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−03号

日本産科婦人学会の調査、昨年の9月時点では、20代は70%、30代は50%を女性医師が占めており、出産後、職を離れる医師が多いとのことであります。私は、昨年の統一地方選においても少子化対策に全力を挙げる、子どもを安心して産み育てやすい環境づくりを掲げております。  4つ目に、里帰り出産者に対して償還払い方式について。里帰りした先でも領収書があれば助成金が支払われる制度であります。

  • 1