54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2018-09-11 平成30年 第3回 定例会-09月11日−03号

その森有正のおじいさんにあたる森有礼という薩摩藩出身の,薩摩といっても鹿児島からちょっと離れた田舎の方,あまり知られていない所から出てきた森有礼という,伊藤博文の,1885年でしたか,日本政治形態を昔から,内閣制度に変えようという時に初代の総理大臣になった伊藤博文ですね。彼はたしか長州藩だったと思います,松下村塾か何かに入っていた。

神栖市議会 2017-06-15 神栖市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号

経済学者の金子勝さんがツイッターで、モリとカケ、日本政治は伸びたそばみたい、出てくるのはキツネとタヌキばかり、税金はざるに水のごとしとつぶやいていました。事実を突きつけられても蹴られても、知らぬ存ぜぬの一点張り。こういう事態を一日も早く脱却し、民主主義を確立するためにも、国であれ県であれ、だめなものはだめと発信していくことが今こそ求められていると思います。

常総市議会 2016-05-01 常総市:平成28年5月定例会議(第4回会議) 本文

人材育成ということですけども、これは私の4年前の選挙でも訴えた点なんですけれども、今までの日本政治家というのは、ものをつくった、施設をつくったということが評価される時代であったと思います。しかし、これからの時代はものをつくった、施設をつくったということよりも、どういう人材を育てたかでもって、私は政治家の質が評価される、そういう時代になってくるであろうというのが私の基本的な考え方であります。

筑西市議会 2016-03-16 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月16日−07号

そういう関係でいいますと、やっぱり夏の参議院選挙に向けて日本政治動向が大きく変化する、そういう今時期に来ているのかなと。余り詳しく言いますと、それは違いますからという話もありますから、その程度におさめますけれども、この問題でも、やっぱり私は市長は当然かかわってくると思うのです。決して市長には関係ない話ではないです。

神栖市議会 2016-03-10 神栖市議会 会議録 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月10日−02号

新たに有権者となる18歳、19歳の未成年者は、全国で約240万人、日本政治課題は若者の未来と直結しており、政党議員も若者の声に耳を傾けて政策を決めることになっていくのではないでしょうか。  国際的に見ても、日本の選挙年齢は、ようやく世界水準に達しました。国立図書館が調べた199カ国地域のうち、176カ国地域の実に9割以上で18歳までに選挙権を付与しています。

古河市議会 2016-01-17 平成28年 12月 定例会(第4回)-01月17日−一般質問−05号

また、日本では参議院議員選挙で、日本政治史上初めて野党市民連合が一つになって選挙を戦い、11の選挙区野党市民連合が勝利しました。新潟県知事選挙も、原子力発電所の再稼働よりも県民の命と暮らしを守ることを訴えた米山さんが勝利という結果になりました。アメリカ大統領選挙では、下馬評に反してトランプ氏が勝利し、間もなく大統領に就任することになっています。

神栖市議会 2015-06-02 神栖市議会 会議録 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月02日−03号

しかし、これらの警告を無視し続けてきた日本政治行政などにより、深刻な事態を迎えているのが環境問題です。直ちに我々一人ひとりが、できることから早急に実施しなければなりません。このかけがえのない地球を守るために、さらに提言と質問をいたします。  次に、環境問題ですが、平成25年度神栖版環境白書によれば、20年にリーマンショックで製造部門のCO2が大幅に減少したということは答弁がありました。

坂東市議会 2014-11-10 平成26年 11月 定例会(第4回)-11月10日−02号

しかし、日本政治家は米の自由化を図り、工業製品ばかりに力を入れていますが、日本の生産農家には力を入れてくれないのが今の政治で、このままでは日本の米づくり農家は潰されてしまうのであります。今は世界は平和でありますが、人間社会はいつまでもひ弱なのであります。そのために、伊勢の皇大神宮も日本の米づくり農家を国としてつぶすわけにはいかないのであります。  そこで伺いをいたします。

土浦市議会 2014-03-11 平成26年 第1回 定例会-03月11日−03号

日本政治を託す代表を選ぶ選挙は,民主主義の原点です。国民一人ひとりが候補者の人物や政策などを判断し,自分の1票を投票することにより,民主政治が成り立ちます。選挙が公正に実施されなければ健全な民主政治成立しません。しかしながら,公職選挙における投票率の低下は,全国的な問題となっています。

ひたちなか市議会 2013-12-11 平成25年第 4回12月定例会−12月11日-03号

この震災において,日本政治経済社会報道地域首長指導者等々の考え方,対処の仕方,国民市民への説明が大きく変化をしております。  今期の全ての期間が,この災害から復旧・復興を抜きにしての市政運営は考えられません。優先順位や考え方も変化しているのではないかと思っております。そこで,この3年間の思いをお聞きしておきたいと思いますので,よろしくお願いします。  

筑西市議会 2013-12-06 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月06日−一般質問−02号

しかし、一方、日本政治を見た場合に、2013年、平成25年が終わろうとしていますけれども、きょうが12月国会閉会です。ご承知のように安倍内閣成長戦略実行国会というふうに、今回の12月議会を位置づけておりましたけれども、ご承知のように特定秘密保護法案国会になってしまいました。多くの国民の反対を押し切って衆参両院、強行採決したわけですけれども、どうなることか、というふうに思っています。

筑西市議会 2013-09-20 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号

それらの影響というものは、やはり実際には経済活動に影響が出て、日本国内、そして地方政治に影響してくるということになるわけで、今の日本政治のやり方では、それらが行き詰まるだろうと言っておりました。私、テレビ評論家というのは割とそこまでずばずば言うものではないという印象を持っておりますが、ラジオだと、やっぱり日がわりで評論家が出てきますけれども、厳しい見方をしている人たちが多い。

土浦市議会 2013-06-10 平成25年 第2回 定例会-06月10日−02号

さらに,つい先日のことですけれども,国際人権機関である国連の拷問禁止委員会は,旧日本軍慰安婦問題に係る勧告の中で,「日本政治家や地方の高官が事実を否定する発言が続いている。」と批判したという報道もなされたことは,私も承知をしております。  このような経緯の中でこの問題について,未だに歴史的な事実が解明されているとは言い難い状況にあるとも言われております。

土浦市議会 2012-03-12 平成24年 第1回 定例会-03月12日−02号

日本政治経済社会の在り方が現状のまま推移すれば,先の見えない一本道を手探り状態で歩き続けるようなものであります。取り返しがつかなくなります。将来を背負う若者や,これから生まれてくる方々に対して全く展望の見込めない日本を引き渡すことは犯罪的でもあります。あってはならないことです。

筑西市議会 2011-12-05 平成23年 12月 定例会(第4回)-12月05日−一般質問−03号

今後日本政治構図が変化していくのは必然であります。  さて、4月の統一地方選挙から約9カ月が経過いたしました。当市では新議会が発足後これまでに臨時会3回、定例会2回開催されました。この間の議題は、主に県地域医療再生計画に基づく新中核病院市民病院、スピカビル売却、公共インフラ耐震化、人口減少問題等であったかと思います。どの案件も筑西市の将来を占う意味で重要な課題であります。

古河市議会 2011-03-04 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月04日−一般質問−04号

それから、女性の就労支援、それと男女共同参画社会少子化対策ですが、私ははっきり申し上げまして、今のこの日本政治経済がこのようにどうにもならなくなってしまった原因というのは、これまで国も地方も男性だけの視点で政治をやってきた結果であると思っています。実際に旧総和町では、私が議員になる前は、歴史をさかのぼっても女性は全く政治には携わってはおりませんでした。

土浦市議会 2010-12-15 平成22年 第4回 定例会-12月15日−04号

日本政治は安定するどころかますます混迷を深めています。先月,11月25日の菅内閣支持率は20%ぎりぎり,20代から50代の人では15%にも届きません。国民のほとんどが民主党政権に不満を持っているということでございます。今,景気は一段と悪化し,出口が見えないような状況です。民主党政権に期待できない以上,一日も早く政治を変えないと大変なことになりそうです。

神栖市議会 2010-06-17 神栖市議会 会議録 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月17日−03号

結局、民主主義とは言葉による政治である以上、鳩・菅と続く2人の首相のこの言葉の欠点は日本政治の致命傷になりかねないことを指摘しておきたいと存じます。  公明党は、政治と金や経済財政再建、福祉など山積みする諸課題について、その問題を明確に指し示しながら解決の道筋を具体的に提案しているところであります。

神栖市議会 2010-06-16 神栖市議会 会議録 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月16日−02号

政治不信が渦巻く今こそ、声の届く政治、どこまでも現場の声を大事にし、庶民の声を直接政治に届けてきた公明党こそが、日本政治閉塞感を打ち破ることができる唯一の政党であると、このように申し上げまして、質問に入らせていただきます。      〔「よし、どうぞ」と言う人あり〕 ◆19番(柳堀弘君) 応援ありがとうございます。  初めに、入札妨害事件でございます。  

土浦市議会 2010-06-16 平成22年 第2回 定例会-06月16日−04号

政治への期待が絶頂に達した昨年夏から一転し,今,日本政治は混迷の度合いを深めています。  「国民の生活が第一」というスローガンを掲げていた割には,国民の給料が下がり,雇用が脅かされ,今日,明日の生活に不安を募らせる多くの人たちの心には響きませんでした。残念ながら,マニフェスト政権交代へのまきえさであり,事業仕分け支持率アップのためのガス抜きにすぎませんでした。