4890件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-09-20 令和 元年第 3回定例会−09月20日-06号

10番、日本共産党の石井 栄です。  まず継続審査になるまで、2回総務産業委員会を開いていただきまして、長時間真剣な議論をされたことに敬意を表したいと思います。その上で質問をいたします。  継続審査になった理由は何なのか、その理由についてお伺いします。一つは、継続審査になった理由の総括的な理由をお伺いいたします。

笠間市議会 2019-09-19 令和 元年第 3回定例会-09月19日-05号

教科書では、国語の物語を読む学習社会日本歴史学習の中で、第二次世界大戦について取り上げておりまして、特に社会では、長く続いた戦争と人々の暮らし、新しい日本平和日本へという単元などが設けられております。  また、笠間市には、筑波海軍航空隊記念館という貴重な戦争遺跡が身近にあります。

笠間市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回定例会-09月17日-03号

また、子どもたち一人一人が部活動で学んだ精神を、未来の笠間市、茨城県日本のために役立てられるよう、学校は部活動教育に取り組み、加入率を少しでも上げられるよういただければ、ただ加入率が高いということで、もしこのようなことについて見解があればお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(飯田正憲君) 教育長今泉 寛君。

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

│ ├───────────────────┼───────────────────────┤ │【観光開発事業費】          │これまで収集してきた観光データの分析をもとに,│ │九亀版DMO候補法人登録業務委託料  │今後の観光戦略となる「丸亀版DMO形成・確立計│ │(4,000)            │画」を作成し,日本版DMO登録を目指す。   

日立市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019-06-20

日本共産党の小林真美子です。  発言通告に従いまして、大きく2点について質問をいたします。  1、議案第38号、令和元年度日立市一般会計補正予算(第1号)。  (1)18ページ、民生費、社会福祉総務費、プレミアム付商品券事業費です。  10月から予定されている消費税の10%引上げで、引上げ分を財源に国は様々な施策を行おうとしています。

日立市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-06-19

幼稚園保育園、小中学校等の管理下において、施設敷地内や登下校中に起きている学校事故等は、全国的に見るとここ3年間では年間106万件にも達しており、対策がいかし切れずに事故が繰り返されている実態が、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度ビッグデータから明らかになっております。  そこで、日立市における学校事故等の発生状況はどのようになっているのか。

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

日本世代労働人口を見てみますと,35歳から44歳までのアラフォー世代が最も多く,労働の中核を担い,日本を支えています。この世代はおよそ1,500万人いると考えられ,その中に383万人もの非正規雇用の方が含まれているということなのです。  アラフォー世代社会で歩んできたこの20年,日本労働環境が激変し,社会格差貧困が広がった時期と重なります。

石岡市議会 2019-06-18 令和元年予算特別委員会(第4日目) 本文 開催日:2019-06-18

日本共産党小松豊正でございます。第1回定例会における予算特別委員会の議事録を一応読みまして、それを踏まえてさらに必要な点を質問いたしますので、よろしくお願いいたします。  最初、67ページですけれども、民間交通指導員報酬1,104万円についてであります。これは第1回定例会でも質問をいたしました。

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

日本パンダを展示しているのは、上野動物園和歌山県のアドベンチャーワールド神戸市立王子動物園の3箇所となっており、国内の複数の自治体などで誘致に向けた動きが見られているところです。しかし、誘致するに当たっては、飼育環境の整備、パンダの餌の確保、駐車場の整備、交通渋滞対策予算等々、どれをとっても大きな課題として立ちはだかっています。

守谷市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例月議会−06月17日-04号

日本スポーツ振興センター,JSCという団体があります。2014年から2016年の3年間で学校で起こったこの学校内での事故ビッグデータが322万件を産業技術総合研究所に依頼して分析し,結果を公表しました。事故は年間平均で小学校中学校で37万件,高校が26万件,幼稚園保育所などが6万件の事故が起きています。