327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2020-03-09 令和2年予算特別委員会(第3日目) 本文 開催日:2020-03-09

この事業は、兵庫県南部地震新潟中越地震において、多くの宅地被害が発生したことを受けまして、宅地造成等規制法が改正され、加えて、国において宅地耐震推進事業が創設されたことに伴うもので、大地震が発生した場合に大きな被害が生ずる恐れのある大規模盛土造成地において変動予測調査を行い、その結果について住民への情報提供や、対策工事等を図ることで、地域全体の防災意識の向上を図り、宅地所有者に宅地の安全性向上

ひたちなか市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回12月定例会-12月11日-02号

東海村の山田村長が新潟刈羽村長との対談で,東海第二原発について「規制基準高さと厳格な運用実態を説明して,事業者がしっかりとそれに応えているので,十分に安全性は高まっていると言うべきだ」と発言しています。  本当にそうでしょうか。原発は絶対に事故を起こしてはならない施設です。実効性のある避難計画も立てられない状況も続いています。

石岡市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-12-10

今、議員からございました新規就労者への家賃補助制度の導入ということでございますが、茨城県内で実施している自治体というのはちょっと把握はしてございませんが、議員からございましたように、新潟上越市、それと大洲市などでは先進的に取り組んでいる状況と伺ってございます。

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第18回会議) 本文

今、新潟は1等米が、これはまだ調べの話ですが、1等米が20%ないんですよ。逆にいけば、90%近いのが1等じゃない米だということですよ。新潟ですよ。新潟といったら、もう天下の新潟の魚沼の米が一番評価の高い米ですからね。片方が1万4,000円なのに片方2万円もする値段をつけるわけですから。

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第17回会議) 本文

また、ここで紹介させていただきますが、9月に文教厚生委員会において行政視察に行かせていただいた新潟三条市では、子ども・若者総合サポートシステムという事業を行っております。0歳から35歳まで切れ目のない子育て支援により、子どもが生まれたときから就労するまで、ライフステージに応じた支援を行い、ひきこもりにさせない支援事業ということで行っておりました。すばらしい事業だと私も勉強になりました。

ひたちなか市議会 2019-09-26 令和 元年第 3回 9月定例会-09月26日-付録

│ ├───┼─────┼───────┼────────────────────────┤ │ 17 │H30.7.23~│新潟見附市,│ 新潟見附市長岡市を訪問し,原子力災害に備え│ │   │  7.25 │   長岡市 │た屋内退避避難計画,中越地震後からの復興防災│ │   │     │       │対策などの調査を行った。            

ひたちなか市議会 2019-08-29 令和 元年第 3回 9月定例会-08月29日-01号

また,柏崎刈羽原子力発電所の周辺自治体である新潟見附市長岡市を訪問し,既に策定されている広域避難計画について調査を行った。  ア 原子力災害時における住民への正確な情報提供について  携帯電話スマートフォン,タブレットなどのモバイル端末が普及し,メールやSNSを利用した情報発信は,安否確認,緊急情報,最新の災害情報救急救命情報の収集や支援要請などで大きな役割を果たしている。

日立市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日: 2019-03-22

│ │            │ 全国的な動向を見ると、フッ化物の応用として、むし歯予防により効   │ │            │果的なフッ化物洗口の普及が進み、小中学校などにおいて実施する学校   │ ├────────────┤が増加する傾向になっており、佐賀県(82.1%)、秋田県(69.3%)、│ │受理          │新潟(65.7%)では高い実施率になっていますが、日立市では

つくば市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会−03月04日-04号

ただ新潟では、このシミュレーションをされて、ホームページに出ています。この新潟シミュレーション等をされた会議の委員の方が、この間土浦で講演会をされました。東海第二原発がある一定の条件事故になって拡散した場合、どうなるかというシミュレーション地図をお示しいただきまして、今ホームページに出ています。

ひたちなか市議会 2019-02-27 平成31年第 1回 3月定例会−02月27日-01号

第17回委員会 平成30年7月23日〜25日  新潟見附市長岡市を訪問し,原子力災害に備えた屋内退避避難計画について,中越地震後からの復興防災対策などについて調査を行った。その概要は別紙のとおりである。  第18回委員会 平成30年8月2日  原子力災害におけるひたちなか市民の県外広域避難に係る協定締結について,執行部より説明を受け,質疑を行った。

ひたちなか市議会 2018-12-26 平成30年第 4回12月定例会−12月26日-付録

─────────┤ │ │    3│議会広報委員会開催                       │ │ ├────┼────────────────────────────────┤ │ │    4│防災減災対策調査特別委員会開催                │ │ ├────┼────────────────────────────────┤ │ │ 10〜12│全国都市問題会議(新潟長岡市

筑西市議会 2018-12-05 12月05日-一般質問-05号

例えば新潟上越市福島県南相馬市など、区の使用を見かけたことがございます。今後、そのような事例を研究して、導入に向けた検討をさらに追及していただけるのか、そのお考えがあるのか、改めてお尋ねいたすところであります。 ○副議長(増渕慎治君) 秋山恵一君の2回目の質問に答弁願います。 菊池総務部長。 ◎総務部長(菊池雅裕君) お答えしたいと思います。 

ひたちなか市議会 2018-09-27 平成30年第 3回 9月定例会-09月27日-付録

│ │   19│鹿児島県霧島市議会視察来訪                   │ │ ├────┼────────────────────────────────┤ │ │   23│愛知県田原市議会視察来訪                    │ │ ├────┼────────────────────────────────┤ │ │ 23~25│防災減災対策調査特別委員会行政調査新潟見附市