139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

1993年ごろから2005年ごろの新卒者の就職が困難を極めた時期を指す就職氷河期は,平成象徴する言葉の一つと言えます。  あれから20年,2018年春の大卒の就職率は98%に達し,就職氷河期は既に過去のことに思えます。しかし,そうではありません。アラフォー世代に達しつつある就職氷河世代は,いまだに苦しみ続けているのです。  

日立市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-18

企業社会責任の一つである雇用に対する市の働き掛けでございますが、本市においては、大企業を含む市内の事業所を訪問し、地元高校の新卒者定期採用及び地元採用枠の確保に関する要望を、市、日立商工会議所ハローワーク日立の三者の連名により行っており、平成30年度には39の事業所を訪問しております。

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

とはいえ,かつてのような,新卒で就職して1つの企業でずっと働くことが当たり前である時代から,価値観の多様化や働き方改革などにもより,転職や起業,副業など多様なキャリアを模索する人も出てきておりまして,働く価値観の変化も出てきております。  一方で,この約10年で一気に浸透したスマートフォンなども例にとるまでもなく,昨今の技術の進化は目覚ましいものがあります。

ひたちなか市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-03号

今後につきましては,必要な保育士を確保するための支援として,新卒者への積極的な働きかけを行ってまいります。  また,保育士資格を持ちながら保育の現場から離れている,いわゆる潜在保育士が不安を解消して職場復帰できるよう,職場見学ツアーや職場体験講習会を実施するなど復職支援に取り組んでまいります。 ○清水立雄 議長  福地佳子教育次長。          

龍ケ崎市議会 2018-06-11 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−03号

今年度は開催時期を早め,9月下旬の日曜日に開催することで,新卒者のほかに潜在保育士の発掘にもつなげていきたいと考えております。  今後も既存制度の見直しや新たに保育士等の人材バンク制度の構築に向けての検討を重ね,保育士確保に努めてまいります。 ○寺田寿夫議長   2番伊藤悦子議員。 ◆2番(伊藤悦子議員)   市の二つの制度,なかなか大変なんだなというふうに感じているところです。  

古河市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−04号

地元雇用の創出結果につきましては、古河名崎工業団地内の企業による市内の高等学校からの新卒内定者は、平成22年4月から本年4月までの8年間で200人を超えております。新卒以外ですと、古河公共職業安定所有効求人倍率は前年と比べて0.3ポイント程度高い状態が続いております。また、古河駅周辺のビジネスホテルが増築予定とも聞いております。

古河市議会 2017-03-14 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月14日−代表質問−03号

新たに来るのは新卒の先生です。新しい人材がこれから本当に研修して、いろんなことを身につけて現場の教育に役に立っていただきたいのですが、今言ったブロック制の廃止というのは非常に大きいです。これについては、新たな教育長が決定した時点で県のほうに出向いて、再度ブロック制をということを強く訴えさせていただきたい、このように思っております。先ほど言った人材育成、非常に、本当に重要なのです。

日立市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017-03-07

今後も、組織構成上、職員年齢構成比率を一定に保つ必要もあることから、新卒採用を基本としながらも、必要に応じて年齢要件を広げるなど、柔軟で幅のある採用を行っていきたいと考えてございます。  試験方法につきましては、その人物を見極めるため、第3次試験までの全てにおいて面接試験を実施しており、引き続き人物重視の選考に力を入れてまいります。  

ひたちなか市議会 2017-03-01 平成29年第 1回 3月定例会-03月01日-01号

雇用の促進につきましては,ハローワーク水戸と連携し,ワークプラザ勝田内の地域職業相談室において求人情報の提供を行うとともに,新卒者の就職を支援するための合同就職面接会等を実施してまいります。また,仕事と子育ての両立を目指す方の就職を応援するためのセミナーを開催してまいります。  

常総市議会 2017-02-01 常総市:平成29年2月定例会議(第23回会議) 本文

また、そのほか県内では、神栖市が勤続年数に応じて月額6,000円から1万1,000円の補助を導入している、さらには、東京都神奈川県などでは首都圏で深刻化する保育士不足に対応するために、保育士養成学校に在学する保育士の生活費を補助するほか、地方新卒者に対し支度金を払い、囲い込みを行い、人材確保に動き始めているということでもございます。  

ひたちなか市議会 2016-09-09 平成28年第 3回 9月定例会-09月09日-03号

新卒の大企業志向,既卒人材への有効なアプローチへのコスト問題などもあり,都内からの人材獲得の難易度は高いものがあります。しかし,人材を獲得できれば,当然人口増や産業活性化に寄与することは明白であります。他市町村の多くでは,仕事を見つけるのが難しいことが人口移動の最大のハードルとなっております。本市の優位性を生かすためにも,また,県央県北地域産業拠点である立場上からも,3点伺いたいと思います。  

龍ケ崎市議会 2016-06-13 平成28年  6月定例会(第2回)-06月13日−04号

また今度ウィンドウズのタブレット,これは以前にもお聞きしたんですけれども,ウィンドウズ10,コアM,RAM4ギガということですから,ミドルスペックのタブレットということになると思うんですけれども,近年では本当にスマホやタブレットの普及によってパソコンを所有していない家庭も増えて,新卒の新入社員の方がエクセルやワードを使ったことがない方もいる,それで困っているというような報道もあるぐらいそのような現状

筑西市議会 2016-06-10 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月10日−一般質問−02号

具体的な業務内容といたしましては、新中核病院従事者の採用計画の策定、看護学生の新卒者の確保のための就職説明会等の活動、それから将来の新卒者を確保するための奨学資金貸与事業、さらに出産・子育て等で離職しました潜在看護師を復職させるための再就業支援事業、さらに中途採用による確保のための広報及び情報収集活動、両病院に勤務する職員が新中核病院で継続勤務するための啓蒙活動、また新中核病院の診療方針に対応できる

日立市議会 2016-06-06 平成28年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2016-06-06

また、大学などの新卒者につきましても、保育士資格を取得しながら保育以外の進路を選択する学生が増えていることなどから、学生のPR活動にも力を入れておりまして、市ホームページに掲載されております職員募集のPR動画に現場の保育士が出演いたしまして、保育士の魅力を伝えているほか、採用説明会におきましても、年齢の近い先輩保育士が仕事のやりがいについて熱く語る機会などを設けております。  

神栖市議会 2016-06-02 神栖市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月02日−02号

新卒の民間保育士の平均給与は手取りで13万円と伺っております。処遇改善の上乗せで私立でも定年まで勤務できる保育士が増え、質の向上につながるものと考えております。ご答弁をお願いいたします。  次に、空き家、空き店舗等を活用する地域コミュニティづくりについて質問いたします。  

ひたちなか市議会 2016-03-01 平成28年第 1回 3月定例会−03月01日-01号

雇用の促進につきましては,引き続きハローワーク等の関係機関と連携し,ワークプラザ勝田内の地域職業相談室において求人情報の提供等を行うとともに,新卒者の就職を支援するための合同就職面接会,会社特別説明会等を実施してまいります。また,仕事と子育ての両立を目指す方の就職を応援するセミナーの開催回数をふやしてまいります。  

龍ケ崎市議会 2015-12-11 平成27年 12月定例会(第4回)-12月11日−05号

就職を希望している方,特に私の周りの若い世代新卒者の方には,お話をお聞きすると地元,この龍ケ崎市,そして茨城県を含めても働く場所が少ない,こういった声を大変多く聞きます。  地域の潜在力を生かした仕事づくり,まち・ひと・しごと創生総合戦略の中でも,重要業績評価指標として企業誘致の企業数と,それに伴う新規雇用人数を掲げています。

土浦市議会 2015-12-08 平成27年 第4回 定例会-12月08日−03号

本市の就労支援の取り組みといたしましては,茨城県が運営するいばらき就職支援センター「ジョブカフェけんなん」やハローワークなどの関係機関と連携を図り,市役所本庁舎の2階に設置した求人情報パソコン2台で就労情報の提供を行っておりますほか,大学等の新卒者及び卒業しても就職していない方を対象とした「大好きいばらき就職面接会」や,学生を除く若者や離職され再就職を目指す求職中の方を対象とした「元気いばらき就職面接会