20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

神栖市議会 2017-09-14 神栖市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

次に、ヒバクシャ署名についてのお尋ねでございますが、市民の皆さんや職員への平和運動の周知といたしまして、市ホームページでの平和行政コーナーの充実を図りまして、その中でヒバクシャ国際署名についてもご案内してまいりたいと考えております。  私から以上でございます。 ○議長(大槻邦夫君) 産業経済次長。      

常総市議会 2017-08-01 常総市:平成29年8月定例会議(第9回会議) 本文

その後、「非核平和都市宣言 常総市」の懸垂幕を市庁舎に掲げまして、市民への周知を図るとともに、原水爆禁止国民平和大行進や反核平和の日リレー、核兵器禁止平和建設茨城県民会議など、さまざまな活動の賛同署名を行うなど、平和運動の推進に努めてまいりました。  また、平成25年10月には、核兵器のない平和な世界の実現に取り組む平和首長会議、こちらの趣旨に賛同いたしまして加盟いたしております。

神栖市議会 2017-03-06 神栖市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

日本平和運動は世界に誇るものです。特に最悪の犯罪環境破壊核兵器廃絶運動は、原水協をはじめ世界を動かしてきました。私は先日、被災63年3.1ビキニデー集会参加のため、焼津に行ってまいりました。今月から国連で始まる核兵器禁止条約制定移行に向けて、日本国民運動が高く評価されていました。市が国民に先駆けて被爆署名に取り組み出したことは、これを支え、神栖市民として大変誇りに思っています。

古河市議会 2015-02-26 平成27年  一般会計予算特別委員会-02月26日−審査事件・議案質疑−01号

その議論の中でも啓発看板、こちらについては、やはり1日だけのイベントよりは、看板というのは半永久的ではありませんが、しばらく市民の目につきますので、意見としましては、古河庁舎、三和庁舎にも順次設置しまして、その非核平和運動意識を高めていこうではないかという御意見もございました。  

神栖市議会 2013-12-12 神栖市議会 会議録 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月12日−03号

命を助ける医師こそ平和運動に身をささげるべきといい、憲法9条を守り抜く選択をしてほしいと、今も日野原先生は訴えています。市長も命を大切にする市政を求めていると思いますし、福祉医療教育環境などにこの思いを進めていただきたい。新年度でそういうことをどれだけ反映されるのか、もし見解がありましたら伺いたいと思いますけれども、特に変わり映えはしないのでということでしたら、それで結構です。  

常総市議会 2013-09-10 常総市:平成25年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2013-09-10

また、市役所の正面玄関わきに「非核平和都市宣言 常総」の懸垂幕を掲げて市民への周知を図り、平和運動の推進に努めてまいっておるところでございます。  この懸垂幕につきましては、長期の使用による文字の剥離など老朽化が著しく、旧石下庁舎に設置していたものは破損してしまい、水海道庁舎のものは平成20年3月に新調して現在掲示しているところでございます。  

神栖市議会 2012-12-07 神栖市議会 会議録 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号

命を助ける医師だからこそ、平和運動に身を捧げるべきだと言って、憲法9条を守り抜く選択をしてほしいと訴え続けています。市長も命を大切にする市政を求めていくということで、再三強調されていますので、福祉医療環境などこの思いで進めていただきたい、そのことには、もちろんご異議ございませんね。それは、確認させていただきます。  私も、相談事項があったら、まず現場に飛びます。今も相談がたくさんあります。

常陸大宮市議会 2010-03-15 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月15日−04号

当市としましても何らかの形で非核・平和運動に積極的に参加すべきと思います。以前にも、例えば、広島、長崎子供たちを派遣して、その状況をまた地元の方におつなぎするとかそういう質問もありましたけれども、そういうさまざまな形で非核・平和の運動があるかと思いますけれども、ぜひこういう形で運動を進めてほしいと思います。市長の考えを伺いたいと思います。  

常総市議会 2007-09-12 常総市:平成19年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2007-09-12

そのほか、例年行われている事業でありますが、原水爆禁止平和大行進、先ほど議員参加したと言われていますが、それから反核・平和の火リレー、茨城平和擁護県民会議、さらには核兵器禁止平和建設いばらき県民会議など、平和運動を推進する団体等に対しましても運動への協賛を行っております。  

常総市議会 2006-09-12 常総市:平成18年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2006-09-12

そのほか原水爆禁止平和大行進、反核・平和の火リレー、茨城平和擁護県民会議、さらには、核兵器禁止平和建設いばらき県民会議などの平和運動を推進されている団体等に対しまして、運動への協賛を行いました。また、市民に対しましての広報活動としまして、市庁舎の玄関わきに随時懸垂幕を掲げ、周知を図っているところであります。  

稲敷市議会 2006-06-09 平成18年第 2回定例会-06月09日-03号

そのような内容を多くの市民に伝えることも、大切な平和運動の一環と考えております。  したがいまして、今後は、広報に掲載するよう、掲載の時期の問題等も含めまして、担当課と検討をさせていただきますので、ご理解を賜りますようお願いをいたしたいと思います。 ○議長(吉田慶治君) 29番松坂美知子君。 ◆29番(松坂美知子君) 再質問を行います。  

常総市議会 2006-03-08 常総市:平成18年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2006-03-08

戦後、政界に復帰した風見は、戦前の失敗を深く反省し、平和運動と日中国交回復に全力を尽くしていったのでありました。  以上、見てきたように、私たちは長塚節と風見章というすばらしい歴史遺産を持っているのです。私は、この常総市の社会資産をもう一度再発見し、現代のまちづくりと文化政策に生かしていくべきであると思うのであります。  

石岡市議会 1999-03-04 平成11年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:1999-03-04

自衛隊の飛行機が、ファントムなんかも飛びますけれども、実際に、今は、有効利用という点では1本の滑走路、もう1本は、平和運動の、一坪運動によりまして、あそこに笠間稲荷の分社がありまして、くの字に曲げられております。それが、この民間共用化という名のもとに、もう一本滑走路をつくる。しかも、民間の航空機が乗り入れるときには、現在の滑走路では役に立ちません。

石岡市議会 1997-06-18 平成9年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:1997-06-18

私は、この平和憲法を守り、そして市民の中に、立場や思想を超えて平和活動、平和運動が進められるように願っているものです。  次に、非常に現実的な問題で、都市計画税の引き下げについてお尋ねをいたします。先ごろ、今年度の固定資産税個人明細書が対象者あてに郵送されました。封書で、「納税通知書在中」ということで送付されているかと思います。

石岡市議会 1997-03-21 平成9年予算特別委員会(第6日目) 本文 開催日:1997-03-21

平和運動をするんならば、そういうところに力点を置いてね。まず身近なところでしょうよ。ノドン1号、ノドン2号、今度は日本に到達するんでしょう、関東地方まで。そういう方に向けないで、過去の50年前の安保条約を廃棄にしたいがために、ついでに言うならば、自衛隊もなくしたいがために、そういう運動を下火から続けている。これはおかしい。  

石岡市議会 1996-12-25 平成8年第1回臨時会(第1日目) 本文 開催日:1996-12-25

お伺いいたしますが、この分掌からは、平和行政に関することということで、この間の答弁では、反戦平和運動の一環として、そのプラカード、もしくはパネルですか、こういうものをつくったり、出したり、展示したりすることをやるんだということを答弁しております。これが一体全体国民全体に対する奉仕なのか、一部の者に対する奉仕なのか、伺いたい。

石岡市議会 1996-01-18 平成7年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:1996-01-18

平和運動は私の生涯の課題とするところであります。  昨年茨城平和の会より、戦後50年の節目に当たり、平和の木植樹の要望書が提出されております。水戸市では駅南の平和公園に植樹がされました。非核平和都市宣言のまちとして、石岡の平和行政を今後どう進めるか、お伺いいたします。  最後に、公共料金の問題につきまして、お尋ねいたします。  今年度保育料金が値上げされました。

日立市議会 1995-09-12 平成7年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:1995-09-12

本市におきましても、終戦50周年事業「あすにつなぐ平和の願い」として、平和の鐘建設やひまわり平和運動、日立市平和展などの事業が推進され、多くの市民の皆さんの参加をいただき、それぞれ意義のある成果が得られたものと感じております。しかし、終戦後50年が経過いたしますと、戦争の悲惨さも年々風化していくことは紛れもない事実であります。

  • 1