2882件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

筑西市議会 2030-09-12 09月12日-一般質問-06号

確かに政策立案というのは、専門が入ったり、そういった関係団体が入ったりして協議していると思うのですが、私は、これからは財政が深刻な状況でありますから、受益負担の構造の説明と市民的コンセンサスですね、誰でも現代の人たちは、受けるサービスは、受益は大きく、負担は少なくという、これは人間ですから、当たり前のことかもわかりませんが、ややもするとサービスの享受というのですか、が拡大し過ぎて負担の軽減を少なくするために

土浦市議会 2027-06-11 06月11日-03号

スクールガード・リーダーは,警察官OB民間警備会社の社員など,防犯の専門がなるべきとしていますが,土浦市ではどのような方がなっているのか。そして,その方たちがどのような活動をしているのか,お答えください。 また,全国では,神奈川県川崎市のように,その活動に対して謝礼金を出している自治体もありますが,土浦市では有償なのか,無償のボランティアなのかもお答えください。 

筑西市議会 2024-09-09 09月09日-一般質問-03号

例えば専門チームをつくるのか、あるいは第三者委員会、つまり推進協議会なるものをつくり上げていくのか、その辺から質問を展開したいと思います。 質問席から次の質問に入ります。 ○議長仁平正巳君) 榎戸甲子夫君の質問答弁願います。 須藤市長。          〔市長 須藤 茂君登壇〕 ◎市長須藤茂君) 榎戸議員さんのご質問にお答えしたいと思います。 

土浦市議会 2024-09-09 09月09日-02号

家庭ごみはいろいろなものがそれこそまじっておりますけれども,事業系ごみは業種によって排出されるごみ特徴があり,ごみ専門の中には,8割,9割は資源ごみではないかと言う人がいるほどであります。事業系ごみ組成分析についての執行部の見解を伺います。 最後に,条例改正を含めた本格的な事業系ごみ減量計画を策定すべきではないかということについて伺います。 

筑西市議会 2023-06-11 06月11日-一般質問-04号

現状では、法律の専門だけでは後見人の受け手は不足してしまいます。そこで、市民向け研修制度がもう既にあるのです。市民後見人育成制度といいます。筑西市では、市民後見人育成に取り組む仕組みというのですか、こういった準備はできているのでしょうか。 ○議長仁平正巳君) 中澤保健福祉部長。 ◎保健福祉部長中澤忠義君) ご答弁申し上げます。 

鉾田市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-05号

これらについては、まず中央公民館をリフォームする価値があるのか、専門意見を聞いた上で判断すべきであろうと考えております。また、本市図書館の機能の不十分さは、何度も議会の中でも話題となってきております。1人当たりの蔵書数は県内でも低水準にあり、文化の高揚という点だけではなく、そもそもの市民サービスが低い状況にあります。

鉾田市議会 2021-09-11 09月11日-議案質疑、討論、採決-02号

それは費用効果投資効果を考えれば、なかなか今の施設のリニューアルというのは、専門の立場ではお勧めできる内容ではないというようなお話はいただいております。これは、あくまでもどうですかという質問に対してお答えいただいた内容でございますので、これは正式なものではないんですが、ざっくばらんな会話の中でそういうお話も伺っております。

鉾田市議会 2020-12-17 12月17日-一般質問-03号

専門を呼んで、講演会を聞いて、ああ、こういう考えなんだというのがわからなければ、全然何していいかわからないでしょう、これ。SDGs自体がどういうことなのかもわかっていないのがほとんどなんです、まだまだね。ですから、まずそれを周知していかなくちゃいけない。

土浦市議会 2020-12-17 12月17日-03号

私,医学の専門でありませんので,この内容やデータに関しては,厚生労働省のリーフレット,委員会議事録専門研究成果新聞記事などに基づき,産婦人科の医師の具体的な助言等を基に構成をしております。 ここ近年,若い女性の間で増加傾向にあります子宮頸がんは,20代と30代で年間約2,000人が罹患しております。

鉾田市議会 2020-12-16 12月16日-一般質問-02号

これについては、経営一般相談ということでございますので、こちらの経営承継についても含めまして、専門による相談体制を組んでいるところでございます。 すぐれた事業者経営承継については、議員もご指摘のとおりですね、親子の内部の血縁者だけではなくて、外部からのM&Aなども含めた第三者承継というのも一つの手段として今後考えていく必要があると思っております。

筑西市議会 2020-12-03 12月03日-一般質問-04号

つまり専門チームなのか、各種団体の長を集めるのか、そういうことだろうと思うのです。ですから、その費やされる予算の目的が明確に専門チームつくりましょうとか、推進協議会をつくりましょうとか、私はそういうくらいの答弁を期待をしておるわけでありまして、何をやるのでしょうか、次の新年度の予算というのは、考えていませんでしょうか。 ○議長仁平正巳君) 須藤市長

筑西市議会 2020-12-02 12月02日-一般質問-03号

◆23番(三浦譲君) 専門がついて看護師確保に当たっているわけですから、我々素人がどうこうといってもなかなか方法はわかりませんけれども、私が知っているドクターから聞いたところでは、例えば茨城西部メディカルセンターに来ている先生が看護学校などでも教えているケースがあるのではないかと、そういった場合に茨城西部メディカルセンター特徴とか、よさとか、将来性といったものを話すことによって、アピールできるのではないかというようなお

筑西市議会 2020-11-29 11月29日-一般質問-02号

議員さんおっしゃるように、非常に今の市といたしましては、防災の行政無線、これを使っているところでございますが、場所によって、ふだんの平日に聞こえづらいというときには、職員あるいは専門が行って、角度を変えたりいろいろなことをしています。しかしながら、今おっしゃったように、このような台風、あるいは震災、地震等いろいろあった場合には、非常に音が聞こえづらい。前々から言われていることでございます。

土浦市議会 2020-09-10 09月10日-03号

そういった中で事業をどうする,自分の強みは何なんだ,どうやって新規開拓するということになるのがやはり今までは難しかったというのが,違う分野の専門のお知恵をいただきながら,先が開けてイノベーションが起きているというようなことだそうでございます。 ちなみに,開設から4年8カ月で,延べ件数は1万件だそうなんです。

常陸大宮市議会 2020-06-15 06月15日-04号

専門職導入、もしくは専門への外部委託をもっと大胆にすべきだと思います。というと、新聞社ラジオ局への相談となりがちですが、これらはメディア側ですから、お金を出せば喜んで掲載をしてくれます。彼らは広告戦略専門ではありません。いわゆる広告代理店がやっているような業務、つまり、広告広報戦略の本格的な導入が必要であると思います。 次の質問です。