391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2021-01-28 令和3年第1回臨時会 資料 開催日:2021-01-28

    名             │結 果 │ ├───────┼───────────────────────────────┼────┤ │ 議案第1号 │令和年度石岡一般会計補正予算(第12号)         │原案可決│ ├───────┼───────────────────────────────┼────┤ │ 議案第2号 │備品購入契約の締結について(石岡八郷総合支所図書館家具購入

龍ケ崎市議会 2020-12-11 12月11日-04号

具体的には,家具類の固定落下防止対策チェックをはじめ,防災情報理解度チェック,これは5段階の警報レベル特別警報各種警報警戒情報をどこまで理解し,またそれらの情報発令時にどのような行動をすべきかを理解しているか,幾つかある安否確認連絡方法優先順位をつけて確認しているか,一時避難場所広域避難場所避難所はどこなのか確認しているかなどその他幾つかが掲載されていました。

結城市議会 2020-12-10 12月10日-02号

総務部長小野澤利光君) 総務行政,旧庁舎利活用についてのうち,西庁舎の今後の活用についてでございますが,結城出張所以外の1階及び2階スペースにつきましては,現状,既存の家具,什器等が残っている状況でございます。これらの物品を処分した後は空きスペースとなりますが,現時点では,新たな利用検討などは行っていない状況でございます。 

古河市議会 2020-09-16 09月16日-一般質問-04号

しかし、家族の命や家や家具、車や農機具などを失った市民は、明日への希望は持てません。生きる力をなくしてしまいます。政治家はいいかげんなことを言えません。針谷市長関係者が、築堤工事が着実に進んでいますと書かれたチラシを新聞に入れました。着実に進んでいるのなら、堤防の強化工事が完成する年度をはっきりとお答えいただきたいと思います。 

水戸市議会 2020-09-15 09月15日-03号

次に,公営住宅政策の震災時における公営住宅被害拡大予防のための家具転倒防止金具原状回復義務免除についてお伺いいたします。 昨今,災害による被害が後を絶ちませんが,被害を最小限に抑えるための日頃の対策や工夫は大変重要であり,命を守るためにも最大限の備えをしなければなりません。地震発生時も同様です。2011年3月11日に発生した東日本大震災では多くの被害がございました。

神栖市議会 2020-09-10 09月10日-03号

次に、可燃ごみを除く不燃ごみなどの分別についてのお尋ねでございますが、市では、金属、ゴム製品、汚れの取れないプラスチック製ボトル類、割れていないガラス類陶磁器類、硬いプラスチック類小型家電製品資源とならない繊維類などは不燃ごみ家具類、家電製品のほか、布団や自転車などは粗大ごみ、電池、蛍光灯などは有害ごみ、刃物、割れたガラス陶磁器、使い切ったスプレー缶やライターなどは、危険ごみに分類しております

つくば市議会 2020-09-07 令和 2年 9月定例会−09月07日-04号

在宅避難に対する市の考え方については、まずハザードマップ自宅災害リスクを確認し、ハザード外で安全な地域または自宅が損壊するおそれがない方は避難所に行く必要がないため、家具等の転倒防止対策備蓄をした上で、在宅避難をしていただきたいと考えています。  次に、自宅療養者濃厚接触者避難については、茨城県と連携し対応していきます。

石岡市議会 2020-09-01 令和2年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2020-09-01

八郷総合支所庁舎の改修に当たって、家具什器等備品を移転するための経費を計上するものでございます。  次に、企画費企画事務費82万5,000円でございます。半ノ木にございます法政大学石岡総合体育施設利活用について検討を行うため、不動産鑑定委託料を計上するものでございます。  次に、諸費の旭台会館管理経費654万7,000円でございます。

常総市議会 2020-08-01 常総市:令和2年8月定例会議(第11回会議) 本文

5月と11月に市役所の構内で、捨てればごみだけれども生かせば資源なので、家で自分で使わなくなった家具そんなに大きな家具じゃないんですけど、たんすだとかベビーカーだとか子ども用品とかいろいろな簡単な家具衣類子育て用品、そういうのを年2回市民の方から提供してもらったものを市役所の倉庫で売れるようなものと売れないものを仕分けしてやっていました、16年。

神栖市議会 2020-06-18 06月18日-03号

はじめに、ごみ減量化に係る市の政策についてのお尋ねでございますが、市のごみ減量化の主な取組といたしましては、粗大ごみとして出された食器棚やテーブルなどの家具の中からリサイクルできるものを再生し、市民の皆様に有料で提供している再製品販売や不要になった衣類や未使用食器類など、希望する市民に無料で提供している衣類等もらいます・あげますキャンペーン、廃食用油回収小型家電回収など、様々な取組を行っております

笠間市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回定例会−03月17日-05号

具体的には宿泊棟及び管理棟の壁、床、建具などの内外装、キッチン、トイレ、シャワールームなど排水設備、エアコンなどの空調設備家具、照明家電製品などの客室設備等を更新しまして、新たにグランピングテント、それからアウトドアバー、ファイアプレイス、いわゆる暖炉などを整備するものでございます。  

ひたちなか市議会 2020-03-12 令和 2年第 1回 3月定例会−03月12日-05号

次に,2つ目のR,再使用取組といたしましては,消費生活展において,粗大ごみとして排出された家具類の販売や,ごみ減量化啓発を行っております。  最後に,3つ目のR,再生利用につきましては,自治会子ども会のご協力の下,資源回収を実施し,ごみ分別の徹底を図っているところであります。  

鉾田市議会 2020-03-06 03月06日-一般質問-03号

防災士につきましては、平常時、平時の活動としては、自分家族を守る、まず自助取組、それと自宅耐震補強家具固定、物資の備蓄など、まず自主的に進めていただく。それを親戚、友人、知人、そして地域において防災リーダーとして防災啓発、訓練を実施するリーダーとして活躍をしてもらうということが期待されております。

土浦市議会 2019-12-17 12月17日-03号

議員からは,他の自治体の様々な取り組みについてご紹介がありましたが,感震ブレーカーには幾つかのタイプがあり,ご自分で簡単に取り付けられる簡易タイプのものであれば,ホームセンター等で二,三千円で購入することができますので,住宅用火災警報器の設置や,家具転倒防止対策といった日頃の防災対策については,自分の身は自分で守るという自助の精神で対応していただければと考えております。