120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

1点目の統合校における砂塵対策についてのご質問でございますが,まず,学校敷地外から飛来する砂塵への対策といたしまして,学校用地の境界沿いに,塩害病気害虫に強いタブの木,モチの木など,高さ3.5メートル以上の常緑樹を約3メートル間隔で植樹いたします。互い違いに2列に配置することで,厚みのある防風林としてまいりたいと考えております。  

稲敷市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号

江戸崎公民館の所管では、高田コミュニティセンターの高木伐採後の植栽管理経費の説明に対し、植栽される樹木の種類と害虫対策等に関する質疑が交わされ、また、委託料については、7年間稼動されていなかった江戸崎公民館・大集会室の観客席の収納・設置点検等に係る質疑が行われました。  審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定をいたしました。  

笠間市議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会−09月19日-04号

主な害虫といたしましては、ベニモンアオリンガ、これは通称シンクイムシといわれるものでございますが、そういったものとか、花芽形成に大きな影響を与えたり、美観を損ねるなどの害が出ております。また、病虫害ではございませんが、先ほど議員のほうからもございました地衣類の一種であるウメノキゴケもつつじに付着しており、美観を損ねている状況でございます。  

笠間市議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会−06月14日-05号

また、栗の病害虫はクスサンのほかにも、カミキリムシ類やクリイガアブラムシ等の害虫、胴枯病、凍害の病気もありますので、それぞれ殺虫剤の散布や卵の捕殺、塗布剤の使用等、それぞれの病害虫に応じた防樹の指導ができるよう、情報収集と情報提供に努めております。 ○議長(海老澤勝君) 村上寿之君。 ◆2番(村上寿之君) わかりました。

下妻市議会 2018-06-08 平成30年 第2回定例会(第3日 6月 8日)

国体開催期間において、ビアスパークキャンプテント村として利用することは、施設の用途変更に係る国や県との協議や、快適にテント村で宿泊できる環境を提供するための照明衛生施設害虫対策食事のための施設改修費用が生じるなど、多くの課題があると考えております。 ○議長(原部 司君) 以上で答弁を終わります。  再質問はありませんか。塚越 節君。

笠間市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会−03月12日-05号

市民生活部長(石井克佳君) 今後の収集運搬体制について伺うとのご質問でございますが、ごみの収集運搬に支障が出た場合に、悪臭害虫等の発生により市民生活に著しい影響を及ぼすなど、生活環境の保全上、支障が生じることとなるため、確実にかつ安定的にその業務を遂行することができる体制をつくることが最優先であると考えてございます。  

下妻市議会 2017-12-15 平成29年 第4回定例会(第3日12月15日)

稲の縞葉枯病につきましては、イネ植物を主な生息場所とするヒメトビウンカという害虫によって媒介されるウイルス性の病気でございまして、感染が拡大すると稲が枯れ、稲穂が実らず、米の収穫量が著しく減少してしまいます。  被害の状況でございますが、以前から県内各地で散発的に感染が確認されておりましたが、昨年から県西管内での被害発生が急激に拡大してしまいました。

稲敷市議会 2017-09-07 平成29年第 3回定例会−09月07日-02号

夏場は有害な動物の繁殖、木々の枝のはびこり、ごみの不法投棄や悪臭害虫の発生、冬場は枯れ草などの火災発生の問題等、市役所に相談しても個人情報保護法の壁があって聞きたい情報も入手できないし、自宅にはびこる樹木の枝も除去できない。また、窓口の職員も所有者の方に連絡をとるしか手段がないのが実情であります。  そこでお伺いいたします。  

常総市議会 2017-08-01 常総市:平成29年8月定例会議(第8回会議) 本文

141 ◯10番(倉持 守君) 2点目の質問でございますけども、害虫、害鳥、害獣、の被害状況と対策についてお伺いしたいと思います。今、常総市におきましては、お知らせ版等でこの前私も拝見しましたけども、害鳥に関しましては石下地区で猟友会にお願いして害鳥駆除を8月15日から1カ月間するというように私も確認はしております。

土浦市議会 2017-06-13 平成29年 第2回 定例会-06月13日−03号

また,先ほど申し上げました「永井地区の竜ケ峰」や「市内の各公園」の桜におきましても,天狗巣病に伴う剪定,伐採や害虫駆除等を行っておりまして,樹勢衰退に歯止めをかけるべく,巡視による日常点検を実施のうえ,適正管理に努めているところでございます。  なお,診断を行っておりませんその他,桜の名所につきましては,これまでに樹木診断を行い,その結果に基づき延命措置を実施いたしました。

龍ケ崎市議会 2016-12-14 平成28年 12月定例会(第4回)-12月14日−04号

〔岡田和幸都市環境部長 登壇〕 ◎岡田和幸都市環境部長   牛久沼上流部での谷田川,西谷田川の周辺で害虫駆除を主な目的としまして雑草等を焼却する大規模な野焼きにつきましては,1月下旬から2月にかけての日曜日に,つくば市の上岩崎地区や駒込地区などの10地区が事業主体となり,時間は午前と午後に分かれますが,同じ日に実施をされております。  

土浦市議会 2016-12-13 平成28年 第4回 定例会-12月13日−03号

例えば家全体の傾きや,主要構造の腐食では倒壊による被害が発生し,屋根,外壁の剥離では,飛散による被害,設備,門,塀の老朽化では,脱落や倒壊による被害,窓ガラスの破損や門,塀の被害では,不法侵入の危険,植栽の不備では害虫の増殖,道路交通上の影響や枯れ草の場合は火災の影響も考えられ,これらの特徴と悪影響は複合的に発生し,放置される期間が長ければ長いほど危険を増すことを考えると,古い空き家ほど対策が必要なことを

ひたちなか市議会 2016-12-08 平成28年第 4回12月定例会−12月08日-02号

空き家が近くにあることで治安の問題や害虫などの環境の問題,さらには自然災害の発生リスクが高くなることが挙げられます。空き家となった状態をよく確認し,それに合った対応が必要です。  当市の空き家対策につきましては,ひたちなか市空家等対策の推進に関する条例が,平成28年4月に施行され,また,平成28年度に空家等対策推進室を設置することとしました。  

神栖市議会 2016-09-08 神栖市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

次に、所有者のある空き家・空き地の除草に関してですが、特に住宅地に隣接したものに対して、私たちはごみのぽい捨て、たばこの投げ捨ては絶対にしてはならない行為ですが、所有者側としては、害虫の発生を防止し、防災の観点からも近隣の迷惑にならないよう、モラルを持ってまいりたいと思います。  

ひたちなか市議会 2016-03-10 平成28年第 1回 3月定例会-03月10日-04号

ヨシや雑草や害虫の管理は,農地が広くなればなるほど農薬が不可欠であると聞きます。農薬を散布するのは良質な作物を得る目的であって,作物を栽培する予定のない耕作放棄地にわざわざ農薬を使うことは考えられません。  そうすると,耕作放棄地では,ヨシや雑草や害虫がふえ,周辺の農地に悪影響をもたらします。

筑西市議会 2016-03-04 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月04日−議案質疑・委員会付託−06号

原因といたしましては、ヒメトビウンカという害虫によりまして、稲がウイルスに感染するため発生するものでありまして、市といたしましては、これまで市内の農家へのチラシ配布やPRでアナウンスを行い、特に畦畔や土手の除草管理を徹底する、そういうことによりましてヒメトビウンカが越冬しないような形で政策を促すとともに、薬剤によります育苗箱の消毒処理ということで、ウンカの発生を減少させるよう指導に努めているところでございます