1625件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-09-19 令和 元年第 3回定例会-09月19日-05号

特別支援教育指導専門員の活用状況の前に、各学校に特別支援学級が配置されておりますが、その現状ということで、現在の特別支援学級数と通級する児童生徒数について伺います。 ○議長(飯田正憲君) 教育長今泉 寛君。 ◎教育長今泉寛君) 特別支援学級学級数ですが、小学校で26学級中学校で10学級です。

笠間市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回定例会-09月17日-03号

部活動で授業の準備や学級活動に影響が出てしまう。  経験したことのない部活の指導者を任される。  小学校と違い、部活動で家に帰る時間が遅くなる。  その他など、どちらかといえば、部活動の指導を余り前向きに捉えていない声もあるようです。  しかし、前向きな意見もたくさんあり、部活動は心身を鍛えられる。  

つくば市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-04号

中高一貫教育校については、つくば市近隣では、竜ヶ崎第一に令和2年、土浦第一に令和3年、水海道第一、下妻第一に令和4年に、それぞれ併設型中学校を設置し、1学級から2学級の募集を行います。それに伴い高校の学級数を減らすというものです。中高一貫教育校設置の狙いは、地域の中の学校としての中心的な役割を果たすこと、地域のリーダー、地域学びをベースに世界に飛び立つ人材育成することと示されています。  

日立市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-09-11

また、複式学級の解消や仮設校舎など学校施設環境改善を始め様々な事柄について、更に議論を深める必要があるものと考えます。現在検討を進めております(仮称)学校再編計画に、その方向性を明らかにしてまいりたいと考えてございます。  次に、(2)今後の進め方とスケジュールなどについて。  学校の再編計画につきましては、今年度内を目標に素案を取りまとめてまいりたいと考えます。

つくば市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-03号

新設校の規模については小学校で20学級程度、中学校で10学級程度を想定しています。しかし、小学校用地及び公益施設用地を合わせても3ヘクタール程度であり、小中学校それぞれの校舎や体育館等を用地内に配置するとなるとグラウンド等が手狭となることから、取得予定地西側の民有地を買収し、グラウンド用地を拡張することを検討しています。

常総市議会 2019-09-10 常総市:令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019-09-10

財源には、要保護者及び特別支援学級に就学する児童分の国庫補助、就学奨励費補助金55万6,000円がございます。  同じように中学校においても就学援助経費を支出しておりまして、195ページ、下の段をごらんください。決算額は2,625万1,000円で、支給人数は延べ人数で928人、実人数では263人でございます。補助の対象費用は、記載のとおり給食費など補助しております。

つくば市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会-09月10日-02号

というのは、その健全な競争力のある学級は、おのずと成績が上がっていくと。なぜなら、お互いに切磋琢磨して、あの人には負けたくないなという、よきライバルもいると。あるいは、あの子の不得手な科目は教えてあげようとお互いに助け合ったりすると。だから、健全な競争力がある学級はおのずと成績が上がると言っている人もいます。ですが、因果関係は私も正直言ってわかりません。  

下妻市議会 2019-09-09 令和元年 第3回定例会(第5日 9月 9日)

本件は、2020年度政府予算編成において、豊かな子どもの学び保障するため、計画的な教職員定数改善により少人数学級を推進及び教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持が実現されるよう、国の関係機関に対し、意見書を提出していただきたい旨の請願であります。  

ひたちなか市議会 2019-09-05 令和 元年第 3回 9月定例会−09月05日-02号

また,特にこれらの性同一性障害児童生徒はいじめの対象になってしまうこともあることから,偏見や差別のない学級学校づくりを推進するために,全教育活動を通じて人権教育の充実を図っているところでございます。  教職員の研修におきましても,平成28年度にトランスジェンダーである方の講師をお招きし,性の多様性について学ぶなど,正しい理解を深める取り組みを行っているところであります。  

ひたちなか市議会 2019-08-29 令和 元年第 3回 9月定例会-08月29日-01号

一人一人の個性を引き出した豊かな教育の実現のためにも,少人数学級の実現,先生たちが十分にゆとりを持って授業に臨めるように,業務の削減・改善,教員を増員することに一番力を注がなければならないと考えます。  教育効果の見えない小中一貫校を建設するという工事請負契約締結の今回の議案には反対をいたします。 ○清水立雄 議長  ほかに討論はありませんか。          

常総市議会 2019-08-01 常総市:令和元年8月定例会議(第13回会議) 本文

教育委員会では、この答申を踏まえ、さらには多くの議員さん方からの御質問に答えたとおり、今後の推移というよりも、直近の6年後までは実際の子どもたちの数字はもう推移ではなく現実的にわかりますので、その辺も十分踏まえて、学級編制、複式学級、さらには学校施設にとどまらず、その他の公共施設の老朽化状況の把握や学校の建物の利用方法あるいは子どもたちの通学範囲等、さまざまな観点からデータを整理しまして、内部において

常総市議会 2019-08-01 常総市:令和元年8月定例会議(第9回会議) 本文

【陳情事項】 1.計画的な教職員定数改善により少人数学級を推進すること。 2.教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度を堅持すること。 陳情第2号       市立第一保育所、第二保育所閉所は白紙撤回し存続させる陳情書  常総市では第二保育所に続いて第一保育所も閉所しようとしています。  この間、常総市では公立保育所の閉所、民営化の動きが急速に進められています。

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

切れ目のない児童サービスとして,生後3ケ月で「ブックスタート」,0~2歳で「おはなし012」,未就学児で「おはなし会」,「出前おはなし会」,小中学生で「自動車図書館巡回」,「学級貸出」,「図書館を使った調べる学習コンクール」など手に届く場所に本がある環境を提供している。さらに,「家読(うちどく)」の推進として,平成19年から取り組みを始め市内の各地区へと拡大。

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

保護者からは,再編後の学級数や入試,部活動などなど多くの質問があったとのことです。学校地域との関係を大切にし,信頼関係を築いてきました。いろいろな意味で地域活動の重要な拠点の一つであり,また,住民の心の支えとなるものであると考えています。地域における学校存在,役割,意義などを改めて考える機会となりました。