233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

古河市議会 2021-03-19 03月19日-委員長報告・討論・採決-06号

しかし、大型車両も含めた駐車場利用動線には少々課題が残った形であります。また、障害者用駐車場利用在り方については、もはやモラル云々では解決できない現状があります。高齢社会において障害者用駐車場台数の拡幅やダブルスペースなどのゾーニングが必要と考えます。さらには、ぐるりん号の乗車場所バス停においても課題があります。いま一度道の駅の駐車場在り方を再考していただきたいと思います。 

東海村議会 2021-03-10 03月10日-03号

一方、原子力災害時の避難経路となっているインターは、大型車両通行可とするインター改良周辺道路整備課題であります。この件は地域自治会からも要望が出されています。現在の状況について2点伺います。 第1は、スマートインター大型車両通行可とするための検討状況について伺います。 第2には、要望の出ている避難道路としての村道改修について、現在の進捗状況を伺います。

つくば市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会−12月11日-03号

教育局長吉沼正美君) これまでの確認ということですけれども、まず、予定地をそこに定めるという計画に当たりまして、事前に大型車両を使いまして、関係する道路関係部局でありますとか、都市計画関係部局でありますとか、そういった関係職員を交えて、教育局とともにバスの実走ということで走ってみました。そういった確認をまずしております。  

龍ケ崎市議会 2020-12-10 12月10日-03号

そこは特に朝らしいんですけれども,大型車両など,トラックとかダンプとかの通り道となっているとのことで,結構危ないんだよ,危険なんですというふうなご意見を寄せられました。 そこで,先ほど申し上げましたように,時間帯によっての車両通行の制限ですとか時間帯別車両交通規制をすることができないのかどうか,ご答弁をお聞かせください。 ○鴻巣義則議長  斉田市民生活部長。     

神栖市議会 2020-12-08 12月08日-03号

そして、神栖市は、大型車両、コンビナートもあり、大変台数が多いと思っております。右折時や左折時のときの反対車線の車が見にくいなど、カーブのときに道幅が狭いなどの要望も受けております。対策対応などがありましたら、お伺いいたします。 次に、医療体制整備について。 市では、これまで医師確保のため様々な対策を講じてきておられます。その際に大切なのは、その取組をちゃんと分かってもらうことだと思います。

小美玉市議会 2020-09-11 09月11日-04号

次に、道路につきましては、日常の道路パトロール定期点検のほか、区長からの要望市民等から寄せられる意見等を把握し、道路補修等必要な対策を行い、道路維持管理に努めているところでございますが、今年度事業におきまして、特に大型車両通行量が多い道路は、舗装の傷みが顕著な箇所があることから、国補事業を活用し、道路路面点検調査を予定しております。

ひたちなか市議会 2020-09-09 令和 2年第 6回 9月定例会−09月09日-02号

そして,この路線大型車両通行も多く,歩行者及び自転車にとって大変危険を感じる道路となっており,市民から数多くの要望が寄せられています。以前から田彦交差点改良工事について検討はされていますが,交通事故のリスクが少ないスムーズな車両の走行と,歩行者及び自転車の安全・安心な通行ができるように,早急な改良工事を望みます。  

常陸大宮市議会 2020-06-12 06月12日-03号

今後の利活用につきましては、進入路が狭あいであり大型車両進入が困難なことや、排水処理施設等がないことなど、また現在行っております野上地区地籍調査事業地と近接しているため、十分な環境整備がなされていない状況であり課題も山積していることから、現在は具体的な利用計画が定まっていない状況でございます。 

小美玉市議会 2020-03-04 03月04日-02号

工業団地でありますので、もちろん交通量も多く、それに増して大型車両も多く通行いたしますので、路面の痛みも激しいものでございます。また東日本大震災などもあり、路盤も傷んでいると思われますので、ぜひとも打替工事等も踏まえ支持力検査などを行いつつ、舗装改修工事が必要と思いますので、市の所見を伺います。 2点目は、市道313号線の改良工事でございます。 

鹿嶋市議会 2020-02-27 02月27日-一般質問-03号

仮に鹿嶋RDFセンター日量約100トン、波崎RDFセンター日量約63トン、これらの中継施設改修した場合必要となる経費は、改修費大型車両購入費コンテナ費などがありまして、約15億円から16億円と見込んでおります。 次に、売電のための電力会社への負担金として約8億、さらに建設地用地取得費建設地内に設置されております物件等移転補償費、これらが必要となります。