35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

古河市議会 2020-12-18 12月18日-議案上程・説明・質疑-01号

県の支援制度である未来産業基盤強化プロジェクトを活用し、圏央道古河インターチェンジ近接エリア候補地として、新たな産業用地の創出に取り組みます。インターチェンジ周辺における企業の高い立地ニーズを背景にしたもので、県と連携事業化を進めてまいります。 また、若い世代を古河市に呼び込む施策として、暮らしやすさや市の魅力を発信するためのプロモーション活動に取り組みます。

古河市議会 2020-03-16 03月16日-代表質問-03号

次に、都市基盤「魅力的で利便性の高い古河(まち)をつくる」について、仁連工業団地企業立地促進等々についてでありますけれども、高橋秀彰議員の御要望のとおり、私自身も引き続きトップセールスを行い、圏央道古河インターチェンジや新4号国道からの交通アクセスに優れた当仁連工業団地立地条件のよさを中心にPRをしながら、優良企業誘致をさらに積極的に進めてまいりたいと考えております。

古河市議会 2019-09-11 09月11日-一般質問-04号

続きまして、国道354号のバイパス予定はということで、これは県事業で取り組んでいると思うのですが、古河市水海から圏央道古河インターチェンジまで計画的に進んでいまして、これは県の予算の中で進められると聞いておりますが、その辺のことについてわかる範囲で結構ですので、教えていただければと思います。 次に、身近な生活道路整備について。

古河市議会 2018-12-04 12月04日-01号

新4号国道圏央道古河インターチェンジを結ぶ国道354号古河境バイパス整備促進に向けて、10月1日に古河市と境町による「国道354号古河境バイパス整備促進期成同盟会」を設立し、10月24日に国土交通省財務省等早期整備要望を行いました。今後も、関係団体連携を図りながら、早期完成に向けた要望活動を行ってまいります。 

古河市議会 2018-08-30 08月30日-議案上程・説明-01号

新4号国道圏央道古河インターチェンジを結ぶ国道354号古河境バイパス整備が、新たに国の補助事業として採択されました。今後、圏央道の4車線化等の進捗により周辺地域交通量の増加が見込まれるため、さらなる整備促進に向けて古河市と境町との期成同盟会を設立し、国土交通省関係機関等への要望活動を進める予定です。 

つくば市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会−03月05日-02号

次に、(仮称つくばスマートインターチェンジについてですが、圏央道については、昨年2月に茨城区間古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジ間が開通し、(仮称つくばスマートインターチェンジは、7月に国の新規事業化箇所に選定され、平成33年度末の供用開始を目指し、事業を進めているところです。  

つくば市議会 2017-07-27 平成29年 7月27日道路・公共交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会-07月27日-01号

まず、圏央道についてでございますが、皆さんご存じのように、本年2月26日に、古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジ間の延長28.5キロメートルが供用開始されました。その結果、暫定の2車線ではございますが、茨城県内全線開通しております。今後は、早期の4車線化に向けまして、県、それから関係自治体とともに要望等を行ってまいりたいというふうに考えております。  

土浦市議会 2017-06-13 06月13日-03号

本年2月,茨城県内区間古河インターチェンジつくば中央インターチェンジ,28.5キロが開通し,総延長300キロのうち約9割が開通いたしました。最終的には,横浜,厚木,八王子,川越,つくば,成田,木更津などの都市を連絡することになります。2月の開通により,東京から放射状に延びる東名中央,関越,東北,常磐東関東道の各6高速道路圏央道で結ばれたことになります。

古河市議会 2017-03-16 03月16日-一般質問-05号

圏央道だって、本当は岩井市だか常総市から直接また埼玉県のほうへ行ってしまうようなルートを何十年も前に計画されていたのが、猿島地域を考える会という会が一生懸命署名運動活動をされたことによって、古河インターチェンジだって名崎の工業団地から8キロメートルの位置にまで、近いところにできたではないですか。できないと思うから、できない。

つくば市議会 2017-03-09 平成29年 3月 9日道路・公共交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会−03月09日-01号

さて、本日の会議では、圏央道古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジ開通について等の案件について執行部から説明があるということであります。  開通式には、多くの議員諸氏にもご参加いただきましてありがとうございました。  

日立市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2017-03-06

茨城県南部の圏央道が2月26日につくば中央インターから古河インターチェンジ間28.5キロメートルが開通し、東名高速道路を始め、常磐自動車道などの六つの高速道路放射状交通網から環状型に接続されたことになりました。私も開通後、圏央道に乗ってみて企業誘致の実態を調査してまいりました。圏央道開通により、県南地域では企業立地観光客誘致に大きな効果が出始めております。

結城市議会 2017-03-03 03月03日-02号

26日午後3時,圏央道古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジ開通をしまして,圏央道茨城区間全線開通することとなり,それにより,東名高速中央道,関越道,東北道常磐道,そして東関東自動車道の6つの放射道路圏央道を通じて結ばれることになりました。これにより,産業の集積,そして観光振興などに大きな効果が期待されるものと思われます。 

常陸大宮市議会 2017-02-20 02月27日-01号

一方で、経営面等における課題も検証されており、また隣接自治体への新規道駅オープンや、昨日の圏央道古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジ区間開通による観光誘客物流等の変動など、今後の経営環境の変化が懸念されております。 このため、市といたしましても、指定管理者等連携を図りながら、道の駅等拠点とした情報発信観光誘客等になお一層取り組んでまいります。 

つくば市議会 2016-08-04 平成28年 8月 4日道路交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会-08月04日-01号

まず、首都圏中央連絡道、いわゆる圏央道でございますが、茨城県内の総延長約71キロメートルに対し、五霞インターチェンジから古河インターチェンジ及びつくば中央インターチェンジから神崎インターチェンジまでの約42キロメートルが開通しております。残りの古河インターチェンジからつくば中央インターチェンジまでの区間につきましては、現在事業を進めており、本年度内の開通予定しております。  

  • 1
  • 2