5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

水戸市議会 2019-09-10 09月10日-03号

また,その手始めとして,昨年度創設された地域文化財制度活用して支援できないでしょうか。市の見解をお伺いいたします。 次に,第2点目として,県庁南地区市街化調整区域の将来についてお聞きいたします。 以前,このエリアは,土地区画整理事業が検討されていましたが,住民の皆様の合意形成がうまくいかず,現在も市街化調整区域のままとなっております。

水戸市議会 2019-06-19 06月19日-07号

こうした地域文化財を幅広い人々に知ってもらい,郷土への愛着を育んで後世に伝えるため,水戸地域文化財制度以下地域文化財が誕生いたしましたと書いてあります。これは何かと申しますと,なかなか国指定重要文化財や,また県指定文化財,そういうところに認定されていない地域文化財でございます。 今回は,3月20日に河和田城跡と上国井町の薬師堂の民間信仰資料群ということで指定されました。

水戸市議会 2018-03-14 03月14日-04号

今,本市の文化財保護保存活用基本計画の中で,大手門周辺整備を初めとするところのいわゆる日の当たる陽の事業とあわせて,水戸歴史から隠れそうになっているいわゆる陰の部分を将来の世代へ引き継いでいく,その観点から,水戸地域文化財制度大変意義のあることと考え,これらの問題を含めて大いに活用すべきと考えているところでございます。 

水戸市議会 2018-03-05 03月05日-01号

また,市内に数多く存在する文化財について,適切な保護保存に努めながら,水戸の魅力として活用を図るとともに,新たに,未指定文化財を対象とする地域文化財制度を創設してまいります。 芸術文化の振興につきましては,世界に向けて芸術文化を発信する拠点である水戸芸術館において,音楽,演劇,美術の各分野における質の高い多様な事業を展開してまいります。

つくば市議会 2016-06-20 平成28年 6月定例会−06月20日-02号

教育局長塚田修身君) 保存方法につきましては、市独自の制度として、地域歴史としてなれ親しまれ、継承されてきた価値あるものを顕彰する認定地域文化財制度という制度がございます。補助金の支援はございませんが、文化財現状変更規制が緩やかなため、所有者等も受け入れやすく、地域のシンボルとして多くの人が愛着を持ち、保存活用につながることが期待される制度でございます。

  • 1