3028件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-06号

初めに、議案第52号について、市長公室所管では、主なものとして、拡充する国際化戦略事業における台湾交流事業の内容について、稲田駅・福原駅乗車券類簡易販売業務委託料の内容と目的について、デマンド交通システム運行管理委託料の内容について、地域実践活動支援委託料の内容などについて質疑がありました。  

下妻市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会(第4日 3月15日)

「誰一人取り  │     │ │     │       │           │残さない」持続可能で多様性と包  │     │ │     │       │           │摂性のある社会の実現のための   │     │ │     │       │           │2030年を年限とする17の国際目│     │ │     │       │           │標があります

笠間市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号

地域コミュニティーの人材育成でございますが、本市では以前に平成21年から平成28年度でございますが、青年海外派遣事業といたしまして、国際感覚、国際理解の精神を養うとともに郷土笠間市を正しく理解し、地域における人材を育成することを目的とした事業を展開してございました。しかし、現在は人材育成に特化した事業は実施してございません。 ○議長(飯田正憲君) 内桶克之君。

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

なお、この生徒につきましては、笠間市国際交流協会の日本語ボランティアの方の日本語指導も受けているところでございます。 ○議長(飯田正憲君) 石井 栄君。 ◆10番(石井栄君) 時間がなくなってしまいましたので、最後のまとめにします。

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

SDGsは,国際社会共通の広範な課題の解決を目指すために達成すべき17の目標として,平成27年に国連サミットにおいて採択されたものであります。  我が国においては,この17の目標をあらゆる人々の活躍の推進や健康長寿の達成など8つの優先課題に再構成し,持続可能で強靭,そして誰一人取り残さない経済・社会・環境の統合的向上が実現された未来への先駆者を目指すという実施方針が示されております。  

笠間市議会 2019-03-07 平成31年度予算特別委員会−03月07日-03号

13節委託料1,919万9,000円につきましては、中小企業金融制度委託金として108万円、笠間焼国際交流事業委託金として、タイとの交流事業費として152万8,000円、地元雇用対策委託金として、地元企業への雇用創出を目的としたインターンシップ促進のためのサイト構築や企業向けセミナーの開催及び就職マッチングフェア、地元企業PRのためのバスツアー等を開催する経費として550万4,000円を計上しております

笠間市議会 2019-03-06 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号

9節旅費の377万6,000円のうち、秘書課所管分は市長、副市長などの職員の会議等の出席のための旅費や忠臣蔵サミットや合気道関係、国際交流や国際観光推進のための出張旅費など、190万6,000円とそのほか職員の研修関係の旅費150万3,000円、広報関係の旅費などとなってございます。  次に、53ページをお開き願います。  

日立市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-03-06

国際交流では、国際親善姉妹都市からの訪問団を受け入れ、友好関係を強化するとともに、多文化共生の地域づくりを推進してまいります。  生涯スポーツでは、国内最大のスポーツの祭典である第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」、第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」がいよいよ今年の秋に、復興のシンボルである池の川さくらアリーナをメーン会場として開催されます。

稲敷市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-02号

この30キロ圏内というのは、原子力規制委員会が、IAEA国際原子力機関の国際基準を参考にして、さらに、福島原発事故の教訓を経て従来の8キロから10キロであったものを引き上げて設定したものであることから、当市としましては、避難する側ではなく、避難者の受け入れ及び市民の不安の解消、農作物の風評被害対策などにしっかりと備えておくことが最も現実的な対応であると考えております。

笠間市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会-02月27日-01号

国際観光戦略についてですが、訪日外国人の受け入れについて、政府は2020年までに4,000万人を目指すという目標を掲げ、受け入れ環境のさらなる整備を進めることとしております。このことから、本市においても、引き続き訪日外国人をターゲットとした国際観光戦略を進めてまいりたいと考えております。

ひたちなか市議会 2018-12-26 平成30年第 4回12月定例会−12月26日-付録

引き続き,前述の優位性を前面に押し出した港湾利用促進に取り組み,首都圏における物流拠点である京浜港の代替港としての役割を担うべく中核国際港湾として発展することが期待される。  イ ひたちなか海浜鉄道湊線の延伸  ひたちなか海浜鉄道湊線は,第3セクター方式に移行し平成30年で開業10周年を迎えた。廃線の危機を乗り越え,年間乗客数100万人を超えるまでに回復した。  

つくば市議会 2018-12-21 平成30年12月定例会−12月21日-05号

こんなことを続けていたら、政府与党が国民から支持されなくなるか、日本が国際社会から軽蔑されるか、または、多くの国民が思考停止、公のことは考えず、自分さえよければいいという風潮がさらに高まって、自然も心も美しい日本を取り戻すことは不可能になるでしょう。  これに対し、つくば市ごときが意見書を上げても政府の判断は変わらない。だから、意見書を出しても無駄だと考える方もいるかもしれません。

つくば市議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-付録

│            │ │(11)国際戦略総合特区及び科学技術政策に関すること。       │            │ │(12)予算その他財政に関すること。                │            │ │(13)市税及び市税に係る税外収入に関すること。          │            │ │(14)公有財産に関すること。                   

下妻市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日)

産地パワーアップ事業は、農業の国際競争力の強化を図るため、地域の営農戦略に基づいて実施する産地の高収益化に向けた取り組みを総合的に支援することを目的とされております。  また、茨城県におきましては、ブランド化や6次産業化による付加価値向上、輸出促進等による需要開拓など、強みをつくり、高める革新的な産地づくりと経営感覚にすぐれた経営体の育成に取り組むことを目的に掲げております。