3436件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2033-12-18 12月18日-04号

本市が加盟しております茨城県や沿線自治体で構成される茨城常磐線整備促進期成同盟会や,県南沿線7市町で構成される茨城南常磐線輸送力増強期成同盟会などを通じて,東日本旅客鉄道株式会社に対し,継続的に東京駅・品川駅への乗り入れや,土浦駅を含めた市内3駅における特急列車停車本数増加などにつきまして,要望活動を実施するとともに,駅や商業施設などにおきまして利用促進を図るための街頭キャンペーンを実施してまいりました

鉾田市議会 2025-05-31 05月31日-一般質問-03号

塔ヶ崎集落中央から幹線道路及び商業施設への道路につきましては砕石道路で、地区からも舗装要望が提出されておりますが、対応できる整備基準でございませんでしたので、当面砕石を敷いている状況となっております。 また、旭東小学校を通る旭1328号線と県道子生茨城線を結ぶ旭1332号線につきましては、交通安全プログラムの中で、幅員が狭く、歩道がないとした内容で、対策の箇所に挙げられておりました。

鉾田市議会 2023-09-18 09月18日-一般質問-04号

3点目、投票率向上目的に、バス公用車を利用して移動式投票所を活用している自治体や、福祉施設や県立の高校、公民館、商業施設に出向いて投票を促している自治体があります。そこで、本市投票率向上を上げるために調査をしていただき、本市ならではの活用を考えていただけないか、お伺いします。 2項目、環境の整備向上について。

鉾田市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-05号

ですから、その方たちの職を失ってしまうという、そういった問題、もしくは東海村の方たちが、そういった職員の方たち生活を支える中で、商業が発達しているという現状も捉えなければいけません。ですが、一方先ほど申し上げたように、94万人の県民の命を危険にさらしているという問題もあります。では、そういった中でどうしていけばいいのかというのが、今問われているのかなというふうに感じています。 

土浦市議会 2022-06-10 06月10日-02号

路線バス居住地域と暮らしに欠かせない病院商業施設をつなぎ,地域間の交流や駅へのアクセスを保障していたものです。これがなくなってしまったことで,公共交通がない地域が爆発的に増えてしまったのです。隣の地域に住む友人に会いに行きたいのですが行けません,病院にも買い物にも自由に行けません。タクシーでも利用しなければ,駅にも公共施設にも行けないのです。憲法が保障する健康で文化的な生活など遠い話です。

鉾田市議会 2020-12-18 12月18日-一般質問-04号

SNSへの拡散を狙った有名料理店商業施設等での鉾田市フェアの開催大手百貨店でのトップセールスですとか、鉾田大使であるカミナリを起用したPR動画、こういったものを活用しながら、関係機関と連携して本市農産物付加価値向上及び新たな需要喚起を図っているところでございます。以上です。 ○議長(岩間勝栄君) 土子君。

鉾田市議会 2020-12-16 12月16日-一般質問-02号

しかし、それにとどまらず、それを利用する市民の皆様農業工業商業と営む皆様利便性向上し、営業の能率アップが見込めるようになります。また、子育て世代、独身の若者たちが少々遠方でも就労が可能になると思います。そして、逆に市街地からの観光客増加が見込まれるのではないでしょうか。となれば、市内地域活性化につながっていくものだと考えております。

鹿嶋市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-02号

プレミアム分を含めますと3億円の発行額となり、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた市内商業者を支援し、地域経済を下支えすることを目的に実施するものでございます。 2点目の団体宿泊費助成金につきましては、市内宿泊施設を利用する団体に対して、1人1泊当たり3,000円、上限20万円として助成をいたします。

鹿嶋市議会 2020-09-04 09月04日-議案上程、説明-01号

今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受けた市内商業者を支援し、地域経済を下支えすることを目的に、「かしま応援チケットプレミアム付商品券―」を発行いたします。 今回の発行では、9月15日まで事前申込みを受け付けし、販売価格1万円で、プレミアム率50%となる額面1万5,000円分の商品券を2万セット販売することとしており、10月からご利用いただけるように準備を進めております。 

筑西市議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

そして、重要なことは、玉戸一本松線沿線、新たな産業拠点土地利用といたしまして広範囲な産業用地商業等の関係を含めて、玉戸一本松線をはじめとする、近隣にしっかりとそういうことも考えていきたいと思っているところでございます。今後、道路用地の買収あるいは地権者の方々のご理解をいただいて、しっかりと進めていきたいと思っているところでございます。