28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

笠間市議会 2018-03-05 平成30年度予算特別委員会−03月05日-02号

7目人権・同和対策費、19節負担金補助及び交付金215万8,000円の主なものとしまして、茨城県地域人権運動連合会笠間支部補助金5万円、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金52万円、部落解放を愛する会茨城県連合会笠間支部補助金52万円は、それぞれ同和団体への補助金でございます。  続きまして、98ページをお開きください。  3項生活保護費、99ページになります。

笠間市議会 2018-02-28 平成30年第 1回定例会−02月28日-02号

それぞれの支部の加入者数はということでございますが、平成30年度補助金要望書によりますと、茨城県地域人権運動連合会笠間支部は24名、全日本同和茨城県連合会友部支部は11名、部落解放愛する会茨城県連合会笠間支部は27名となっております。  以上でございます。 ○議長(海老澤勝君) 横倉きん君。

古河市議会 2017-09-07 平成29年  一般会計決算特別委員会-09月07日−審査事件・議案質疑−01号

3つか4つあるのですが、それぞれ全日本同和、全国部落解放同盟全国連合会、部落解放愛する会とか全国地域人権運動総連合とかという、大体同じようなのです。古河市側のこれらの団体名簿役員も持っていると思うのですが、やはりそこは、現状はどういう組織で、何人で、どんな活動をしているのかというのはきちんと把握をして、やはり市民にきちんと説明責任を果たしていただきたい。  

笠間市議会 2017-03-08 平成29年度予算特別委員会−03月08日-03号

ページをめくっていただきまして、全日本同和茨城県連合会友部支部につきましては、27年度は補助金が58万円でしたが、28年度に10%削減をしまして、28年度、29年度につきましては52万円ということで要求をしてございます。活動内容としましては、同じように啓発活動や各種研修会への参加を行っているところでございます。  

笠間市議会 2017-03-07 平成29年度予算特別委員会−03月07日-02号

続きまして、7目人権・同和対策費、19節負担金補助及び交付金214万4,000円の主なものとしまして、茨城県地域人権運動連合会笠間支部補助金5万円、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金52万円、部落解放を愛する会茨城県連合会笠間支部補助金52万円は、それぞれ同和団体への補助金でございます。  次に、96ページ、97ページをお開きください。  

笠間市議会 2016-03-08 平成28年度予算特別委員会-03月08日-02号

続きまして、8目人権・同和対策費、19節負担金補助及び交付金214万7,000円の主なものとしまして、茨城県地域人権運動連合会笠間支部補助金5万円、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金52万円、部落解放を愛する会茨城県連合会笠間支部補助金52万円、市内に支部のある3団体に対して交付をするものでございます。  なお、全日本同和と愛する会につきましては、前年度から10%減額をしております。  

笠間市議会 2015-03-09 平成27年度予算特別委員会-03月09日-02号

1目人権・同和対策費、19節負担金補助及び交付金として225万9,000円、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金58万円ほか2団体補助をしております。  その一番下になりますが、笠間市人権擁護委員議会補助金として35万1,000円を人権擁護委員への費用弁償活動費として補助をしております。  続きまして、90ページをお開きください。  

笠間市議会 2014-09-08 平成26年度一般・特別会計決算特別委員会−09月08日-02号

◎萩原 社会福祉課長  同和の補助金につきましては、全日本同和茨城県連合会友部支部に58万円、部落解放を愛する会茨城県連合会笠間支部に58万円、茨城県地域人権運動連合会笠間支部に5万円をそれぞれ支給しております。  会員数につきましては、ちょっと前後しますが、部落解放を愛する会が29名、全日本同和が11名、地域人権運動連合会が27名となっております。  

笠間市議会 2014-03-05 平成26年度予算特別委員会−03月05日-02号

次の日本同和茨城県連合、これが11世帯、部落解放愛する会茨城県連合会が29世帯になっております。 また、先ほど同和対策が終わっているということなんですけれども、実際に国でも特別措置、結局生活面での格差の支援というような事業は既に終わっているというようなことなんですけれども、差別意識、これらの改善がまだなされてないというようなことを総務大臣談話の中で声明が出されております。

つくば市議会 2013-10-09 平成25年決算特別委員会−10月09日-04号

愛する会つくば支部は120名、全日本同和谷田部支部が45名、同じく全日本同和桜支部が79名、人権連つくば支部につきましては30名で構成されております。  それと2番目に、愛する会つくば支部は、つくば市では唯一国から同和地区として指定された地域の拠点としている関係もあり、研修会やその他の集会など活発に活動していることが上げられます。  

笠間市議会 2012-09-10 平成24年度一般・特別会計決算特別委員会−09月10日-02号

◎藤枝 社会福祉課長  3団体、一つは部落解放愛する会、もう一つが全日本同和、もう一つが地域人権運動連合会です。  これにつきましては、18年から随時補助金を減らしていっているというような状況で、18年度当時は195万ほど出していたんですけれども、少しずつ減らしていきまして、今140万円というような状況になっております。  

笠間市議会 2012-03-02 平成24年第 1回定例会−03月02日-02号

予算の80ページ、茨城県地域人権運動連合会笠間支部に19万円、全日本同和茨城県連合会友部支部に65万円、部落解放を愛する会茨城県連合会笠間支部に65万円と、以上3団体補助金が出ております。しかし、既に国においては同和関係の事業は終了しているということになって、国としては一切やっていないということを見て、どのような事業を対象にしてこの交付金を出しているのか。

つくば市議会 2011-03-22 平成23年 3月22日環境経済常任委員会−03月22日-01号

つくば市におきましては、「部落解放を愛する会茨城県連合会」、「全日本同和茨城県連合会」「茨城県地域人権運動連合会」、その3団体4支部がございます。ちなみに、茨城県ではそのほかにもう1団体認定しておりまして、茨城県は4団体なんですけれども、つくば市におきましては、3団体4支部の団体が活動しております。 ○大久保 委員長  済みません。職責・氏名を名乗ってからお願いします。  

笠間市議会 2011-03-03 平成23年第 1回定例会−03月03日-02号

2点目として、78ページ、3款民生費、1項社会福祉費、8目人権同和対策費、19節負担金補助及び交付金のうち、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金、部落解放愛する会茨城県連合会笠間支部補助金の内容はどうなっているか。また、団体の活動内容と規模、人数等はどうか。  3点目、115ページ、6款商工費、2目観光費、観光施設費の中の13節委託料の中でシルバー人材センターへの委託があるのか。

つくば市議会 2010-09-10 平成22年 9月定例会-09月10日-04号

市民部長 宇木博明君登壇〕 ◎市民部長(宇木博明君) 民間団体活動に要する経費でございますけれども、つくば市には、茨城県の認定団体であります部落解放愛する会茨城県連合会、全日本同和茨城県連合会、茨城県地域人権運動連合会の3団体4支部がございます。人権・同和問題の早期解決を図るための啓発活動を行っているところです。  

石岡市議会 2008-03-10 平成20年予算特別委員会(第3日目) 本文 開催日:2008-03-10

部落解放愛する会茨城県連合会石岡支部、部落解放愛する会茨城県連合会八郷支部、茨城県地域人権運動連合会八郷支部、全日本同和茨城県連合会八郷支部の4団体でございます。それぞれ同和問題解決のために活動をしておりますが、全日本同和茨城県連合会八郷支部には人権啓発事業補助金が今まで交付されておりませんでした。今回、ほかの3団体と同様に人権啓発事業補助金を交付するものでございます。  

笠間市議会 2008-03-06 平成20年第 1回定例会−03月06日-02号

予算に関する参考資料をもとにお話をしたいと思いますが、まず、35ページにあります茨城県地域人権運動連合会笠間支部補助金、続いて全日本同和茨城県連合会友部支部、大きい方の議案書は73ページです。2番目に、全日本同和茨城県連合会友部支部補助金、続きまして部落解放愛する会茨城県連合会笠間支部補助金及び36ページ、この議案書では68ページです。

  • 1
  • 2