983件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会-09月18日-04号

まず東京都が5件、神奈川が3件、埼玉県が3件、千葉栃木県がそれぞれ2件、それから岐阜県福島県宮城県長野県山梨県がそれぞれ1件で県外からの移住者は20組でございます。 ○議長(飯田正憲君) 内桶克之君。 ◆3番(内桶克之君) この空家・空地バンク制度が移住にも貢献しているということがよくわかります。

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

f-Bizの流れをくむビジネスモデルは,現在全国で23自治体への設置に及び,関東地方では東京の巣鴨信用金庫が主体の「すがも事業創造センター(S-Biz)」千葉木更津市の「木更津市産業・創造支援センター(らづ-Biz)」が立ち上がっており,今後もこれら「ご当地ビズ」の増加が見込まれている。    

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

2件目は,千葉野田市の小学4年生栗原心愛さんが虐待死したとされる事件です。  2017年11月6日に小学校のアンケートで「お父さんに暴力を受けてます。夜中に起こされたり,起きているときに蹴られたり,たたかれたりされています。先生,どうにかできませんか」と,先生にSOS,救難信号を出しました。  7日,これは次の日になります。

日立市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-06-19

さらに、その転出先として、20代については東京都神奈川県千葉などのいわゆる東京圏への転出が最も多く、20代の転出者全体のおよそ3分の1を占めています。一方で、30代の子育て世代については、水戸市、ひたちなか市、東海村など近隣自治体への転出が多く、こちらも30代の転出者のおよそ3分の1を占めている状況であります。

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

また、平成31年1月には、千葉野田市小学校4年の女の子も、しつけと称して虐待を受けて亡くなられました。直近では、令和元年6月5日、札幌市で2歳の幼児が食事を与えられず衰弱死をしました。同時に、体には虐待の痕跡が見受けられました。札幌市での虐待死では、児童相談所は、度々市民からの報告を受けていたにもかかわらず、十分な役目を果たすことができませんでした。

守谷市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例月議会−06月14日-03号

しかし,守谷市の15歳の中学卒業した子供たちは,守谷高校をどれくらい選択しているんだろうと,それ以外の子供たちは県内の他の公立校,あるいは私立校,あるいは千葉や,場合によっては東京まで行っている子供もいるかもしれません。先日,中学校校長先生にお会いしたときに,中学校から高校に行かれた子供たちの内容は把握されていますかとお聞きしました。全て把握していますと,自信を持って答えられました。

守谷市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例月議会−06月13日-02号

これは千葉の亀田総合病院の緩和ケアに取り組む医師らが立ち上げた一般社団法人iACPが開発したゲームです。余名半年の想定で大事にしたい言葉を選び,自分自身の時間を考え一緒にプレーする人と語り合うように設計されているため,アドバンス・ケア・プランニングの一端に触れるような体験にもなるそうです。人生の最期にどうありたいか,多くの人が大切だとわかっているけれども何となく避けている。

守谷市議会 2019-06-07 令和 元年 6月 7日総務教育常任委員会−06月07日-01号

特定建設工事共同企業体の構成員となる要件としては,事業者数が3建設業者以内とし,代表構成員の出資比率は構成員中最大であること,また,代表者の要件としては,営業所の所在地が茨城県千葉東京都建設業法に基づく本店を有すること,管工事について,平成29・30年度守谷市競争入札参加資格規定に基づく有資格名簿に登載されたもので,特定建設業資格を有し,管工事業種において,直近の経営規模等評価結果通知

ひたちなか市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会-03月25日-付録

───────────┤ │ │   28│議会運営委員会開催                      │ │ ├────┼───────────────────────────────┤ │ │ 29~30│茨城県北市議会議長会研修視察(所沢市) 議長出席       │ │ ├────┼───────────────────────────────┤ │ │   30│かずさ四市議会議長会(千葉木更津市

日立市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-03-22

平成31年2月19日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成31年1月8日午前10時20分頃、日立市高鈴町4丁目2番地 先市道2516号路上において、草刈り機による除草作業中に小石を跳 ね上げ、千葉□□市□□□□番地□□□□氏所有の自動車に物損を与 えたので、この損害に対する賠償の額を下記

守谷市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例月議会−03月15日-03号

先ほど市長にも少し触れられましたけれども,ことし1月,千葉野田市で,父親の虐待を受けて,小学4年生の女児が亡くなった本当に悲惨な事件が大きく報道されました。その経過において,その女の子が小学校のアンケートで助けを求め,児童相談所が一時的に保護したにもかかわらず,結果的には小さな命を助けることができなかったことについて,行政の対応に非難が集中をいたしました。

石岡市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2019-03-13

これは去年なんですけれども、千葉佐倉市をちょっと訪問して見てきたんですけれども、そこは少数の小学校、全校生徒が100人クラスだったんですかね。そこは、市が小規模特認校という認定をしまして、そこに公民館を持ってきたり、また幼稚園を併設したりという、1か所の中に、何ていうんですかね、地域のコミュニティづくり、そういうものをやっておりました。  

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

記憶に新しい事件では、千葉野田市の小学4年生の女児が両親から日常的に虐待を受けて命を落とすとても痛ましい事件が起きている。この事件は女児が虐待を打ち明けた学校アンケート、マル秘の写しを父である容疑者に渡ってしまったことで、より虐待がエスカレートしてしまい、命まで奪われることになった事件である。児童相談所の担当者は当時の対応を悔やんでいるようだ。

日立市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-03-11

千葉野田市の小学4年の栗原心愛さん10歳が自宅で死亡されていて、両親が傷害容疑で逮捕され、3月6日に起訴されました。この事件によって、児童虐待が改めて日本社会全体で緊急かつ重大な問題となっており、国会でも連日のように議論されておりました。  全国的に見ると、警察児童相談所に通報した18歳未満の子供は8万104人もおりまして、22.4%も増えております。

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

公契約条例の制定につきましては,平成21年に千葉野田市が制定して以降,現在までに全国で60余りの自治体が制定している状況となっております。  本市といたしましては,労働者労働条件の改善や公契約に関する必要な措置につきましては,1つの自治体の範囲で決定できるものではなく,広域的な対応が必要であると考えております。  

ひたちなか市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-03号

その中で,避難先については,県内は県南地域14市町村,県外は千葉印旛地域10市町と協定締結しました。避難場所への移動手段,受け入れ先の安全性の確保,職員の配置など具体的な協議が進められ,2月に広域避難計画の基本方針について第2回住民説明会を開催し,地域ごとの避難先や避難計画について参加者からさまざまなご意見があったと聞いています。  

日立市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-03-06

記以下にありますように、本年1月18日、高鈴町4丁目2番地先、県道日立山方線と高鈴台団地入口の交差点付近の市道2516号路上におきまして、草刈り機による除草作業中に小石を跳ね上げ、千葉にお住まいの方が所有する自動車に物損を与えたものでございまして、この損害に対する賠償の額を5万2,088円と定めるものでございます。  以上、2件の損害賠償事案が発生してしまいました。

下妻市議会 2019-03-01 平成31年 第1回定例会(第1日 3月 1日)

また、災害時の応援協定締結している福井県あわら市、東京都足立区、千葉浦安市との連携をさらに強化し、あるものとないものを互いに補完し合うなど、災害時以外の交流も進めてまいります。  第5に、行財政改革の推進であります。  本市では昨年、第5次下妻市行政改革プラン2018-2020を策定いたしました。持続可能な行財政運営を目指し、コスト意識とプロ意識を持って行財政改革に取り組んでまいります。