620件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神栖市議会 2020-12-09 12月09日-04号

鹿島労災病院医師不足等による経営面から撤退を余儀なくされ、神栖済生会病院統合されております。統合後は、市民に安全安心な医療体制を提供するため、神栖市が中心となって果たしたような事業をこれまで展開しております。 昨年7月に神栖地域医療体制検討委員会を立ち上げ、課題対策方向性検討されておりますが、先が見えないのは現実であろうかと思います。 

神栖市議会 2020-12-08 12月08日-03号

何度も述べますが、全国でも医師不足、医師偏在は起きております。限られた医療資源をめぐって各地域対策を講じている状況かと思います。 当市においては、神栖済生会を新中核病院にする方針を示されております。 しかしながら、医療は、急性期医療から回復期慢性期、在宅まで幅広い対応が求められているところであります。

石岡市議会 2020-12-07 令和2年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2020-12-07

石岡地域石岡市、小美玉市、かすみがうら市で働く医師たちで構成されている石岡医師会所属医師平均年齢は65歳、市が医師会に委託している休日夜間緊急診療はその中で10人の先生方継続してきましたが、市内で15年以上、新しい病院の開業がないため、医師不足解消するめども立っておりません。そして、4月以降の内科、小児科緊急診療継続は大きな岐路に立っています。

神栖市議会 2020-09-24 09月24日-05号

答 会計システムを含めた電子カルテが院内に整備されていますが、外来患者が多く、医師不足が一つの原因と思われます。               (教育委員会関係) 問 新公営プールについて、複合施設の再検討をして、経費削減し、今後の財政健全化を図っていくべきだ。 答 もう少し検討してほしい、そういった機会を持ってほしいというお話については決して否定するものではありません。 

小美玉市議会 2020-09-10 09月10日-03号

また医師不足新型コロナウイルス影響も重なり、医師確保はきわめて厳しい状況となっております。さらに、診療所の建物も竣工後53年が経過し、老朽化が顕著で耐震診断も未実施となっており、更新の時期を迎えております。 一方、令和2年度末には小美玉医療センターの新病院グランドオープンを迎え、市では開院するために必要な財政支援を行うことになっております。 

石岡市議会 2020-09-09 令和2年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2020-09-09

石岡地域医療計画でございますけれども、こちらにつきましては、地域課題、産科の設置、小児科の拡充、緊急支援継続、こういったものの解決、そして、そうした事態が生じる要因でございます医師不足解消を目指し、基本理念といたしまして、持続可能な医療体制で誰もが安心して暮らせる石岡地域を掲げ、策定したものでございます。  

神栖市議会 2020-06-17 06月17日-02号

医療の問題であったり、医師不足対策をどういうような形でやっていくか、様々な課題に対して私は、具体的な指針をつくって状況を改善したいと。挑戦に近いですけれどもね、やってまいりました。例えば救急医療にしましても、初めて電話をしてから搬送先がないというような困難な状況でも50分を切ったと、49分台にすることができました。

高萩市議会 2020-06-15 06月15日-02号

次に、発熱外来についてなんですけれども、できれば高萩市独自で発熱外来を設けていただきたいところですけれども、法定伝染病ということもありまして、発熱外来を設けるにあたっては、病院関係者の方がその発熱外来に必ず同席しなくちゃいけないという法的なものがありますので、今、高萩市は現実問題として医師不足という問題がありますから、高萩市独自で発熱外来を設けるということは医療関係の方にも御迷惑をおかけすることになる

石岡市議会 2020-06-09 令和2年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2020-06-09

関口議員ご指摘の救急車現場滞在時間がかかってしまう事案でございますが、心肺機能停止状態患者へのCPRなどの救命処置を施す場合や、傷病者の搬出に時間を要する事案、また、休日、夜間での医師専門外による医師不足により、病院手配に時間がかかる事案などがございます。

古河市議会 2020-03-17 03月17日-一般質問-04号

仮に県で、例えばの話、医師不足だということが叫ばれております。今現在は医学部は茨城大学にもありません。筑波大学にしかありませんよね。そういう中で医療に関わる専門学校を県立で作るというお話があれば、イの一番に手を挙げさせていただきたいとも思っておりますし、可能性を、今現在はゼロであっても、何かきっかけがあれば、それを1にも2にも、できれば100にしていきたいと、こんな考えでもあります。 

潮来市議会 2020-03-11 03月11日-03号

県内人口10万人当たり医師不足は深刻で、県内医師数全国平均を大きく下回り、鹿行地域では平均の半数にも及んでおりません。しかし、神栖市の済生会労災病院統合が進められました。行方市の土浦協同病院なめがた地域医療センター医療体制が縮小されました。 2点質問します。 ①医師確保等の二次救急地域医療体制確保。 ②近隣市と市からの病院運営補助をお願いいたします。

神栖市議会 2020-03-11 03月11日-02号

この派遣調整は、昨年度にスタートした新専門医制度を踏まえた卒後9年間程度のキャリア形成を支援しつつ講じられることになりますが、昨年度、茨城県におきましては、地域枠等医師が9年間の従事義務を履行するにあたりまして、神栖市にございますような医師不足地域中小病院での従事義務を廃止し、キャリア形成にとって自らの希望に沿わない病院での就業をしなくても済むように制度改正が行われたところでございます。 

石岡市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2020-03-11

それから、医師会が受託してきた夜間診療ですけれども、その一部が医師不足により閉鎖を余儀なくされるということ。そういったことが4月から起きてまいります。そのほか、受け皿としての新しい病院、その統合計画もなくなってしまうという、ぎりぎりの状態に今あるわけであります。

日立市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-03-09

また、地方におきましては、慢性的な医師不足状況が続いておりますことから、改めましてこうした全国的な傾向を踏まえながら、市内で安心して出産や医療を受診できる地域医療の確立などを目指す必要があると考えております。日々の暮らしの中で、将来にわたって安全に安心して住み続けることができる事業予算を配分したところでございます。  3項目め、超高齢社会への対応でございます。