10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

つくば市議会 2019-12-20 令和 元年12月定例会-12月20日-付録

                 2番   小森谷 佐弥香 議員 ┌────────────┬─────────────────────────────┬──────┐ │   質 問 事 項   │         要          旨        │ 答 弁 者 │ ├────────────┼─────────────────────────────┼──────┤ │1 香害に代表される化学│ 一昨年の6月議会で「化学物質過敏

つくば市議会 2016-09-15 平成28年 9月15日環境経済常任委員会−09月15日-01号

化学物質過敏というのは、なかなかまだ全体の数としては少ないと思いますけれども、体調不良を起こすということで、今、結構周りに出てきていますので、やっぱりそういう影響については、大気に排出しなければ何とかそういう発生も抑えられるということも指摘されていますので、その辺の調査とか検討というのを十分反映させていただきたいなと思います。 ○浜中 委員長  大久保委員。

下妻市議会 2002-09-18 平成14年 第3回定例会(第4日 9月18日)

多くの場合、その家や建物から離れると症状は和らぎますが、症状が悪化すると、極めて低い濃度の化学物質にさらされただけでもアレルギー症状が出る化学物質過敏を引き起こし、場合によっては社会生活にも支障を来すほどになります。  1970年代のオイルショック以降、断熱効果の高い密閉家屋、建物がふえてきたことから、建材より発散される化学物質の室内濃度が高まり、その被害は年々増加しています。

日立市議会 2001-09-11 平成13年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2001-09-11

この症状が近年急速に増えており、その原因は従来のアレルギー疾患に加え、建材などに含まれております化学物質によって呼吸困難やめまい、けいれんなどを引き起こす化学物質過敏シックハウス症候群、シックスクール症候群やダイオキシン、PCBなどの環境汚染による複合的な状況と言えます。

日立市議会 2001-03-05 平成13年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2001-03-05

これは住宅建材などに含まれるホルムアルデヒドやキシトン、トルエンなどに敏感に反応し、目やのどの痛み、頭痛、目まい、集中力の低下などを生じるもので、化学物質過敏と診断されており、だれが、いつ発症してもおかしくない病気だということです。対策としては、建材や教材を選ぶ段階で化学物質を少なくする努力、教室への換気装置の設置などの対策があります。当市での実態調査と、その対応をお伺いいたします。  

ひたちなか市議会 2000-09-13 平成12年第 3回 9月定例会-09月13日-03号

シックハウス症候群は、最近の住宅の高気密化や化学物質を放散する建材、内装材の使用などにより居住者がさまざまな体調不良を来すものであり、被害は、目やのどの痛み、頭痛のほか、ぜんそく発作、アトピー性皮膚炎の悪化、重い場合は体内の神経システム化学物質に対し過剰な防衛反応を示して、わずかな化学物質も受けつけない化学物質過敏となったり、腎臓、肝臓の障害、がんなども懸念されるところから、本日は、アレルギー性疾患

  • 1