408件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

ちょっとはしょって言わせていただきますと,平和に対する罪として起訴され,有罪判決がなされたとありました。この裁判は,戦後日本の立ち位置,日本悪者説が決まる大きな節目の出来事であると思っております。実際にはこの平和に対する罪は事後法であり,判決に影響することは理解できないのであります。この件が事後法であること,そして事後法とはどんなものかが載せられていませんでした。  

守谷市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例月議会−06月14日-03号

そして,お互いが主張しているくいの撤去費用を鑑定してもらって,裁判所のほうで判決を出してほしいという意向を,市は出しております。  原告のほうは,市のそういう状況は理解し,判決に向けて進めていくことはやむを得ない。そして,専門委員という知見を持った方に入っていただいて,今後の裁判を進めてほしいという意見をお互いが,原告被告それぞれの意見を述べております。  

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

次に、選挙管理委員会は、掲載文の内容が著しく公序良俗に反し、一般通常人ならば公表を許し得ないものであることが一見して明白である場合でない限り、公選法169条にのっとり掲載しなければならないとの判決であり、明らかに違法性が明確であり、掲載できないと判断するものであります。  

守谷市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例月議会−03月18日-04号

この働き方改革の一連の流れは,とまらないとは思うのですが,先日あった毎日新聞の記事などでもありますが,大阪医科大学に対して,アルバイトへボーナスを支払わないとしてきたこれまでのあり方は,労働契約法に反し違法であるという判決が,こちら高裁レベルだからまだひっくり返るかもしれませんけれども,少なくともそういった話も出てきていると。一連の流れを受けて,守谷市役所として,率先として動いていただきたい。

日立市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-03-11

大飯原発3号機、4号機を再稼働しようとした関西電力被告として、その運転差止めが請求された事件判決文であります。「被告は本件原発の稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。

石岡市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 開催日:2018-12-14

100条調査権に基づく証人尋問においては、証人証言義務付けられており、証言拒否の事由とできるのは、地方自治法準用する民事訴訟法に規定されているとおり「証言が、証人又は証人配偶者、四親等内の血族、三親等内の姻族もしくは証人とこれらの親族関係にあった者、証人後見人または証人後見を受ける者の刑事上の訴追を受け、もしくは有罪判決を受けるおそれのある事項に関するとき、または、これらの者の名誉を害すべき

守谷市議会 2018-12-13 平成30年12月定例月議会−12月13日-04号

そして,懲役3年,執行猶予5年の有罪判決が出ています。こうしたことが茨城県で起きているということは,非常に悲しいです。こうしたことが起きてはならないということを,私は,これを調べていくうちに思ったわけでございます。本当に,だから,子供たちが,学校においては,高校においては,妊娠,出産すると,学校退学させられてしまう。

日立市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018-09-28

内容は、久慈町5丁目地内の市道敷の一部が個人の所有であると確認する判決に基づく公用廃止により、1路線の廃止及び認定をするものであります。  審査の中で委員からは、「今回の案件は、行政において適切な手続がなされなかったため取得時効成立したものであり、同様の案件が今後二度と発生しないよう、この度得られた教訓をどのようにいかし、これからの市道管理を行っていくのか。」

日立市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018-09-06

本年7月18日、水戸地裁日立支部から、市道敷の一部が個人の所有であることを確認する判決があったことに伴い、当該市道敷を公用廃止させる必要が生じましたことから、平成30年8月2日付けで専決処分をさせていただいたものでございます。  概要につきましては、48ページ以降の図面で御説明いたします。  48ページをお願いいたします。  左側、48ページが廃止図、右側、49ページが認定図でございます。  

ひたちなか市議会 2018-06-14 平成30年第 2回 6月定例会-06月14日-03号

また,最近では2013年,神戸地裁判決では,男子小学生11歳が夜間,帰宅途中に自転車で走行中,歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性62歳と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い,意識が戻らない状態となりました。保護者の母親に9,521万円の賠償支払いを命じられました。  

常総市議会 2018-05-01 常総市:平成30年5月定例会議(第3回会議) 本文

それは大東水害のあの判決があるからですよね。これはやはり、あの常総の実態から見たときには不合理じゃないかという立場が、普通は思ってほしいなというふうに思うんですが、そういう、言いたくなければ、胸のうちに思って、やはりそういう鬼怒川の堤防について、簡単に5メートルにしたから、上がったからいいんだというだけで済ませたのでは、まだまだそれは不十分だということですよ。  

石岡市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2018-03-14

これにつきましては、東京高裁の裁判例にもございますが、祝い金が市の歳入に編入する意思のもとに交付されたものと認められないときは、祝い金を市に対する寄附とは認められないといった内容の判決もございます。  今回のお祝い金につきましても、地元の方々が地元の学校のために支援をしてほしいという趣旨で、学校校長職にある者にお祝い金を交付していることから、市に対する寄附には当たらないと考えてございます。  

土浦市議会 2017-12-13 平成29年 第4回 定例会-12月13日−04号

市町村の一般廃棄物処理責任に関して法に基づいて,環境省より平成26年に指導があり,また,平成26年1月に最高裁においても判決が出ていると思いますが,そのあたりの説明もお願いしまして,1回目の質問といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長(海老原一郎議員) 市長。   〔市長 中川清君登壇〕 ◎市長(中川清君) おはようございます。  ただいま鈴木議員の方からご質問を頂戴いたしました。

日立市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017-12-11

議員質問の、2007年に愛知県大府市で起きました、認知症高齢者が徘徊中に鉄道事故を起こし、その遺族への損害賠償を求める訴訟につきましては、2016年の最高裁判決において、同居の妻及び離れて暮らしていた長男は、監督義務者に当たらず、賠償責任はないとの判断が示されております。

石岡市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2017-12-07

これは確定判決と同様の効果があるので、これに基づき強制執行を申立てることができます」、「調停の申立手数料が安く、手続が簡単なので、調停終了まで自分でできます」、これは、代理人を立てないで自分でもできるということを指しているんだろうと思います。「非公開なのでプライバシーが守られます」、こうした内容となっておりますが、こうした点を確認した上で質問に入らせていただきます。  

鹿嶋市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−一般質問−03号

そのことを本当に執行部の皆さん自覚しているのかなと、そこに税金投入してしまったと思っているのかなと、このままそういう感覚でいられたら困るなと、私たちがやっぱり議会議員としても当時の執行部と一緒になって、あのときは本当に当時の執行部の皆さんと額を突き合わせながら、どうしよう、こうしようとやりながら、土壇場で結論を導き出して、判決でもなくて、税金投入でもなくてということで、判決まで行ったら11億円余計に

高萩市議会 2017-10-19 10月19日-05号

全国では、補助金か、あるいは補助金が収益事業か公益事業かと、法廷で争っている幾つかの判決が出ております。公益事業として認定されずに違法支出として認められたものもあります。その場合は、長の責任として支出した金額について支払うことになります。このまま進めるならば、住民監査請求を出されることは間違いありません。明らかに違法支出であると考えている弁護士もいることを申し上げておきます。

行方市議会 2017-10-16 平成29年 10月 定例会(第3回)-10月16日−02号

つい最近、裁判判決が出ました。ブラック企業とか、過労死の問題で一定の判断がされました。問題になってくるのは、月に100時間以上の超勤があるのかどうかということだと思います。県内の自治体の中には、月100時間以上超勤があるという自治体もあるように聞いています。行方市の実態はどの辺なんでしょうか、総務部長、わかっている範囲でよろしくお願いします。 ○議長(鈴木義浩君) 総務部長。