運営者 Bitlet 姉妹サービス
803件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-09 石岡市議会 平成30年決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2018-10-09 例えば倒産して解散してしまったとか、そういった部分での理由なのかどうか、お伺いいたします。 もっと読む
2018-09-11 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号 逆に倒産するということです。そうすると、元も子もない。税金入らないということがあるからです。それから、生活維持の困難という項目があって、要するに差し押さえすることによって生活ができなくなってしまう。 もっと読む
2018-06-14 守谷市議会 平成30年 6月定例月議会−06月14日-05号 また,第8条において,市長は「学歴及び職歴等を記載した経歴等報告書を作成するとともに,それらを証する書類を備えなければならない」とあるが,具体的に職歴を証する書類とは,学校卒業した後の全ての職について提出するのか,勤めていた会社が倒産した場合はどうなるのかとの質疑があり,職についていたことを証する書類については,それにかわるものがあればそれを,また,なければ柔軟に対応していくことになるとの説明がありました もっと読む
2018-06-13 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−05号 これは,会社の倒産や解雇などといった原因で会社を離職せざるを得ない非自発的失業者が特例対象となるための申告には,これまで雇用保険受給資格者証の提出を求めていましたが,マイナンバーの運用開始に伴う情報連携により,必ずしも提出が必要でなくなったため,申請手続の簡素化を図り,改正するものです。 ○寺田寿夫議長   斉田市民生活部長。       もっと読む
2018-06-12 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−04号 例えば,平成28年の定例会でお話ししましたけれども,倒産した日本ライフ協会のような事例もございます。  そういったことを踏まえると,市が身元保証の代行サービスを行ってはいかがでしょうか。そのことについてご答弁お願いします。 ○寺田寿夫議長   足立福祉部長。       もっと読む
2018-06-08 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月08日−02号 これは昨年,全国で障がい者就労継続支援A型が倒産が相次いで解雇されたという例もたくさん出ました。また,今年は障がい福祉サービス等報酬改定によって事業者が減収になると懸念もされているところです。厳しい環境にある就労支援状況について,市が支援できることは何か質問をしたいと思います。  まず,障がい者の状況についてです。   もっと読む
2018-06-06 筑西市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月06日−議案上程・説明−01号 改正内容でございますが、初めに第24条の2の改正につきましては、倒産、解雇など自分の意思によらない非自発的失業者は、国民健康保険税の算定において、前年度の給与所得が100分の30に減額されます。 もっと読む
2018-06-06 小美玉市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月06日−02号 しっかりやって小美玉市が倒産はないでしょうけれども、容易じゃないなというところにならないように、しっかりやってください、お願いします。答弁は要りませんが。  あと4分ありますから、私、今ちょっと国会の話、ちょっと例え話ですけれども、安倍総理が、一生懸命ありとあらゆる人の話を聞いて何とか答えていますね、耐え抜いています。立派だな、こういうふうに思っています。 もっと読む
2018-06-05 守谷市議会 平成30年 6月 5日議員政治倫理検討特別委員会−06月05日-01号 ◎川村 総務部次長  無限責任ですけれども,こちら,会社が倒産したときなどに,会社の債権者に対して,負債総額の全額を支払う責任を負うことというふうに規定をされているそうです。わかりづらいと思うのですが。砕いた言い方できなくて申しわけありません。 ○市川 委員長  坂部長。 もっと読む
2018-05-18 下妻市議会 平成30年 第1回臨時会(第1日 5月18日) 第24条の2第2項は、倒産、解雇等による特例対象被保険者等が申告の際に提示していた雇用保険受給資格者証をマイナンバーによる情報連携により把握できる場合には提示が不要になることによる改正でございます。  なお、施行期日は平成30年4月1日でございます。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長(原部 司君) 以上で提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。   もっと読む
2018-03-22 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−07号 本案が、全ての企業対象とはいえ、実質大企業中心であり、廃業倒産に連日のように脅かされ追い込まれている中小商工業、農業にはほとんど恩恵がありません。今取り組まなければならないのは、大量生産大量消費大量廃棄の悪循環に歯止めをかけ、最悪の世界一の不公正税制の消費税増税をやめさせ、将来廃止を国に求めていくことです。その上で、市民の重税緩和のために、固定資産税の減免、減額を進めるべきです。 もっと読む
2018-03-20 守谷市議会 平成30年 3月定例月議会−03月20日-05号 例えば,病気をするとか,会社が倒産したとか,失業したとか,リストラに遭ったとか,そういった問題も含めると,当然職場を失うということになれば,収入なども閉ざされるというようなことが起きてくる。こうしたことが,貧困の広がりが起きているということでございます。守谷でも生活保護受給者は,県内では少ないほうです。その中で,実際に,私は声を聞いてまいりました。今,自分たちで努力できるものは何があるかと。 もっと読む
2018-03-14 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会−03月14日-05号 また,大企業と中小企業の格差も広がり,中小企業の倒産は減っていますが,後継者不足などにより廃業がふえております。  デフレからの脱却には,国民の可処分所得をふやし,消費と内需を拡大することが不可欠と考えます。 もっと読む
2018-03-09 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 倒産した後、閉店、廃業した後の関係者の状況の把握というのは、いわゆる自分らみたいに1人で働いて1人で生きているというのと違って、商売をやっている人はいろんな絡みがあります。それこそ一族郎党、破産に追い込まれるなんてこともあるんです。そういう状況をよくつかんでほしいと思います。その上でいろんな支援をお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-03-05 龍ケ崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月05日−03号 今日の日本では,貧困は特別の事情ではなく,倒産,失業,リストラ,病気,親や家族の介護などで職を失えば,誰もが貧困に陥ってもおかしくない状況ではないでしょうか。  厚生労働省が減額をしようとしているのは,食費や光熱費に当たる生活扶助費です。この扶助費は,年齢や居住地,家族構成によって額は異なってきますが,生活保護受給者の暮らしを支える重要な柱の一つです。 もっと読む
2017-12-13 守谷市議会 平成29年12月定例月議会−12月13日-04号 こちらは,65歳未満の雇用保険受給資格者のうち,退職理由が会社の倒産,解雇など,事業主の都合によるものである場合に,所得割の算定基礎となる前年の給与所得が100分の30として算出されるというものでございます。  以上でございます。 ○議長(梅木伸治君) 佐藤弘子君。 ◆18番(佐藤弘子君) 7割,5割,2割のその削減をする制度はあるよということはわかりました。 もっと読む
2017-12-11 守谷市議会 平成29年12月定例月議会−12月11日-02号 そこで,5月に,この工事を請け負ったJVの片方の菊地植木建設が既に6月27日に倒産していること,残ったオオシンが1社で工事を行い,275立方メートルの建設残土が許可なく坂東市の農地の穴に投棄された事実が発覚したこと,建設残土といえ,放射性廃棄物の保管場所の残土である事実,これは守谷市にとっても,見過ごせないことだと思いますが,今残土はどうなっているのか,お尋ねします。 もっと読む
2017-12-05 つくば市議会 平成29年12月定例会−12月05日-02号 特に、ソーラー事業につきましては、日本国内の会社が倒産する中、国を挙げて一大ビジネス化して参入している様子が報じられていました。このような状況を考えますと、売電収入で農家が潤うんだからというような形での容認はしていられない状況だと思います。  つくば市の耕作放棄地は、平成22年度時点で1,322ヘクタールあります。今後、同様な申請がないとも限りません。 もっと読む
2017-12-05 つくば市議会 平成29年12月定例会−12月05日-02号 特に、ソーラー事業につきましては、日本国内の会社が倒産する中、国を挙げて一大ビジネス化して参入している様子が報じられていました。このような状況を考えますと、売電収入で農家が潤うんだからというような形での容認はしていられない状況だと思います。  つくば市の耕作放棄地は、平成22年度時点で1,322ヘクタールあります。今後、同様な申請がないとも限りません。 もっと読む
2017-10-11 つくば市議会 平成29年決算特別委員会−10月11日-03号 ◆橋本佳子 委員  もう1点ですが、税収のところで不納欠損というのがあって、担当の人に理由を出していただいたところですが、普通徴収、特別徴収に分かれて、財産なしとか、倒産、解散とかいろいろある中で、執行停止という件数が一番多いのですが、これはどういうふうなことか説明お願いします。 ○五頭 委員長  飯島納税課長。 もっと読む