25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

古河市議会 2016-09-08 平成28年  一般会計決算特別委員会-09月08日−審査事件・議案質疑−01号

まず、決算書の82ページ、この中で一番上に「不動産仮差押命令申立てに係る供託金」というのがありまして、これは前の80ページで見ますと、補償補填及び賠償金で賠償金というふうになっているのですけれども、これはどういう事件だったのかと、これは供託金は賠償金として没収されてしまったという意味なのでしょうか。よろしくお願いいたします。 ○委員長(落合康之君) 執行部の答弁を求めます。  田中総務課長

古河市議会 2015-03-27 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月27日−議案質疑・討論・採決−07号

議員報酬を3分の1カットし、供託する旨の公約について、みずからの証言供託はしていないことが明らかになった。また、この公約どおり「議員報酬を市あるいは社会福祉議会へ退職後に返還するのか」の尋問に返還しないとの証言であり、公報及びビラ等で虚偽記載したことは、悪質な市民だましと言わざるを得ない。  

古河市議会 2015-03-04 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月04日−一般質問−04号

時間があるといいのですが、黒川輝男議員の前回のこのチラシ、「報酬の3分の1を削減し、供託します!有言実行、言ったことは実行する」と(25番黒川輝男議員議長、答弁じゃない」と呼ぶ)書いてあります。(25番黒川輝男議員「関係ないでしょうよ」と呼ぶ)これは精神面で関係あります。報酬を3分の1カットして供託します。

古河市議会 2014-12-04 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月04日−一般質問−03号

選挙公報に公約で、例えば報酬を3分の1カットして供託しますと書いてあります。また、任期満了後、市にその給料をお返ししますとも書いてあります。こういうことができるのかというと、黒川輝男議員も立派な方ですし、たしか6期やっていると思うのですが、議長経験もされております。供託ができないというのは御承知のことと思います。

神栖市議会 2014-09-05 神栖市議会 会議録 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月05日−01号

補正の内容につきましては、私道災害復旧工事助成金において、申請件数が増加する見込みであるため、また、滞納処分の実効性を期すべく、債務者の財産に対し仮差し押さえの申し立てを裁判所へ行い、その許可を得るにあたり供託金が必要となるため、さらに本庁舎環境棟の空調機に故障が生じ、更新工事を行うため補正予算を計上するものであり、7月11日に専決処分したものであります。  

古河市議会 2013-09-19 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月19日−一般質問−05号

法務局は、法務省地方組織の一つとして、国民財産身分関係を保護する登記戸籍国籍供託民事行政事務、国の利害に関係のある訴訟活動を行う訟務事務国民基本的人権を守る人権擁護事務を行っています。特に、会社を経営している方なら登記事項証明書個人の方なら印鑑証明書の交付請求に行ったことがあるかと思います。その役割を果たしてきた水戸地方法務局古河出張所が、来春をめどに閉鎖される予定です。

神栖市議会 2012-12-07 神栖市議会 会議録 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号

政治代表を決める選挙も、立候補は高い供託金にはばまれ、企業団体献金の禁止もせずに憲法違反の政党助成金で、税金政党になり下がっている大変厳しい時代です。憲法9条は最高法規であって、これに反するものは、いかなるものも無効と厳しく規制しています。なぜ、これが守れないのか、罰せられないのか、不思議でなりません。こういうことに声を挙げていくことが、民主主義を前進させることになると思います。  

神栖市議会 2012-12-05 神栖市議会 会議録 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

市税等徴収事業について、市税債権確保のための不動産仮差押の申立が必要となり、この担保供託金について、また、神之池用水機場等維持管理事業において、夏季の雨量が少なかったため、取水量が例年に比べ増加したことにより電気料金が増加し、光熱費の不足が見込まれるため予算計上したものであり、10月3日に専決処分したものであります。  

神栖市議会 2012-09-10 神栖市議会 会議録 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月10日−04号

その後の調査で、15ページ、リサイクルプラザ管理運営事業の補償補填及び賠償金、供託金となっているのは、23年度委託料の支払いということのようですけれども、それで間違いなかったら、間違いないで結構です。 ○議長(泉純一郎君) 廃棄物対策課長。 ◎廃棄物対策課長(西野光政君) ただいまの関口議員のご質問にお答えします。  平成23年度の委託料に間違いございません。  以上です。

古河市議会 2012-09-06 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月06日−議案質疑・委員会付託−02号

あと、賠償金の1,083万8,087円、こちらにつきましては損害賠償供託金とか強制執行額という内容になっています。  以上です。 ○議長(小森谷英雄君) 次に、高橋財政部長。 ◎財政部長(高橋操君) 平成23年度決算ベースでの将来負担比率について御説明いたします。  先ほど、以前シミュレーションの数字より上がっているというようなお話だったかと思います。

神栖市議会 2012-09-05 神栖市議会 会議録 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月05日−01号

補正の内容につきましては、平成23年度に契約した業務委託について、業務遂行分の請求がなく、支払い不可能な状況において、水戸地方裁判所麻生支部より債権差押命令があったため、その供託金について予算計上したものであり、7月19日に専決処分したものであります。  

龍ケ崎市議会 2012-03-22 平成24年  3月定例会(第1回)-03月22日−06号

それであっても,その人は「私は受け取るわけにはいきません」と,それでその金を法務局供託をしておいて,4年前ですか,幾らですか,全部で25万ぐらいだそうです。それは今年度の10月に議会を開いて,寄附という項目をつくって,そこに歳入として入れるそうです。  私は今回この議案の提出者,あるいは賛同する方はそういうことをやっていただきたいと思っております。

古河市議会 2012-03-16 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月16日−一般質問−05号

次に、これまでの訴訟に関して支出した弁護士費用等の合計は、供託金も含めて878万4,070円でございます。これらの合計は1,862万2,157円となっております。 ○議長(小森谷英雄君) 答弁は終わりました。  倉持健一議員の再質問を許します。 ◆19番(倉持健一君) それでは、2回目の質問をします。  

神栖市議会 2011-09-20 神栖市議会 会議録 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月20日−04号

問 第2条のただし書きに、「当該候補者に係る供託物が法第93条第1項の規定により市に帰属することとならない場合に限る」とあるが、内容について伺いたい。  答 市議会議員選挙においては、有効投票総数を議員定数で除した数の10分の1の得票を得ないと供託金は没収になることから、公費負担は対象外になります。  

常総市議会 2011-09-06 常総市:平成23年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2011-09-06

納税しないと差し押さえとか困るから、その議員が反応するまで供託すると言うんですよ、税金を供託する。これは、当然納税者にとって防御、何というんですか、税率を上げるための手段かなと思うんですよ。率先して議員が納税しない。どうして納税しないかと断定するかと言うと、その前の議会質問したとき、納税証明書を、滞納した分を完納したから見せると言うんですよ。納税した証明書を見せると。

古河市議会 2011-09-01 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月01日−議案上程・説明−01号

この間の裁判費用、それからこの4月に差し押さえのための供託金150万円と今回とを含めて、この裁判でどのぐらいの費用がかかっているのか、その辺をひとつ明らかにしていただきたい。  それから、この種の裁判については新聞報道もされて、市民の間からは、市が払うのではなくて、関係当事者が払えという声があっちこっちで聞かれるわけですが、その点について市としてはどう考えているのかお答えを願いたいと思います。

常総市議会 2011-06-15 常総市:平成23年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2011-06-15

ただ、その中で今回、4万円のお金をどうこうするというのは、これは私個人自由だというふうには思っているんですが、強い希望ならば、私は4万円のやつ、供託しても構わないです、はっきり言って。〔「供託」と呼ぶ者あり〕──供託です。〔「供託じゃ返ってくる」と呼ぶ者あり〕──いや、それはあれですよ、受け取らないということでしょうよ。ということですよ。

古河市議会 2011-06-14 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月14日−一般質問−03号

そして、この4月には、古河市の預金債権が差し押さえられると、こういう羽目になって、150万円の供託金を積んで、それを専決処分で5月18日の委員会で求めた。そのときも私は言いました。もし負けたらどうするのだ、あるいは勝つ見込みがあるのか。何の答弁もありませんでした。結果としては、6月1日にやはり高等裁判所でも負ける。  今度のこの申し立てですが、最高裁判所に対して上告受理申し立てをする。

潮来市議会 2011-05-24 平成23年  6月 定例会(第2回)-05月24日−01号

流動資産83万1,289円、それに固定資産ということで、基本財産、その他固定資産ということで差入保証法務局供託金1,000万円、それと社用車の償却資産が入ってございます。  資産合計3,135万9,001円になります。前年度と比較して38万3,823円のマイナスとなります。  負債はございません。  正味財産でございますが、指定正味財産、こちら基本財産になります2,050万円。

  • 1
  • 2