91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

市内には、植樹されてから70年余を経過し、樹勢の衰えや老木化の進行により倒木の危険が高まっている桜や、伝染であり、放置すると枝が衰弱し枯れてしまう桜テングス病にり患している桜もあり、植え替え等の更新も含め、市が一体となって管理育成をしていくことが必要な時期に来ているものと強く認識をいたしているところでございます。  

笠間市議会 2019-03-07 平成31年度予算特別委員会−03月07日-03号

ここでは、牛や馬など家畜伝染の検査手数料茨城県畜産協会への負担金などを計上しております。  目が変わりまして、6目農地費となります。13節委託料につきましては、新規土地改良事業を予定しております石井・来栖・稲田地区、南友部地区、上郷地区の農地集積計画や営農計画書の作成となります農地集積促進計画書作成業務委託料が主なものとなります。  117ページをごらんください。  

日立市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-03-07

テングス病とは、カビの一種が原因で発生する伝染で、病気にかかった葉の裏面に形成された病原菌の胞子が空気中に飛んで感染していきます。感染すると枝が異常に発生し、花が咲かなくなる病気です。放置しておくと、感染した枝はやがて衰弱し、枯れてしまいますが、放置されれば感染の影響を防止することが困難な状況に陥ってしまいます。

笠間市議会 2018-03-06 平成30年度予算特別委員会−03月06日-03号

特に大きな雑入といたしましては、中段少し上、家畜伝染予防検査料は、予防検査を実施した畜産農家からの手数料となります。  中段少し下、農業再生協議会負担金は、笠間市農業再生協議会が臨時職員賃金社会保険料を市に納入するものとなります。  歳入については以上でございます。  続きまして、歳出についてご説明いたします。  予算書113ページをお開きください。  2段目になります。

稲敷市議会 2018-03-01 平成30年第 1回定例会−03月01日-02号

保健教育分野など、ミレニアム開発目標で残された課題や近年の国際社会が直面しているグローバルな問題、社会経済危機自然災害気候変動、環境問題伝染難民紛争などの対処のため、新たに17のゴール、いわゆる開発目標、そして169項目のターゲットが掲げられ、達成目標期限は2030年となっております。  

常総市議会 2018-02-01 常総市:平成30年2月定例会議(第19回会議) 本文

だから、こういったものが制御できて、伝染とかこういったものがなければ、かなり医療費も削減できるということは事実なわけですよね。どうかひとつ、マスコミのほうもかなり報道しておりますけれども、どうか国民健康保険の部門で市民にそういったことを徹底しながら、予防、まず病気にならないということがあれでしょうから。

神栖市議会 2017-09-14 神栖市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

また、1877年、コレラ菌が持ち込まれ、これから赤痢、腸チフスなどの伝染により、37万2,923人の死者が出る大流行があったそうです。さらに、人口の集中により大火災に備えなければと言われていますが、莫大な費用がかかるため、民営で計画実施されましたが成功しませんでした。市民の命を守る事業など公的事業は利益を絡めてはならず、民営化にして水の商品化にしてはなりません。

笠間市議会 2017-09-12 平成29年度一般・特別会計決算特別委員会−09月12日-03号

◆石井栄 委員  179ページの畜産推進事業に関して、家畜伝染の検査及び関係機関の負担金を支払い、畜産農家の振興を推進したと、このような記載があります。家畜伝染の検査というのは非常に大事だと思いますが、酪農家や養豚場などが以前に比べて少なくなっているという話は聞いていますけれども、この検査をする場所というのは、笠間にはそれぞれ何カ所ぐらいあるのでしょうかね。 ○野口 委員長  金木課長

土浦市議会 2017-06-13 平成29年 第2回 定例会-06月13日−03号

することがほとんどできない,環境の変化に応じて進化できないこと,接ぎ木での繁殖が一般的であること,寿命と言われております50年から60年を経過しますと,継ぎ目に不具合が生じて樹勢――樹木の勢いですね――こちらを失ってしまうこと,また切断面から腐食に弱いことから,正しい切断面から切るとともに,薬剤を塗るなどの処置を講じないと腐食が進行してしまうこと,さらには,先ほどご紹介がありました病原菌の一種が原因で発生します伝染

笠間市議会 2017-03-08 平成29年度予算特別委員会−03月08日-03号

15款県支出金、3項委託金、3目農林水産業委託金、1節農業委託金の家畜伝染予防事務交付金は、家畜伝染の検査手数料にかかわる交付金でございます。  32ページをお開きください。  最下段になります。17款寄附金、1項寄附金、4目農林水産業費寄附金、1節農業費寄附金、地方創生応援税制寄附金は、遊休農地等を活用した笠間の栗生産拡大事業にかかわります市内2名の方からの寄附金でございます。  

行方市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月09日−08号

4目畜産振興費、11事業畜産振興事業については、予防注射等の家畜伝染対策や行方産「米豚」の飼料米需要補助等の予算を計上してございます。  13ページのほうへ入ります。  5目農地費、11事業土地改良促進事業については、県及び団体営等における土地改良事業の工事費の1割を市単独補助事業として予算計上しているほか、ため池等の改修費の予算を計上してございます。  

笠間市議会 2016-03-09 平成28年度予算特別委員会−03月09日-03号

15款県支出金、3項委託金、3目農林水産業委託金、1節農業委託金の家畜伝染予防事務交付金は、家畜伝染の検査手数料に係る交付金でございます。次の農地中間管理事委託金は、農地中間管理事業の一部委託を受けるに当たっての委託金でございます。次の多面的機能支払交付金推進費は、多面的機能支払交付金事業を推進するための推進費でございます。  40ページをお開きください。  

筑西市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−05号

先日の質問と答弁の中で、この近くでは県西総合病院でしていますというお話だったのですけれども、子供は、インフルエンザやりんご病やおたふく風邪、はしか、水ぼうそう、たくさんの伝染にかかりやすい環境にあります。しかも、それらはかかると5日から1週間は園や学校に行けなくなります。働いているお母さんは、そんなに長く休める労働環境にいらっしゃらない方のほうがほとんどです。

古河市議会 2015-09-16 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月16日−一般質問−05号

狂犬病伝染などの担当部署はあっても、動物愛護は所管業務とはなっていないのが実情であります。愛護条例のもと、管轄する部署が中心となって市民の相談を受けながら、市民が安心して動物と一緒に暮らしていける環境づくりとともに、譲渡活動の支援や、殺処分に移行しない方向への支援などができる専門部署が必要と考えます。  そこでお尋ねいたします。初めに、古河市の現状について。

笠間市議会 2015-09-09 平成27年度一般・特別会計決算特別委員会−09月09日-03号

12節役務費につきましては、成果報告書172、173ページ、畜産業推進事業にかかわる家畜伝染の検査手数料が主なものとなります。  目が変わりまして、6目農地費となります。13節委託料につきましては、成果報告書174、175ページ最下段、農山漁村活性化プロジェクト交付金事業大古山地区にかかわる換地費用が主なものとなります。  

笠間市議会 2015-03-10 平成27年度予算特別委員会−03月10日-03号

15款県支出金、3項委託金、3目農林水産業委託金、1節農業委託金の家畜伝染予防事務交付金は、家畜伝染の検査手数料に係る交付金でございます。  34ページをお開きください。  18款繰入金、2項県繰入金、10目農業活性化対策基金繰入金、1節農業活性化対策基金繰入金は13万5,000円を計上してございます。  40ページをお開きください。  20款諸収入、4項雑入、5目雑入に移ります。

笠間市議会 2014-09-09 平成26年度一般・特別会計決算特別委員会−09月09日-03号

50万7,868円のうち、農政課分につきましては家畜伝染予防事務交付金30万7,868円を受け入れたものでございます。  次に、同じく決算書33、34ページ、成果報告書60、61ページ、2目利子及び配当金、1節利子及び配当金でございますが、1,774万6,786円のうち、農政課分につきましては農業活性化対策基金利子1,701円でございます。  

笠間市議会 2014-03-06 平成26年度予算特別委員会−03月06日-03号

3目農林水産業委託金の1節農業委託金の家畜伝染予防事務交付金は、家畜伝染の検査手数料に係る交付金でございます。  続きまして、33ページをお開きください。  5目農業活性化対策基金繰入金は795万9,000円を計上してございます。  続きまして、20款諸収入、5目雑入に移ります。38ページをお開きください。  

龍ケ崎市議会 2014-03-04 平成26年  3月定例会(第1回)-03月04日−02号

その歴史は古く,1945年,昭和20年当時,結核や赤痢などの伝染や乳幼児の死亡が多く,衛生環境は劣悪だったとのことです。そんな中,須坂市に住む主婦らが保健婦の姿を見て,少しでも手伝いたいと自主的に活動を始めたのがきっかけだそうです。その後,県内各地で制度化され,現在のように市町村から任期2年などで任命される形となったとのことです。