運営者 Bitlet 姉妹サービス
1640件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 結城市議会 決算特別委員会(平成30年)-09月18日−04号 最後に,介護保険利用の自己負担割合3割というお話ですけれども,こちらは,介護保険制度が平成12年度に発足して以来,利用者の自己負担は1割でございました。平成27年の8月から一部2割負担が発生しまして,今年,30年8月から一部3割負担の方が発生しております。   もっと読む
2018-09-07 結城市議会 平成30年第3回 定例会-09月07日−03号 介護保険制度は3年に1度大きな見直しが行われており,それに対応するため,職員の負担は増しているのが現状でございます。 ○議長(秋元昇君) 7番 平 陽子さん。 ◆7番(平陽子さん) ありがとうございました。  13事業所の事務を県から市に移譲されたということで,職員の負担はかなりあるというお答えでした。   もっと読む
2018-09-05 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−議案上程・説明−01号 これは介護保険制度による低所得者の介護保険料軽減に伴う国庫負担金の交付決定による増額でございます。  同じく項2国庫補助金、目3民生費国庫補助金、節1社会福祉費補助金、説明欄32、介護保険システム整備費補助金162万円の増額補正をお願いするものでございます。これは平成30年度介護保険制度改正に伴うシステム改修に対する補助金でございます。   もっと読む
2018-06-20 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月20日−06号 執行部から説明の後,委員から「所得額の算定方法における特別控除額の内容についてお聞きします」との質疑に対し,執行部から「介護保険制度では,介護保険の自己負担割合及び高額介護(予防)サービス費の所得段階を判定する指標として,合計所得金額を用いております。 もっと読む
2018-06-12 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−04号 この附帯意見の1項目めの介護保険制度の改正は目まぐるしいことから,市民やサービス利用者への十分な情報提供に努められたいと指摘されていますが,このことを含めて附帯意見をどのように受けとめられましたか。これについては市長が諮問されているわけですから,市長にご答弁をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○寺田寿夫議長   中山市長。       もっと読む
2018-06-12 筑西市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−04号 ◎保健福祉部長(中澤忠義君) まず、介護保険制度の状況でございますが、本年4月1日現在、65歳以上の被保険者は3万812人でございます。うち要介護等の認定を受けている人数は4,804人、認定率は15.6%となっております。また、介護サービスを利用している方は3,954人で、認定者の82.3%となります。   もっと読む
2018-06-11 守谷市議会 平成30年 6月定例月議会−06月11日-03号 なお,介護サービスの必要な方が安心してサービスが受けられるようにするためには,介護保険制度の安定運営が必要となりますので,保険料の引き上げはやむを得ないと考えております。  一方で,介護サービスを使わないようにするための介護予防対策という取り組みが,今後ますます重要になってくるものと考えております。 ○議長(梅木伸治君) 川名敏子君。 もっと読む
2018-06-08 稲敷市議会 平成30年第 2回定例会−06月08日-03号 この計画の中で、介護保険制度における施設サービスの一つであります特別養護老人ホームにつきまして、平成32年度に80床の増床を見込んだところでございます。  特別養護老人ホームは、市民ニーズの高いサービスであり、入所待機者も非常に多く、今後ますます高齢化が進む中、さらなる需要が増すものと想定されます。 もっと読む
2018-06-08 下妻市議会 平成30年 第2回定例会(第3日 6月 8日) 次に、3の介護保険問題についてですが、介護保険制度が始まって20年近くになりますけれども、介護保険料は2倍半ぐらいになっていると思います。介護給付の問題や介護施設に入りたくても入れない話も多々聞きます。実態はどうなっているのか、そのほかの問題もたくさんあるようです。担当部局では、健康寿命のために努力もしているようで、ボランティアの方々の協力などで、その成果も出ているようです。 もっと読む
2018-06-07 稲敷市議会 平成30年第 2回定例会−06月07日-02号 あわせて、同時期には介護保険制度の改正もあり、介護予防給付の一部である介護予防通所介護は、市が地域の実情に応じた取り組みを行うことができる介護予防日常生活支援総合事業へと移行されることとなり、ボランティアなどの地域の多様な主体を活用しながら高齢者を支援していく仕組みもつくられました。 もっと読む
2018-04-09 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  4月 臨時会(第2回)-04月09日−01号 介護保険制度は国家的詐欺とも言われるようになったゆえんです。医療や福祉サービスや社会サービスにおいて、ニーズに対する必要充足原則と現物給付でなければなりません。   もっと読む
2018-03-27 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会-03月27日-06号 議案第45号 ひたちなか市指定介護予防支援等の事業に関する条例の一部を改正する条例制定について,障害者福祉サービスでは,利用者は65歳以降,介護保険制度の利用が優先されます。今回の法律改正で65歳を超えても同じ事業所を利用できるという共生型サービスが実施されるということで,今回の市の条例改正になりました。 もっと読む
2018-03-27 東海村議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月27日−06号 保険料はしっかり徴収されるが、制度改悪の進行で必要な介護が受けられない介護保険制度は容認できません。  以上述べまして、議案第30号に反対の立場からの討論といたします。 ○舛井文夫議長 ほかにございませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕  討論なしと認めます。  これで討論を終了します。  これから議案第30号について採決します。  本案に対する委員長の報告は可決すべきものです。 もっと読む
2018-03-23 石岡市議会 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日:2018-03-23 もともと介護保険制度は、1997年に法律が成立、2000年度に施行され、介護が必要になれば誰もが介護を受けられる、いわゆる家族介護から介護の社会化を進めるとして、鳴り物入りでスタートいたしました。しかし、国庫負担は4分の1と少ないなど、国の責任が明確でなく、皆保険と言いながら低所得者が利用できないおそれがあり、保険あって介護なしの根本的結果を持って始められました。   もっと読む
2018-03-22 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−07号 65歳以上医療費無料化、本来の介護保険制度に戻すべく、健康保険並みに傷病手当の制度化も提言し、反対討論といたします。 ○議長(藤田昭泰君) ほかに討論ございませんか。−−討論なしと認め、討論を終結いたします。  これより議案第26号 平成30年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)予算を採決いたします。  採決は起立によって行います。  本案に対する委員長報告は原案可決であります。   もっと読む
2018-03-22 筑西市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号 また、介護保険制度におきましては、保険給付費の50%を公費で負担し、残りの23%を65歳以上の1号被保険者、27%を40歳から65歳までの2号被保険者で負担することが厳格に定まっております。  介護保険制度、これがスタートしたのは平成12年度でございましたが、このときの介護に係る総費用が3兆6,000億円であったと言われます。 もっと読む
2018-03-19 龍ケ崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月19日−06号 それでも向こう3年間はグループホーム,特養を増設しないのでしょうか,これでは介護保険制度の崩壊であります。  被保険者は,これまで保険料を払い続けて,介護のお世話にならざるを得ないときが来た場合,本人の面倒を見てくれる家族がいないから施設でお世話になりたいと切に願っても入所できないのでは,何のための保険かわかりません。保険としての機能を果たさないことになります。公平性に欠けることになります。 もっと読む
2018-03-16 つくば市議会 平成30年 3月定例会-03月16日-06号 少子高齢化により、ひとり暮らし高齢者や高齢者世帯が増加し、介護サービスの必要性がますます高まっている中で、今回のつくば市介護保険条例の一部を改正する条例の施行は、介護保険制度を安定的に運営するために不可欠なものと判断し、賛成討論といたします。 ○議長(塩田尚君) これをもって、討論を終結いたします。   もっと読む
2018-03-16 結城市議会 教育・福祉委員会(平成30年)-03月16日−01号 続きまして,議案第30号 結城市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてということで,まず地域密着型サービスでございますが,こちらは認知症や中度・重度の要介護者が,可能な限り住み慣れた地域での生活が継続できるように,平成18年4月の介護保険制度改正により創設されたサービスでございます。市町村が事業所の指定や監督を行います。 もっと読む
2018-03-14 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会−03月14日-05号 現在,市におきましては,介護保険制度による訪問型サービスや,会員登録することで支援を受けることができるファミリー・サポート・センター事業などにより,ごみ出し支援を含めた高齢者の生活支援が行われております。   もっと読む