運営者 Bitlet 姉妹サービス
3753件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 結城市議会 教育・福祉委員会(平成30年)-12月13日−04号 また,国会のほうでは人材派遣法とか水道法が可決され,これからいろいろな問題が起きるのではないかと危惧されます。結城市でもそういう人たちがまた入ってきたり,水道の問題もあるでしょうし,これからいろいろ我々が考えていかなければいけないと思っております。  以上で挨拶にかえさせていただきます。   もっと読む
2018-12-13 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月13日-04号 また,課題といいますか,導入に伴っての課題として認識をしているのが,やはりコストの面であったり,セキュリティーの面あるいは人材の育成面ということで,課題として捉えております。 もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 ご提案のいただきました子育て支援員制度,こちらにつきましては,ゼロ歳から2歳までの保育を行う地域型保育,それから地域での子育て支援事業を担う人材を育成するために国で創設された制度となっております。  配属できるのが,小規模保育等の地域型保育事業,それから一時預かり等の子育て支援事業となっております。 もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 ◆17番(市川和代君) さっきのテレビの中ですけれども,ちょっと余談になりますけれども,さし飲みだとか,もちろん会社がお金を出してなのですけれども,飲みニケーションを重要視するというようなことで,職場の環境あるいは悩み事を聞くとかというようなことで,非常に働き方改革の一環だと思うのですが,人材をつなぎとめておきたいというようなこともあるのかなというふうに思って見ていました。   もっと読む
2018-12-10 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月10日−04号 〔保健福祉部長 飯島敏雄君登壇〕 ◎保健福祉部長(飯島敏雄君) 本市の救急医療体制の課題といたしましては,夜間救急診療を市の事業として実施しておらず,市民が周辺の夜間診療所や2次救急医療機関へ受診している状況であること,また,市内2つの病院への救急搬送が増加し,医師等の負担が増える中で,医療人材の確保も大きな課題であると考えております。   もっと読む
2018-12-07 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月07日−03号 次に,支援員の課題につきましては,人材の確保と資質の向上が全国的な課題となっております。本市におきましては,人材確保に向け,保護者会や支援員との協議を進めながら,支援員の処遇改善等を図ってまいります。 ○議長(秋元昇君) 7番 平 陽子さん。 ◆7番(平陽子さん) やはり人材の確保と資質向上が非常に重要なことではないかと思いますので,今後ともよろしくお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-12-06 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月06日−02号 次に,職員配置の考え方についてでございますが,毎年度,各所属長が作成する定員管理計画書をもとに,次年度以降の事務事業の内容についてはヒアリングを行い,特に必要と認められる事案がある部署につきましては,限られた人員の中で増員を検討するなど,適正な人員と,人材の配置に努めているところでございます。   もっと読む
2018-12-05 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-12-05 再三再四にわたり質問してまいりました上水道の整備につきましては、有収率向上のための定期的な漏水調査の取り組みとして、効果が認められているわけでございますが、管の老朽化に伴い、今年も漏水の発生頻度が増加傾向にあるわけでございます、更新については、財源、人材ともに乏しく、十分な更新ができているとは言いがたい状況だと考えているわけでございます。 もっと読む
2018-12-04 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-12-04 700 ◯市長公室長(加藤乃利明君) 地域おこし協力隊につきましては、市外に生活の拠点を置く人材を積極的に受け入れ、受け入れた人材の定住を図るとともに、地域の活性化を促進するために隊員を雇用しております。現在、29年度から4名の隊員、30年度から2名の隊員、合計6名の隊員が活動しております。 もっと読む
2018-12-03 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-12-03 公立保育所の役割ということで前回の質問ではさせていただいたときに、保育水準を示す役割、また民間での難しいケースの受け皿的役割、保育ノウハウの提供、人材育成、地域保育の拠点機能を有した新統合保育所にするということでご答弁いただきました。さらに、大学との連携を図り、発達障がい児等に対する教育・保育方法の研究、また相談支援を行う拠点施設として運営をしていきますということでございました。   もっと読む
2018-11-27 石岡市議会 平成30年第4回定例会 資料 開催日:2018-11-27 更新については、財  │        │ │   │       │  源、人材ともに乏しく、十分な更新ができてい │        │ │   │       │  るとは言いがたい状況だと思います。      もっと読む
2018-10-12 石岡市議会 平成30年決算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2018-10-12 141 ◯生活環境部長(齋藤秀幸君) 担当課としての今後の取り組みにつきましてご答弁申し上げます、子どもたちを犯罪から守る上で、現在実施している施策といたしましては、エンゼルパトロールの皆様による活動、またシルバー人材センターに委託し、実施している青色防犯パトロールがございます。 もっと読む
2018-10-10 石岡市議会 平成30年決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日:2018-10-10 委託先は石岡地方広域シルバー人材センターでございまして、従事された方4人分の人件費と事務費の合計でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-14 結城市議会 決算特別委員会(平成30年)-09月14日−03号 同協議会は,国指定伝統的工芸品産業の活性化を図るため,デザイナーやバイヤー等の新たな人材を採り入れ,市場開拓や新商品開発などの新たな事業展開の検討を行っております。  28年度に産地の実態調査やヒアリング,それから国内外における市場調査などを行いまして,29年度は,産地の推進を図るために,推進ビジョンを策定しております。 もっと読む
2018-09-14 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月14日-03号 保育所の整備に関しては,国の保育所等整備交付金やまた保育人材の確保においては,茨城保育人材バンク,また,保育士就学資金等貸し付け事業というようなものがあって活用されているかと思いますが,それとは別に,つくば市では,保育士等の処遇改善と離職防止を図るため,市内の私立保育所の保育士に月額3万円を助成し,さらに2万円を上限として家賃補助もしております。 もっと読む
2018-09-13 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月13日-02号 ◎市長(松丸修久君) 私もそういう意味では,「子育て王国もりや」ということで,子育てを中心的な政策の課題に掲げておりますので,できればそうしたいというふうには思いますけれども,やはり限られた資源,限られた人材という観点で,議員ご承知のように,守谷の職員の数というのは,非常に人口割に少ないという中でやっておりますので,余裕のある職員の数を持っている,例えば,合併した市町村などでは,そういう人事異動によって もっと読む
2018-09-13 結城市議会 決算特別委員会(平成30年)-09月13日−02号 まず,その1つといたしまして,地方創生IT人材育成事業委託料でございます。こちらにつきましては,インターネット販売スキルの習得講座というふうな形になっております。まず社会人向けに1事業,それから学生向けに1事業というふうな形でなっております。学生向けにつきましては,鬼怒商生の情報ビジネス科の2年生40名を対象にして実施してございます。 もっと読む
2018-09-11 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号 また、市のシルバー人材センターとは、被災地における応急活動や避難所における救援活動を支援いただけるよう協定をそれぞれ締結しているところでございます。  以上でございます。 ○議長(金澤良司君) 14番 尾木恵子君。 もっと読む
2018-09-10 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−03号 市といたしましては、国の事業である農業次世代人材投資資金経営開始型補助金による就農直後の経営安定に向けての支援のほか、市単独事業である新規就農者研修事業により就農に向けての技術習得に係る研修費用などを助成させていただいております。  また、作業効率や生産性の向上を図るため、農地中間管理事業による耕作農地の集約化につきましても進めております。   もっと読む
2018-09-07 稲敷市議会 平成30年第 3回定例会−09月07日-03号 企業育成の施策といいますと、経営相談体制や融資等の資金繰りなどの経営基盤の強化につながる支援策、技術革新につながる支援策及び人材育成の支援策、そして契約の受注機会の増大など多岐にわたりますが、今回、私からは工事請負契約における市内企業の受注機会増大への取り組みによる企業育成の観点で質問をいたします。   もっと読む