3924件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

│ ├───────────────────┼───────────────────────┤ │移動手段確保モデル事業費(2,500)│高齢者の日常生活での移動手段を確保するため,地│ │                   │区コミュニティを主体とした住民互助による移動支│ │                   │援のモデル事業を実施し,高齢者の自立した生活の│ │                   

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

このリハーサル大会は,茨城県主体となり開催したところであります。実施本部員の各係間の連携が不十分で,各種調整に時間を要したことなど,細部にわたりさまざまな課題を確認したところであります。これらの課題につきましては,茨城県と調整し,本大会に向けて改善を図ってまいります。  

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

また,夏休みはふだんできないことにチャレンジしたり,じっくりと取り組んだりすることができる機会でもあり,一人一人が目標や見通しを持って主体的に自己管理できるよう支援していくことも重要でございます。  それぞれの学童クラブにおいては,スイカ割り,簡易プールでの水遊び,お楽しみ会やマジックショーなど,地域のご協力もいただきながら,子どもたちが楽しく過ごせるような工夫も行っているところです。

日立市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-18

平成30年度の制度改革により、国民健康保険財政運営の責任主体となりました県と県内全ての市町村が一体となって、制度の安定化を図るため、保険料率の統一、赤字補填の解消、事務の標準化などを目指しているところでございまして、そのような中で、本市が単独で保険料の軽減を行うことは難しい状況にあるものと考えております。  

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

今後、人生100年時代を迎える中にありましても、全ての市民の皆様が住み慣れた地域で充実した人生が送れるよう、一人一人の暮らしに寄り添いながら、高齢者の支援に関わる多様な主体と一体となって福祉のまち日立の実現に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、(2)の健康寿命の延伸についてでございます。  

笠間市議会 2019-06-11 令和 元年第 2回定例会-06月11日-05号

一番そこで感じたのは除草作業を行う主体は誰ということになりますか。一番の主体は。それについてお伺いいたします。 ○議長(飯田正憲君) 教育次長小田野恭子君。 ◎教育次長(小田野恭子君) 学校環境安全の確保も含めまして、校長が必要な措置を講じることになってございます。それでも必要な措置が取れないときは設置者にということで、行政のほうに申し出ていただくということになってございます。

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

しかしながら、事業主体として想定していました住宅都市整備公団、現在のUR都市機構でございますが、住宅開発などの業務見直しによりまして、事業化が困難とされたことに加えまして、下妻市、明野町、つくば市の3市町村にまたがる複合都市開発計画の筑波ハイテクフォーラム計画におきまして、民間の大手開発業者が平成10年4月に撤退いたしましたことに伴いまして、ハーモニーヒルズ開発整備計画の推進が困難となっております。

石岡市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-10

なお、県営住宅につきましては、所管主体である茨城県の方針に基づき対応されるものと考えております。  続きまして、2点目の2)乗り合いタクシー観光巡回車のドライブレコーダーの設置状況についてご答弁申し上げます。乗り合いタクシーにつきましては、市内全域で9台の車両が運行しておりますが、全車両にドライブレコーダーが設置されてございます。

笠間市議会 2019-06-07 令和 元年第 2回定例会-06月07日-03号

また、同時に、将来の居住者確保、住宅整備用のコミュニティーや生活支援を行う営業主体の確保構築に向け、立教セカンドステージ大学との連携によります市内案内及び意見交換、支援組織のあり方等について、研究を行ってまいりました。  本市の生涯活躍のまちは、高齢化社会にある中で、市全体に波及する「笠間暮らし」の構築を理念としております。

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第5回会議) 名簿

│ │    │            │ 2)事業主体は県であることは承知しているが、老朽化│ │    │(一問・一答)     │  に伴う県への整備要望は行っているのか。行ってい│ │    │            │  るならば、どのような方法で行っているのか。  

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第5回会議) 本文

また、環境センター、堆肥化事業の主体的なところにも確認いたしましたが、現状、国が目指す3R、4R、現在5Rまで行っていますが、そちらにごみの減量化ということで、非常にマッチする施策でございますので、今後も環境センターのほうでも続けていきたいというふうな回答も得ていますし、市のほうでもこれからどんどんPRして進めてまいりたいと考えております。  

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第7回会議) 本文

ふれあい号につきましては、常総市公共交通活性化協議会が事業主体であり、協議会の一員である市に事務局を置き、同じくその委員である社会福祉議会予約センターの運営を行っております。市と社会福祉議会におきましては、覚え書きによりそれぞれの責務を取り決めております。また、運行事業者とは社会福祉議会委託契約締結し、車両を運行しております。  

守谷市議会 2019-04-17 平成31年 4月17日議会運営委員会−04月17日-01号

初めてでありますが,ゼロでありましたけれども,私たちは常に研修というのをやっぱり主体にしております。ですから,そういう意味では,自治体学校に行って勉強してくるということが,それを行政に反映させるためのものとして行っております。  今回の岡山の場合は,図書館ということのリフォームされた図書館のところに見に行ったということでありましたので,大変。

ひたちなか市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会−03月25日-06号

今年度から国保の財政運営の責任主体が県に移りましたが,低所得の方の加入が多く,それにもかかわらず保険税の負担が重いという国保の構造的な問題は何ら解決していません。むしろ保険税を抑えるために,各自治体が独自の努力で行っている一般財源からの法定外の繰り入れを国はやめさせようとしており,全国的には保険税の値上げが相次いでいます。  

石岡市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日:2019-03-22

加えて、仮に一般会計予算が否決となった場合、急ぎ暫定予算を作成するわけでありますが、義務的経費が主体となる暫定予算は投資的経費を除くことになるため、道路工事費等にも影響が出ることが想定され、通学路の改修工事経済団体市民団体への補助金の支出が遅れるおそれがあるなど、市民生活に影響を与えることが心配されます。  参考といたしまして、影響があるであろう事業について述べさせていただきます。