77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回定例会−03月17日-05号

整備スケジュールと事業費でございますが、令和2年度は親局設備中継、屋外拡声子局、こちらは友部地区でございます、その整備事業費といたしましては5億5,639万9,000円を見込んでございます。  令和3年度につきましては、屋外拡声子局、こちらは笠間地区、岩間地区でございます。

大子町議会 2019-09-13 09月13日-05号

コミュニティFM放送運営等事業に係る補助金でございますが、FMだいごの運営強化のために主に人件費でありますとか、中継までの通信料でありますとか、そこに係る経費等について前年度中に要望書を受けておりまして、それで特別の決まりはございませんが、前年と同額を支出したところでございます。 

常陸大宮市議会 2019-08-27 09月03日-01号

これらは主に花立中継と再送信子局から電波を受信いたします。 なお、平成29年度及び平成30年度に実施しました同報系の整備箇所も記載してございますので、ご確認お願いします。 次に、工事内容でございますが、参考資料1ページの左側、2番の整備の内容をごらん願います。 

大子町議会 2019-03-12 03月12日-03号

一方、NHKにおいてですが、こちらは、新たな中継の整備予定は現時点ではないと伺っておりますが、現状や課題について、今後相談をしてまいりたいと考えております。 町の支援についてもご質問いただきました。町内には、約50ものテレビ共同受信施設組合がございます。

笠間市議会 2019-03-06 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号

◎山田 資産経営課長  本庁舎の周辺でございまして、まず本庁舎南側の職員駐車場として使っているところの部分と、もう一つ駐車場として、こちらの図書館前のところに土地がございまして、土地を借りている部分、あとそちらの駐車場から役所の庁舎に通路として借りている部分と、あとは旧笠間地域なのですけれども、民放の中継の敷地として2カ所を借りているという部分です。 ○村上 委員長  田村泰之委員。

常陸大宮市議会 2018-08-28 09月04日-01号

黄色の丸が市役所本庁親局、赤色の丸が花立中継、薄緑の丸が再送信子局5カ所でございます。 恐れ入ります、次に、戻っていただいて1ページの右側イメージ図をごらんいただきたいと思います。点線で囲まれましたところが平成30年度整備部分でございます。主なものとして、美和、緒川、御前山地域の戸別受信機更新4,050台及び市内全域に文字表示機能つき戸別受信機130台を整備いたします。

高萩市議会 2018-03-12 03月12日-02号

それに対し、前市長は、「難聴地域総務省許可を得た以外の山間部であり、解消をするためには中継を整備する必要があります。中継1か所当たり1,500万円ほどかかると試算しており、放送地域の変更と、どのくらいの中継を整備しなければならないか調査する必要があります。」と、答弁をされております。

常陸大宮市議会 2017-09-20 09月20日-05号

また、2ページにつきましては、今回整備されます親局、中継、それから再送信子局、屋外拡声子局の位置を示した位置図でございます。 それでは、1ページの右側のイメージ図と、2ページの位置図を見比べながら、ちょっとごらんいただきたいと思うんですが、まず、1ページの市役所本庁親局の位置につきましては、2ページの図につきましては、黄色の丸で示しております。

守谷市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例月議会−06月14日-03号

そして,茨城県放送エリアとするAMラジオ局茨城放送平成27年8月にワイドFMを開始いたしましたが,県南,県西地区では,加波山FM補完中継から電波が入りにくく受信障害が発生するため,守谷市百合ケ丘地内,具体的には清水にあるNTT東日本の守谷電話交換センター,そちらに中継を設置したとのことでございます。  以上です。 ○議長(梅木伸治君) 渡辺秀一君。

行方市議会 2016-03-02 03月02日-03号

今現在空きチャンネルで全てこの4局、実質上5局なんですけれども、ここはあと鹿嶋のほうの中継もありますけれども、チャンネルが通してあいているものについては8チャンネルしかございません。その中で今回ほかのほうで申請をする場合に、もう既に行方のほうが予備免許の申請を行っておりますので、そのチャンネルのほうを現在行方市がとっているものについての確保することは不可能となっております。

大子町議会 2014-11-26 11月26日-04号

また、財務の面では、町全域を放送エリアとしているための親局、中継等、送信所の光回線使用料を初めとする維持管理費用や放送局舎の維持管理費用等を合わせて3,500万円程度の支出が見込まれております。このうち放送事業の収入を1,110万円見込んでおり、この放送事業の収入で賄うことが難しいとされた2,390万円については、計画に基づいて町から補助することとしております。 

高萩市議会 2014-09-11 09月11日-04号

また、市内全域、全ての世帯への設置となった場合に、新たに中継1局当たり1,500万円ということでございます。  1,500万円の試算の内容ですが、申しわけありませんが、手元に資料がございませんので、概要につきましては後ほど答弁させていただきたいと思います。そのほか運営経費等が最低必要になると試算しております。 ○議長(吉川道隆君) 10番 今川敏宏君。

高萩市議会 2014-09-08 09月08日-02号

しかしながら、先ほど600万円程度でこのラジオができるというようなお話がございましたけれども、600万円程度でできるのは、現在あるFMをその緊急告知用に直接情報が伝達できるような改修でございまして、現在今FMが入らない地域につきましては、中継をつくらなければならないというような財政的な負担も生じてきます。

高萩市議会 2014-06-16 06月16日-02号

まず初めに難聴地域の解決策についてでございますが、中継を整備するということもあろうかというふうに思います。しかしコミュニティFMの難聴地域につきましては、先ほど市長公室長がお答えいたしましたように、主に山間地域となってございます。  中継基地を整備するためには、平均で1か所当たり1,500万円程度の整備がかかることも試算をいたしております。

大子町議会 2014-03-17 03月17日-05号

まず、FM放送ラジオに関しましてですが、ラジオを置く理想の場所はというようなご質問があったかと思いますが、これにつきましては、基本的には中継の方向の窓際が理想の場所というようなことになっておりまして、基本的なことでございまして、これ以外の場所でもし感度が余り良好でなかった場合には、これ以外の場所でも探っていただくというようなこともあるかと思いますが、原則中継の方向の窓際ということでございます。 

大子町議会 2014-03-14 03月14日-04号

また、現在はサテライト中継(町付、高柴、頃藤)を受信エリアとする各家庭及び事業所等への緊急告知FMラジオの配布を行っておりますが、親局受信エリアの配布と同様の対応を行ってまいります。 今後は、平成26年度当初予算において計上させていただいたとおり、難聴世帯、あるいは未受信世帯等の受信環境整備等について早急に対応を進め、100%の世帯が受信できるよう努めてまいりたいと考えております。 以上です。

大子町議会 2013-12-10 12月10日-03号

また、このほかのサテライト中継である頃藤、高柴、町付につきましても1月から3月までに順次放送できるよう準備を進めているところでありますが、これらの地域へのラジオの配付につきましても、準備が整った中継に合わせて、親局アンテナからの受信エリアの配付と同様の方法による配付を予定しております。 以上です。 ○議長(吉成好信君) 5番、大森勝夫君。 ◆5番(大森勝夫君) 基本的には郵便物で届くと。