19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

基本理念    従来の産業支援は,中小企業診断資格を持つ相談員が文字通り「貸借対照表を見るなどにより企業の経営状況を診断し,問題点を指摘する」ことに主眼が置かれ,売り上げ拡大や販路開拓などの実績に結びつくことも少なく,年間3桁に満たない相談件数であることが多かった。    

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

これらに加えて,ひたちなか商工会議所と連携し,市内の空き店舗を活用して,新規に開業する方に対し奨励金を交付するとともに,事業開始までのフォローアップとして,中小企業診断などの専門家を派遣しております。  また,経営力向上を希望する既存の商店や飲食店を支援して業績拡大を図るため,繁盛店づくり事業を行っております。  

笠間市議会 2018-06-13 平成30年第 2回定例会−06月13日-04号

事業承継の問題は非常にデリケートで、その事業所、事業所によって内容が全然違っていますから、窓口を設けて、それをきちんとした専門家に、コンサルタントであるとか、中小企業診断であるとか、そういったものにつなげていかなきゃならない、そういうつなげるようなシステムができているかどうか。 ○議長(海老澤勝君) 産業経済部長古谷茂則君。

龍ケ崎市議会 2018-03-02 平成30年  3月定例会(第1回)-03月02日−02号

中小企業診断社会保険労務士を講師としてお招きし,平成29年度は11月1日から12月2日までの間に5日間の講義を行い,女性5名を含む8名が修了いたしました。  次に,起業者等への情報提供の一つとして,毎月発行しているフリーペーパー「Match−46」についてであります。平成29年11月より発行し,市内2万世帯にポスティングにより配布しております。

日立市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017-12-11

厚生労働省によりますこの支援は、育児を理由に離職をすることなく継続して働き続けられるよう企業として取組を行いたいと考える事業主の元へ、中小企業における育休復帰経営支援のノウハウを持つ社会保険労務士中小企業診断などの専門家である育児プランナーが、国の育休復帰支援プラン策定マニュアルを基に育休復帰支援プランの策定を支援するものです。  

龍ケ崎市議会 2017-11-28 平成29年 12月定例会(第4回)-11月28日−03号

次に,台東区においては,企業への訪問に加え,地元の金融機関から区へヘッドハンティングされた職員中小企業診断経営コンサルタントが常駐し,いつでも相談できる態勢を整えております。  ご紹介いたしました3区に共通している課題といたしましては,企業の人手不足や後継者問題,この問題は深刻であると,いずれの自治体からも伺っております。

龍ケ崎市議会 2016-12-13 平成28年 12月定例会(第4回)-12月13日−03号

創業塾の内容につきましては,創業に必要とされる経営,財務人材育成,販路開拓の四つの知識が身につく講座を龍ケ崎商工会の経営指導員をはじめ,中小企業診断税理士社会保険労務士流通経済大学専任講師など,各分野の専門家を講師としてお招きし,合計で4日間,10月29日から11月26日までの間に4日間の講義を行ったところでございます。受講生は女性15人を含む23名が修了されております。  

龍ケ崎市議会 2016-09-12 平成28年  9月定例会(第3回)-09月12日−05号

創業塾の具体的な内容につきましては,中小企業診断流通経済大学教授,地元創業者などを講師に招き,経営,財務人材育成,販路開拓など,創業に必要な四つの分野の知識を学ぶものです。  また,女性創業者の育成の観点から,龍ケ崎市出身もしくは当市在住の女性経営者の方を講師としてお招きし,女性ならではの視点や発想による創業の成功例を実体験を交えてご講話いただく企画なども検討しているところです。  

龍ケ崎市議会 2016-03-08 平成28年  3月定例会(第1回)-03月08日−03号

また,既存企業者に対しましては経営計画のつくり方セミナーや計画支援セミナーなどを開催し,中小企業診断などが講師となり,経営計画の作成方法や新たな取り組みにより経営向上を目指す計画指針についての考え方の講和を行い,後日,個別の相談会で助言指導などを行うサポート体制も整えていると伺っております。  

ひたちなか市議会 2012-06-14 平成24年第 2回 6月定例会-06月14日-03号

なお、多くの出店者が経営の初心者であるため、商工会議所から中小企業診断を定期的に派遣し、経営指導に当たっております。評価としましては、これまでに一定数の出店がありましたが、まだ空き店舗の全面的な解消には至っておりません。そのため、出店条件の緩和について検討し、応募者の増加を図ってまいりたいと考えております。  

龍ケ崎市議会 2012-03-07 平成24年  3月定例会(第1回)-03月07日−05号

相談センターでは,地元金融機関からの派遣のほか,税理士中小企業診断などの専門スタッフが常時10名体制で対応しており,被災事業者の状況把握,被災事業者に合った再生支援,メニューに応じた事業計画や再生計画策定支援,債権者の調整,買い取り価格の妥当性の判断,産業復興機構への買い取り要請等,二重債務問題のワンストップ窓口として機能しているところでございます。  以上でございます。

土浦市議会 2008-06-16 平成20年 第2回 定例会-06月16日−02号

もちろん商工会議所とか,中小企業診断がその側面をバックアップしてやっているわけですけれども,企業を起こす人を行政が支援する。今度は労働者ですよね,労働する側も当然,支援しなくてはならない。  先ほど答弁にありましたように,学校では本当に受験勉強に明け暮れて,いい大学に入れよう,あるいはいい選手になろう。家族ともども叱咤激励して子育てをするわけです。

ひたちなか市議会 2006-06-22 平成18年第 2回 6月定例会-06月22日-付録

1.新規創業支援研修「創業塾」の開催   (1)新規創業支援研修「創業塾」とは     会社を始めたい人、脱サラして独立したい人のために、中小企業診断を講師に迎え、経営のノウハウ及びビジネスプラン作成について実践的に指導を行う研修会。平成14年度から年2回開催(うち2回が市開催、もう1回は商工会議所開催・市後援)。  

ひたちなか市議会 2002-03-14 平成14年第 1回 3月定例会-03月14日-04号

によりまして商工業経営講習会開催事業、あるいは人材育成推進事業、小規模事業者経営相談指導事業、情報技術活用支援事業、さらにはテクノセンターとの連携による中小企業育成支援事業等を実施をいたしまして、さらには商工会議所におきましては創業や経営革新を目指す中小企業者の支援拠点といたしまして、国、県の支援によりますが、地域中小企業支援センターが設置をされ、コーディネーターによる創業、経営、技術などの相談や中小企業診断

日立市議会 1996-03-14 平成8年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:1996-03-14

2つ目の本格的な経営指導技術力のレベルアップ支援でございますけれども、経営指導につきましては、専門知識を有する中小企業診断、または商工会議所中小企業相談所の各種相談窓口、あるいは県といたしましても中小企業診断事業、今後とも県のそういう診断事業を活用することで対応していきたいと考えておるところです。

  • 1