82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-03-15 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号

◆17番(大貫千尋君) そこでなぜ私がこの質問をしますかということは、笠間の子どもたちに平等があってはいけないと思うわけであります。認定される、認定されない、それが結局、認定外の場所で、いろいろな縁故やいろいろなことで預かってもらっている子どもたちが国の制度に合った形で扶助を受けられないというようなことはないですか。 ○議長(飯田正憲君) 保健福祉部長下条かをる君。

下妻市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日)

2015年9月、全国連加盟国193カ国は、よりよき将来を実現するために、今後15年をかけ極度の貧困平等、不正義をなくして私たちの地球を守るための計画、アジェンダ2030を採択いたしました。この計画が持続可能な開発目標、サスティナブルディベロップメントゴールズ、SDGsであります。  

笠間市議会 2018-11-12 平成30年第 4回定例会−11月12日-03号

1、貧困をなくそう  2、飢餓をゼロに  3,全ての人に健康福祉を  4、質の高い教育をみんなに  5、ジェンダー平等を実現しよう  6、安全な水とトイレを世界中に  7、エネルギーをみんなに、そしてグリーンに  8、働きがいも経済成長も  9、産業技術革新の基盤をつくろう  10、人や国の平等をなくそう  11、住み続けられるまちづくりを  12、つくる責任、使う責任  13、気候変動に具体的

ひたちなか市議会 2018-06-14 平成30年第 2回 6月定例会-06月14日-03号

SDGsは,平等をなくそうということや地球環境を守ろうなど,国際社会が取り組むべき世界共通の目標,世界をよりよくするための目標が掲げられております。これは,本市の教育目標の一つであります,世界に視野を広げ,国際人としての自覚を高めるということにも深く関係しているところであり,既に実践しているところでもあります。  

筑西市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−一般質問−02号

◆1番(小倉ひと美君) 平成31年度までの目標、20%ということは達成されておりますが、きょうの新聞に書いてあった記事なのですけれども、こちらインターネット調査会社が調査した意識調査の結果なのですけれども、日本男女平等かという質問に対して、そう思うが11%、そう思わないが63.6%、男女全体で性別による格差平等等が大きいと回答した割合が最も高かったものは、管理職への登用で77.2%もの方が性別

土浦市議会 2018-03-12 平成30年 第1回 定例会-03月12日−02号

10番目,人や国の平等をなくそう。11番目,住み続けられるまちづくりを。12番目,つくる責任,使う責任。そして13番目,気候変動に具体的な対策を。14番目,海の豊かさを守ろう。15番目,陸の豊かさも守ろう。16番目,平和と公正を全ての人に。そして17番目,パートナーシップで目標を達成しようというものでございます。  2016年,政府内にSDGs推進本部が設置をされました。

日立市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-03-05

1、貧困をなくそう、2、飢餓をゼロに、3、すべての人に健康福祉を、4、質の高い教育をみんなに、5、ジェンダー平等を実現しよう、6、安全な水とトイレを世界中に、7、エネルギーをみんなにそしてクリーンに、8、働きがいも経済成長も、9、産業技術革新の基盤をつくろう、10、人や国の平等をなくそう、11、住み続けられるまちづくりを、12、つくる責任つかう責任、13、気候変動に具体的な対策を、14、海の豊

稲敷市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会−03月02日-03号

何か平等だという感じしませんか。  何よりも子育て世代の負担を軽くするいろいろな施策の中で、子育て世代の負担軽減策を探し出して実施する、そういう姿勢が必要なのではないでしょうか。それでこそ100人まで下がった年間出生数を回復することができるのではないでしょうか。それでこそ子育てに優しい稲敷市となることができます。再度、ご答弁願います。以上です。

稲敷市議会 2018-03-01 平成30年第 1回定例会−03月01日-02号

10、人や国の平等をなくそう。各国内及び各国間の平等を是正すること。  11、住み続けられるまちづくりを。包括的で、安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現すること。  12、つくる責任、使う責任。持続可能な生産消費形態を確保すること。  13、気候変動に具体的な対策を。気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じること。  14、海の豊かさを守ろう。

ひたちなか市議会 2016-12-16 平成28年第 4回12月定例会−12月16日-04号

法人税も実質負担率が中小企業は平均20%に対し,大企業は平均12%と著しい平等があります。  大企業と富裕層への優遇税制で税収空洞化しており,その穴埋めに低所得者ほど負担の重い消費税が使われているというのが実際の構造です。この不公平こそ正すべきです。  日本平均寿命は,世界でもトップクラスです。しかし,今,日本高齢者をめぐる現状は,長寿を心から喜べるものとは言えません。

ひたちなか市議会 2016-12-08 平成28年第 4回12月定例会−12月08日-02号

教育する先生方が,そういう平等に悩まされている,こういう現実が本当にあっていいのかどうかということを考えます。  そうした点で,これから公立幼稚園の必要性が高まってくれば,あわせてこの先生方,職員の処遇の問題も考えざるを得ないと思うんですけれども,この点,71%が非正規職員だということを改善する方向というのを考えてはいないんでしょうか。 ○打越浩 議長  木下正善教育長。          

龍ケ崎市議会 2015-12-09 平成27年 12月定例会(第4回)-12月09日−03号

その上で,社会全体で文化資本平等を解消するには,幼児教育保育条件整備が不可欠であると断言します。  欧米における就学前教育に関する政策貧困対策とも結びついており,こうした学力格差,現実を見れば格差の連鎖を断ち切るためにも,就学前教育の充実を真剣に議論すべきときが来ています。教育は未来への投資です。財政が制約される中で継続的な取り組みを実現するためにも,エビデンスは欠かせません。  

常総市議会 2015-05-01 常総市:平成27年5月定例会議(第6回会議) 本文

ですから、そうなると1年で任期が終わった方が全員だったらいいですけども、その中から2名が更新されているということに対しては著しく平等であるし、全員に対して再々任用できるチャンスと可能性を説明するべきだったんじゃないですかと思うんです。その点についてはいかがですか。

土浦市議会 2015-03-17 平成27年 第1回 定例会-03月17日−05号

どう考えても平等ではありませんか。これは「キララ」バスの運行と同じです。現場ではおかしいという声が多いのではないでしょうか。筋の通らないことは早急に是正すべきであります。  したがいまして,議案第28号には当然のこととして反対であります。  続きまして,議案第32号平成27年度土浦市水道事業会計予算について討論を行います。  不明水を少なくし,有収率を上げる努力が,今のところ実っております。

下妻市議会 2015-03-13 平成27年 第1回定例会(第3日 3月13日)

私は、経済的理由から教育平等があってはならないという思いから、そして、子供貧困連鎖をなくせるようにとの思いから、この質問をいたします。  次に、2点目に入ります。人口減少をとめる対策について。  下妻市の、ちょっと古いですが平成12年10月1日現在の人口は4万6,544人でした。現在、2月1日現在の人口は4万3,379人です。この14年4カ月間に約3,200人が減っています。

土浦市議会 2015-03-09 平成27年 第1回 定例会-03月09日−02号

「80年代から米国に倣って平等を助長するような政策がとられ始め」,高額者と低額者の「格差」と「平等」を放置している日本警告を発しております。  また問題は,厚労省高齢者同士の「助け合い」と説明しておりますけれども,介護保険を使う者と,使わない健康者とのいがみ合いの関係になっているということです。

常総市議会 2014-05-01 常総市:平成26年5月定例会議(第2回会議) 本文

そういう状況で、どう考えてもこの都市計画税は、私も何年前か、2008年9月に都市計画税の問題もやりましたけど、その辺は企画としては都市計画税平等さ、税金というのは平等性がなければおかしいと思うので、平等感に対して今後考えがあるかないか。その辺とあわせて答弁を。部長、答えられますか。

大子町議会 2014-04-08 平成26年  4月 臨時会-04月08日−01号

◆8番(佐藤正弘君) できるだけ、町の副町長という重大な責任を負うという形ですので、兼任のところを町民が見て、平等感なり公平性の問題が出てくるようになると問題になるので、ぜひ、事前にそこのところを対処いただきたいということで。結構です、それで。 ○議長(吉成好信君) お諮りします。  日程第7、町長提出議案第39号、本案は原案のとおり圷文男君に同意することにご異議ありませんか。