309件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

結城市議会 2025-09-12 09月12日-02号

さらに,これからの製造業につきましては,AIやロボットの導入に伴う省力化により,工場の製造現場の雇用が減少することも考えられ,工業団地の目標の1つである雇用の増加につながらないといったことも考えられます。 新たな工業団地につきましては,これまでも申し上げました課題を十分に踏まえた上で,市全体の総合的な土地利用を考慮しつつ検討を進めてまいります。 ○議長(大木作次君) 3番 滝沢利明君。

筑西市議会 2023-06-11 06月11日-一般質問-04号

敷地面積で約28.7ヘクタールと約3.9ヘクタール産業ロボット製造業並びに金属製品製造業でございます。 また、用地取得をいたしました企業につきましても2社で、敷地面積は約0.6ヘクタールと約1.0ヘクタール、いずれも食品製造業でございます。 以上でございます。 ○副議長(田中隆徳君) 10番 大嶋茂君。 ◆10番(大嶋茂君) 操業しているのは2社ですか。2社。

結城市議会 2020-09-13 09月13日-03号

人件費の削減については,今まで人が行っていた作業を,ロボットが24時間,365日代行することで,業務のスピードアップに加えて,スケジュール及び業務時間の短縮にもつながることから,既存のコストを大幅に削減することが可能となります。 

龍ケ崎市議会 2020-03-19 03月19日-05号

執行部から説明の後,委員から「今後,人口減少を迎え事務事業を維持していく中で,職員数も抑制されることになりますが,どのような取り組みを考えていますか」との質疑に対し,執行部より「災害対応や福祉などの現場対応を考慮いたしますと,人員削減には限界もありますが,令和2年度からは,定型業務をソフトウエア型のロボットが代行して行うRPAの試験導入を予定しております。

水戸市議会 2020-03-18 03月18日-04号

今後の推進に当たっての体制強化に向けましては,6次産業化や農産物のブランド化をはじめ,情報通信技術ロボット技術等を活用したスマート農業の推進に取り組むため,新たに農産振興課を設置することとしたところでございます。 今後のブランド化の取組でありますが,水戸の柔甘ねぎ,水戸の梅ふくゆいのさらなる知名度向上に向けまして,生産量の拡大や一層のPRに努めてまいります。

水戸市議会 2020-03-16 03月16日-02号

今の子どもたちが生きていく未来は,人工知能,ロボットなどの新たな技術の進展により,変化の激しい時代になると予想されています。子どもたちには,次の時代を切り開くために必要な力が求められており,そしてその力を育むために,これまで以上に学校教育活動に力を注ぐ必要があります。 

日立市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2020-03-12

その結果、選定された教材は「LEGO WeDo」というロボット教材で、各小学校児童3人に1台の配置を想定しております。  この教材を選定した理由は3点でございます。1点目は、子供たちの興味を引きやすい扱いやすさ、2点目は、複数の教科、学年で使用できる汎用性と発展性、3点目は、新学習指導要領に沿った授業例が豊富なことが挙げられます。  

神栖市議会 2020-03-12 03月12日-03号

中学年では、総合的な学習の時間に「風車に命令を届けよう」という授業を行い、体験型のロボット教材で風車を動かすプログラムを組み、身近な生活の中でコンピューターが活用されていることを感じられるようにします。 さらに、高学年では、新しい教科書に掲載されている小学校5年生の算数科「正多角形と角」、小学校6年生理科「電気」の授業コンピューター体験型の授業を行います。 

日立市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-03-09

RPAとは、簡単に言うとパソコン上でのロボットを意味し、職員が行うパソコンの画面上での操作を自動化するもので、例えば、既存のデータ情報システムに入力したり、特定のデータの印刷を指示したりするなどの人による入力や判断を必要とせず、膨大で単純な繰り返し行う業務に有効であり、職員の業務効率向上や人的ミスの削減などにつながります。  

筑西市議会 2020-03-04 03月04日-一般質問-05号

つくば明野北部工業団地(田宿地区)では、産業ロボット製造、関舘工業団地では、金属製品製造を営む企業がそれぞれ操業開始となっております。 以上でございます。 ○議長(仁平正巳君) 8番 稲川新二君。 ◆8番(稲川新二君) 分かりました。今後はどのような進め方をなさっていくのでしょうか。 ○議長(仁平正巳君) 日向市長公室長。 ◎市長公室長(日向裕次君) ご答弁申し上げます。 

小美玉市議会 2020-03-04 03月04日-02号

また、議員ご指摘のとおり、働き方改革の取組を進めるため、地方自治体におけるAIとロボットの活用により作業を自動化するスマート自治体への転換が求められている背景がございます。AI、RPA等の先進技術の導入を初め、新たに取り組むべき課題といたしましてもよく整理いたしまして、量から質へ向けた実施項目の絞り込みについても検討しながら、簡潔で分かりやすい計画を目指してまいります。 

つくば市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会-03月02日-04号

こうした課題の克服策の一つが、人口知能(AI)や情報通信技術(ICT)、ロボットなど先端技術農業に活用するスマート農業の視点であると考えます。  市のスマート農業への取り組み推進についてお伺いします。  (1)農業就業者の年齢構成、規模別農耕地面積の割合。  (2)スマート農業の概要。  (3)市内企業研究所等での取り組み状況。  (4)スマート農業実証プロジェクトの取り組み。  

稲敷市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会−03月02日-03号

激しく変化する社会をたくましく生きる力を求められていると言われるようになって久しいのですが、ロボットやAI技術等の進展で、経済行動が大きく変化していく現在、このままでは、人間の仕事がなくなるかもしれない。科学者や知識人がそう言い始めた昨今、そのようなことになれば、人は転職や起業できる力が今以上に必要になってきます。学校教育の中で、相変わらず忍耐、礼節、協調などが強く言われ続けています。

筑西市議会 2020-02-28 02月28日-一般質問-02号

ロボットによる業務自動化、RPA作業についてであります。県をはじめ、県の幾つかの市町村ロボットによる業務自動化、ロボティック・プロセス・オートメーションを採用する動きがあり、実証実験に取り組んでいる市町村がかなり出てきております。定期的な作業をロボットに任せ、職員の働き方改革、業務の効率化を図るのが狙いであります。これまでの検証の結果、小美玉市では作業短縮に36%の削減効果があったと。

つくば市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会-02月27日-02号

筑波地区の学校跡地は、広域通信制高校や生活支援ロボットコンテストの会場、筑波山ジオパーク中核拠点施設などとして利活用する予定です。こうした利活用を図ることは、施設利用者や来訪者等の宿泊や飲食等につながり、経済波及効果があると考えます。また、学校跡地を地域主体となり、管理、運営を行うことにより、地域拠点として新たな交流の場ができ、地域活性化につながっていくものと考えます。

大子町議会 2020-02-17 02月17日-02号

そういう中で、スマート農業等を取り入れ、ロボット技術やICT、AI、IoT等の先端技術を活用し、省力化や生産物の品質向上を可能にし、農業従事者の高齢化、後継者不足に対応していくことが急務と考えられます。 以上です。 ○議長(大森勝夫君) 鈴木陸郎君。

つくば市議会 2020-02-14 令和 2年 3月定例会−02月14日-01号

旧菅間小学校では、生活支援ロボットコンテストの開催、旧筑波西中学校では広域通信制高校の開校に向けた準備を進めており、旧筑波東中学校では、施設の一部を活用し筑波山地域ジオパーク中核拠点施設の整備に向けた検討をしています。  また、茎崎庁舎や谷田部庁舎の跡地については、現在導入する施設等を検討し土地利用計画案を作成しており、今後これをもとに地域との意見交換をして方向性を決めていきます。

つくば市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会-12月12日-04号

今年度は、勾玉づくりなど学校では体験できない歴史分野を加え、ロボット操作体験による科学分野、チョウザメの生態から環境を学ぶ自然分野と合わせて3分野構成としました。  さらに、科学分野については、これまで応募過多により抽選をしていたものを、募集人数を拡大し、2部構成とし、充実を図りました。  青少年の居場所づくりについては、7交流センターで実施している事業を継続していきます。