運営者 Bitlet 姉妹サービス
1524件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-12-05 その中で、策定のポイントとしては、1つは地域の災害リスクを点検、2つとしては近隣同士で行動を明確化、3つとして議論を積み重ね、意識の共有ということがやっぱり大事だと思うんですね。 もっと読む
2018-12-04 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-12-04 産科は、今、部長がおっしゃられたように、時間も不規則になりますし、リスクも大きいものを持っている。医師免許というのは1つしかないわけですよね。医師免許を国家試験で受かって、研修医を経て、それから自分の専攻というか、専門医をそれぞれ目指すわけです。その中で、産科という専門の道を選ぶ先生方が大分減っていると。 もっと読む
2018-09-20 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月20日-05号 ているんですけれども,こうしたことが近年では,クックサーブというような形でもっと進化しているんだろうというふうに思いますけれども,こういうシステムの中で,貴金属の探知とか,あるいはオゾンの発生及びコンピューターの設置などというようなことが義務づけられてくるんだろうと思いますけれども,それでは,おとついの発言の中でも,今のものを建てかえ,7,000食を目指すということであれば,このままではとても事故の発生リスク もっと読む
2018-09-18 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月18日-04号 新聞報道では,災害リスク学の大学教授がスマホは既に生活に欠かせない情報機器となっており,災害時だけほかの手段で情報を得るのは非現実的とも指摘しており,災害時の支援システムとして,行政が電源確保を主導する必要があるとも述べております。  当市におきましても,小中学校等におきまして,非常電源というものが設置されておらず,有事の際には,外部電源というものが必要となってくるのではないかと思います。 もっと読む
2018-09-14 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−議案質疑・委員会付託−07号 西部医療機構出資金の算定方法でございますが、開始貸借対照表にございます現金を除く資産の額から、負債と中期計画期間中の変動リスクを考慮した純資産との差額、これを出資金として算定しております。  以上でございます。 ○議長(金澤良司君) 8番 小島信一君。 ◆8番(小島信一君) やはり我々がいただいた、この開始貸借対照表というものに回答があるようなのです。   もっと読む
2018-09-14 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月14日-03号 あと災害の防止,災害時のリスクの軽減ということで,こちらはまだ大規模な災害がありませんので検証ができていないというような形です。あと一番大きな目的,良好な景観,住環境の形成とうような形でそれは達成していると思われます。いずれにしましても,三つの利点がございますが,守谷市としては,そういう宅地開発事業等々とあわせてコストを削減した中で無電柱化を進めているというような現状でございます。以上です。 もっと読む
2018-09-13 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月13日-02号 しかし,彼らの受けた健康への影響調査は6割以上の協力が得られず,7年たった今も汚染のリスクは解明できていません。でも,ホットスポットであったここ守谷市として,今後も子供の健康調査などに目を離すべきではないと考えます。ついきのう,私どもの議員のタブレットに,学校健診のデータベース化というメールが入りました。 もっと読む
2018-09-12 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問−05号 また、リスク管理といたしまして、危機管理体制がどのように行われているか。その他といたしまして、社員、従業員の育成について、またその業務にかかわる独自の提案事項等がございます。また、最後には試食会、見た目、食べやすさ、味、創意工夫、そういうことを含めまして合計200点の配点から採点を行ったところでございます。 ○副議長(増渕慎治君) 15番 外山壽彦君。 もっと読む
2018-09-11 筑西市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号 ですから、やはりいざというときの避難場所とか、自分の住んでいるところがどのような危険リスクがあるかというのを知る上では、とても重要なハザードマップなので、その辺を知っていただかないことには、全戸配布した意味がないかと思うので、その辺その重要性を周知する、そういう対応ってどのようにやっているのか、お伺いいたします。 ○議長(金澤良司君) 鈴木市民環境部長。 もっと読む
2018-09-07 結城市議会 平成30年第3回 定例会-09月07日−03号 山もないし,海もないと,そういった立地条件でありますので,災害リスクが非常に少なく感じているところであります。  ここでまた再質問ですが,自主防災組織の結成を促すための補助事業が市と県にありますが,この補助事業の使用について伺います。 ○議長(秋元昇君) 市民生活部長 本多武司君。    もっと読む
2018-09-06 結城市議会 平成30年第3回 定例会-09月06日−02号 なお,文書の電子化につきましては,データの消失や情報の漏えいなどといったリスクが想定されることから,定期的なデータのバックアップや外部記録媒体への情報の移動の制限などのセキュリティ管理を徹底していく必要があると考えております。 ○議長(秋元昇君) 3番 會澤久男君。 もっと読む
2018-09-05 結城市議会 平成30年第3回 定例会-09月05日−01号 審査の結果,各基金とも設置目的に沿って適正に運用されるとともに,運用に際しての管理リスクの回避と効率的な管理のため,金融機関の定期預金,普通預金を活用する等,効果的に運用されているものと認められました。  なお,貸付実績が低調なものも見受けられましたが,引き続き制度の周知等により効率的な運用に努め,一層の成果が上がるよう期待するところであります。  次に,水道事業会計についてご報告いたします。   もっと読む
2018-06-20 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月20日−06号 一般質問でも申し上げましたけれども,自治体経営のリスク管理という面でお話しをさせていただきます。 自治体の政策においては,100点満点はないということを一般質問でも申し上げたとおりでございますけれども,政策においてはベストより,よりベターを推進するというのが基本だというふうに思っております。 もっと読む
2018-06-14 ひたちなか市議会 平成30年第 2回 6月定例会-06月14日-03号 このような状況で,新規制基準が満たされ再稼働すればリスクはさらに高まり,万一事故が起きれば,住民の命,財産,居住権,学習権などは失われてしまいます。福島原発事故のシビアアクシデントを教訓として,東海第二原発は二度と事故は起こさせてはならないということで,原発立地自治体の首長懇談会が立ち上がり,東海村を初め5市が連携し,事前了解を求めてきました。   もっと読む
2018-06-13 筑西市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問−05号 それで、所有者側のほうにもいろいろな課題というのがあるかと思うのですが、所有者の空き家放置リスクに関する認識の低さ、そういう部分も今回の計画の中では、空き家に対する課題の中の一つに入っておりましたけれども、これは所有者の認識の低さという部分に対しまして、どういう対策をしていくのでしょうか。 ○議長(金澤良司君) 鈴木市民環境部長。 ◎市民環境部長(鈴木建國君) ご答弁申し上げます。   もっと読む
2018-06-13 ひたちなか市議会 平成30年第 2回 6月定例会-06月13日-02号 このように熊本地震においても,阪神・淡路大震災同様,新耐震基準が倒壊のリスクを減らすために機能していたことがわかります。  昨年9月の議会での同僚議員の質問の答弁では,「住宅耐震化率の目標を32年度までに90%以上として,さらには耐震性を有しない住宅の解消に努めてまいりたい。 もっと読む
2018-06-12 石岡市議会 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-06-12 また、地方気象台と自治体の平時からの連携強化につきましては、1つ目といたしましては、自治体職員が地域の災害リスクを認知し、緊急時には防災気象情報を読み解き、防災対策に活用できるよう、平時から研修・訓練などの充実を図るものと考えております。   もっと読む
2018-06-12 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−04号 二つ目は,今申し上げました日大の事例のように当市のガバナンス及びリスク管理にかかわるマネジメントという意味で,龍ケ崎市の自治体経営と内部統制制度についての見識と状況について質問をしていきます。   もっと読む
2018-06-11 守谷市議会 平成30年 6月定例月議会−06月11日-03号 今後,保険を使うリスクの高い高齢者がふえる中で,今回保険料を下げる根拠になったのはどういうことなのか,最近の保険料の現状と推移,また今後の見通しについて伺いたいと思います。 ○議長(梅木伸治君) 保健福祉部次長小林伸稔君。 ◎保健福祉部次長(小林伸稔君) それでは,介護保険料の現状につきまして,まず初めにお答えさせていただきます。   もっと読む
2018-06-11 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−03号 しかし,そのような状況に陥ることを避けるため,本エリアの開発につきましては,計画段階から民間事業者をパートナーとして活用することや保留地処分までを含めた業務代行方式の採用につきまして,地権者の皆様と意見交換会を行いながら,リスクを回避できるような手法の検討を進めてまいりたいと考えております。   もっと読む