384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

そこでは、その施設個人団体の特徴に合わせた診察や介護高齢者の生きがいづくり、スポーツ、シルバーリハビリ体操、ラジオ体操の普及活動、生涯学習ほか、様々なイベントがなされていて、高齢者も様々な方々が参加されています。  しかしながら、事業をやっているということは伝わってきますが、その事業が2025年問題にどう結び付いていくのか、いま一つ、その道筋が伝わってきていないように思われます。

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第5回会議) 名簿

│ │    │            │4 防災行政無線について             │ │    │            │ 1)同報系無線によってカバーが難しい状況がある地区│ │    │            │  や世帯に対する防災ラジオ等の導入についての考え│ │    │            │  はあるか。                  

ひたちなか市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会-03月25日-付録

(2)原子力災害対応の全体像(事故発生から避難まで)  ①事故等が発生   ⇒市民への情報提供を開始   見附市では,市民への情報提供手段として,見附市緊急情報メール,緊急速報メール,屋外スピーカー広報車,新潟放送データ放送,FMラジオ,FAXあらゆる手段を用いて情報を発信する。   

下妻市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会(第4日 3月15日)

現在進めている高齢者の体操などにも取り入れていっていただいているということですが、そうしたものを漠然とではなくて、やはりどんどん啓蒙していってほしいのと、また、朝礼、ラジオ体操とかやっているところで、そういった発声運動も取り入れてもらうとか、身近なところにどんどん取り入れていただきたいと思います。

神栖市議会 2018-09-28 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−05号

問 防災ラジオ電波受信料の無料化について伺いたい。  答 年間約1千円かかってしまいますが、普及にも関わることなので、今後防災減災対策チームで検討していきます。                (都市整備部関係)  問 かみす防災アリーナの駐車場不足について伺いたい。  答 大きなイベントとして、かみす舞っちゃげ祭りが行われており、現状では来場者に不便をきたしていると感じています。

神栖市議会 2018-09-14 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

地域のつながり強化についてですが、埼玉県の川越にあるある地域では、この指とまれ的な1人から始まった朝のラジオ体操が25年も続いて、30人、40人とどんどん増えてくるそうです。脳梗塞で数年前に倒れた壮年の方も、そのおかげで今では元気になったとのこと。さまざまな角度からつながりをつけるのも1つだと思います。  

神栖市議会 2018-09-13 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

次に、住民への情報発信はどのようにするのかとのお尋ねでございますが、現在、災害時には防災行政無線、防災ラジオ、メールマガジン、ホームページ、ツイッター、防災行政無線テレホンサービスを使い、防災行政無線の放送内容を市民の皆様に提供するほか、テレビラジオエリアメールなど、さまざまな方法で災害情報を発信することとしております。  なお、その他のお尋ねにつきましては、担当部長に答弁をさせます。

坂東市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

2番目といたしまして、防災ラジオ無償配付について伺います。  防災ラジオは、防災行政無線として災害などの緊急時に市民情報を提供し、適切な行動をとっていただくために、平成28年11月から放送を開始しております。市民または市内の事業主の方には、1台3,000円のご負担でご利用ができます。生活保護受給者には、無償配付とのことであります。これも大変よいことで、うれしく思っております。

日立市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-09-11

まず、市民への情報発信ですが、市から各戸への情報伝達の基本としております防災行政無線について、今年度、ケーブルテレビ回線を介して、放送内容を戸別受信機で受信できるよう工事を行うなど、着実な運用を図っておりますが、これに加え、停電時でも、ラジオスマートフォンなどで有効情報を入手できる地域FM放送の更なる活用も進めてまいりたいと考えております。  

行方市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−05号

これは電源、停電した場合においては、家庭内では電気がつきませんので、車による情報ラジオと同じですけれども、地域情報がとれるという条件になってまいりますので、今回、北海道も大きな地震がありまして、その隣の安平町もエリア放送をやっているということでございますが、我々としましては、防災減災においての情報をとれる手段、よくテレビラジオもしくは、今回は我々もう一つの手段としましては、エリア放送という方法論

筑西市議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月07日−一般質問−02号

これはどこでとったのでしょうか、記事で載っていたのですが、一番多かった避難行動をとるきっかけになったのが、33.5%、これが周囲の環境の悪化ということでありまして、要するに水があふれてきたとか、そろそろまずい状態だなということで逃げ出したというのが33.5%、実際はこれでは遅いということなのですが、次が消防警察の呼びかけが14.8%、近所の人の呼びかけが9.3%、家族親族の呼びかけが7.7%、防災無線が7.4%、テレビラジオ

筑西市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−議案上程・説明−01号

今年度は、昨年策定いたしましたマスタープランに基づき、筑西ブランド農産物認証を初め、主要駅でのPRイベントやラジオ広告等のさまざまなメディアを活用したプロモーション展開を計画しております。  また、二宮尊徳ゆかりの自治体である北海道豊頃町との互産互生事業の取り組みを昨年に引き続き実施いたしました。

常総市議会 2018-08-01 常総市:平成30年8月定例会議(第9回会議) 本文

これを見ると、室外にもアンテナをつければ、なおその感度というか、性能よく受信できるとあるんですけども、今100機つけた、試験的につけたところは、その受信機についているアンテナ操作、これは昔からのラジオアンテナみたいな、ああいうものだけで可能だったのか、それともやっぱり屋外に受信アンテナも設置したのかどうか、ちょっと教えていただきたいです。