124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

龍ケ崎市議会 2018-09-06 平成30年  9月定例会(第3回)-09月06日−02号

その具体的な内容でございますが,市が策定している地域防災計画国民保護ハザードマップ,降雨,竜巻情報震度計測と震度情報,雪対策,弾道ミサイル落下時の行動,防災無線放送の内容確認方法,罹災者証明書の発行,消防団に関する情報防災無線の変更点,市の設置している防災施設の説明,非常時防災グッズの紹介,今年の5月に市内全戸に配布しました「防災の手引き」などがあります。

常総市議会 2018-08-01 常総市:平成30年8月定例会議(第9回会議) 本文

よく防衛庁ミサイルのお金払ったとか、何々が高いといって返却になるでしょう。専門的に調べたら、人件費水増しとか、そんなのしてないと。それと同じでしょうよ。まして随契で。もう幾ら話したって時間の無駄だから、ちゃんと法的なあれで調べるから。これも全部、マスコミに私、ちゃんと発表して、マスコミで全部聞かせてもらいますよ。

常総市議会 2018-05-01 常総市:平成30年5月定例会議(第3回会議) 本文

初めに、待望の「わが家の防災ガイドブック」が、応用1章に常総市の災害、詳しく述べれば風水害、または地震、弾道ミサイル落下時、火災等、そして2章には情報と連絡、3章には災害の備え、4章には要配慮者への対応、5章にはハザードマップ、6章には避難所、ヘルプカード、最後に常総市洪水ハザードマップ等、あってはならない、平成27年の9月、関東東北豪雨時、常総市は甚大な災害からの貴重な教訓、特に避難所での障がい

ひたちなか市議会 2018-03-13 平成30年第 1回 3月定例会−03月13日-04号

しかし,一方,北朝鮮によるミサイル発射実験が繰り返されるなど,我が国の平和が脅かされるような事態に直面しつつあることも事実であります。このような状況下で,平和を維持し,真に国民を守るための実効的な法整備が必要であるとの議論についても,私としては理解できるところであります。  しかし,憲法の改正は,今後の日本の方向性,世界における日本のあり方にかかわる大変重要な問題であります。

龍ケ崎市議会 2018-03-05 平成30年  3月定例会(第1回)-03月05日−03号

当市では,防災減災日本一を目指して,県内初の龍ケ崎市災害受援計画の策定,弾道ミサイル飛来対応避難訓練,子どもの災害用備品の充実強化,県内初の防災士連絡会の設置など,先進事例にチャレンジしてきました。また,災害時用マンホールトイレの設置も決まりました。  そして,当市では災害時要援護者避難支援プランとして,高齢者や障がいのある方を災害から守るために支援対策に取り組んでいます。

神栖市議会 2017-12-19 神栖市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月19日−02号

理由として、北朝鮮による弾道ミサイル核実験のほか、北九州北部豪雨による被害、北海道産のジャガイモ不足などが挙げられるとしております。2位以下は、政治、まつりごとの「政」、「不」、「核」と続いたが、いずれも北朝鮮を連想させる1文字のように感じるのは私1人ではないと思います。  「北」という字は、2人の人間が背中を向かい合わせる姿からできたという。

筑西市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−一般質問−03号

ことしは振り返りみれば、大きなこととしては、九州北部豪雨災害、また北朝鮮におけるミサイル発射で初めてJアラートがこの筑西市にも鳴り、緊張感が走ったことなどがあります。また、最近では座間市事件、今までに例のないような事件があったこと、このようなことも国民に多くの不安と、そういうものを与えた事件ではなかったでしょうか。

筑西市議会 2017-12-01 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月01日−一般質問−02号

Jアラートにつきましては、弾道ミサイル情報緊急地震速報などの緊急情報を国から住民まで瞬時に伝達することを目的としたシステムでございます。具体的には、弾道ミサイル発射といった緊急事態が発生した場合に、国の機関から当該情報を送信しまして、市町村防災行政無線を自動起動することにより、速やかに住民に周知するシステムとなっております。  以上です。 ○議長(金澤良司君) 9番 大嶋茂君。

筑西市議会 2017-11-29 平成29年 12月 定例会(第4回)-11月29日−議案上程・説明−01号

朝鮮からは8月、9月と2回にわたり日本上空を通過する弾道ミサイルが発射され、この地域にもJアラートによる警報が発せられました。また、けさ3時15分、再びミサイルの発射がありました。市民の皆様にとりましては、大変不安を覚えたことと思います。いまだに次の核実験ミサイル発射に関する報道が流れておりますが、一日も早く市民の生活が脅かされることのない日が来ることを願うものであります。  

常総市議会 2017-11-01 常総市:平成29年11月定例会議(第15回会議) 本文

この前も言ったように、北朝鮮からのミサイル攻撃、また太陽からのメガフレア、そういう常に我々を取り巻く環境はメガクライシスに取り巻かれていると、そういうふうな思いでいけば、一日も早い防災計画、それを策定して、いかに市民の安心・安全を守るか、生命財産を守るか、これが我々の喫緊の課題であります。

行方市議会 2017-10-16 平成29年 10月 定例会(第3回)-10月16日−02号

ご存じのように北朝鮮におけるミサイルの発射についてであります。このような憂慮すべき緊張の昨今であります。また、その一方では、以前には想定されなかったほどの50年に一度あるいは100年に一度と言われる記録的な気候変動による自然の猛威による災害の発生が多々起きております。小さな自治体といえどもその末席に身を置くものの一人として、みずからの立つ位置の自戒、使命の再認識をするところであります。  

東海村議会 2017-10-13 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月13日−04号

朝鮮首都平壌から午前6時57分頃、弾道ミサイル1発を東北東方向に発射をしました。このミサイルは8月末の発射に続き、再び北海道上空を通過、襟裳岬の東約2,200キロ太平洋に落下をいたしました。発射直後にその情報全国瞬時警報システム(Jアラート)に連動した防災無線やメールにより国民に伝えられました。ミサイル発射の警報に多くの人が恐怖を募らせたと思います。  

神栖市議会 2017-09-28 神栖市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−05号

答 コンビナート各社と市役所警察消防等の関係機関で構築されている特災協無線を用いて、有事の際に情報伝達することは防災有効であると考え、今後、各機関の特災協担当者で、弾道ミサイル発射の後に無線を有効活用する際のハード面、ソフト面の課題等を協議し合う場を設けるなど、検討していきたいと考えます。                (都市整備部関係)  問 公共看板にカミスココくんは利用できないか。  

筑西市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号

先月29日に引き続き、今月15日にも北朝鮮からのミサイル発射情報を受けてJアラートが発動されました。児童生徒がとる行動につきましては、事前に学校から子供たちと保護者に周知するとともに、登下校時の場合には地域の皆さんに子供たちが避難させていただけますよう、学校だより等を通してご協力をお願いしてまいりました。  

神栖市議会 2017-09-15 神栖市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月15日−04号

◆16番(関口正司君) 今朝、防災無線が物すごい音で鳴りましてびっくりしたんですけれども、そうしましたら全ての放送局、民放からNHKまで北朝鮮ミサイルの話でした。昨日ですか、アメリカのイージス艦に給油をしているということがわかりまして、我々が知らない間に戦争当事国にもう既になっている、まさに大本営発表という、ああいう状況だったのかなということで大変心配されます。

筑西市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月15日−議案質疑・委員会付託−06号

◎市長(須藤茂君) 本日、午前6時57分ごろに発射されました北朝鮮からの弾道ミサイルの件についてご報告をいたします。  Jアラート放送時、消防担当職員古河市で行われます消防団放水大会の統一訓練参加のため、下館庁舎から出発するところでしたので、職員初動体制マニュアルに従い、直ちに下館庁舎に戻り情報収集を開始いたしました。

笠間市議会 2017-09-15 平成29年第 3回定例会−09月15日-06号

ミサイルが飛び交ってる時代ですよ。しみじみしてくださいよ、答弁はいいです、結構です。 ○議長(海老澤勝君) ほかに質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(海老澤勝君) 質疑を終わります。  討論に入ります。  通告がありますので、発言を許可いたします。  15番萩原瑞子君。