513件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2022-06-08 令和 4年第 3回 6月定例会−06月08日-02号

また,利便性が期待されるマイナンバーカードによる健康保険証や,公金受取口座登録も始まります。今後,デジタル化の流れに取り残されないよう,デジタル機器に不慣れな高齢者等を対象としたスマホ活用講座相談会を開催していただき,情報格差解消を図るべきと考えます。  そこで,本市の現状と今後の取組についてお伺いいたします。  4項目め障害者福祉について2点お伺いいたします。  

小美玉市議会 2022-06-08 06月08日-02号

マイナンバーカード普及推進し、DXによる新たな市民サービスの構築と行政コンパクト化スマート化を図るとともに、公有財産を含めたファシリティマネジメント推進、さらにはTX茨城空港延伸など近隣自治体との連携を強め、広域行政推進などを盛り込む第4次小美玉行財政改革大綱を着実に進め、将来にわたり次世代の子どもたちへの新たな負担とならないよう市民皆様共通理解の下、今ある行政サービスを維持していくためにも

ひたちなか市議会 2022-03-28 令和 4年第 1回 3月定例会−03月28日-06号

国のコロナ対策は,感染防止においても困難な中にある事業者支援においても,困窮者支援においても全く不十分なまま,医療や年金などの社会保障を削減し,一方で不要不急大型事業には多額予算をつけ続け,またコロナ禍に乗じて,行政デジタル化に向けた取組を,マイナンバーカード普及とともに加速させており,本市令和4年度予算は,その影響を強く受けたものとなりました。  

ひたちなか市議会 2022-03-14 令和 4年第 1回 3月定例会−03月14日-05号

また,住民票の写し,印鑑登録証明書住民税課税証明書等は,マイナンバーカードがあれば市役所に来庁することなく,コンビニエンスストアで午前6時30分から午後11時まで取得が可能です。  マイナンバーカード交付率は現在38.6%と,1年間で13%以上伸びている状況もあり,この伸びに応じてコンビニ交付利用も年々増加しておりまして,令和3年度は2月までで1万件を超える利用がありました。  

ひたちなか市議会 2022-03-03 令和 4年第 1回 3月定例会−03月03日-02号

コロナ禍に苦しむ市民の生活やなりわいを守ること,きめ細やかなコロナ対策コロナ禍の今だからこそ機動的に実施することが何より求められているときに,マイナンバーカード利活用促進常陸那珂港の開発予算など不要不急予算前倒しで計上されるなど,市民に寄り添った予算とは言えません。  以上を指摘し,議案第18号 令和3年度ひたちなか市一般会計補正予算(第14号)に対する反対討論とします。  

小美玉市議会 2021-09-22 09月22日-05号

次に、議案第70号 小美玉手数料条例の一部を改正する条例については、マイナンバーカード発行主体地方公共団体情報システム機構となり、手数料も同機構が設定することに伴い、マイナンバーカードの再交付手数料を削除するため、条例の一部改正を行うものと説明を受けました。 審査の結果、本案については全会一致で可決すべきものと決しました。 

ひたちなか市議会 2021-06-16 令和 3年第 4回 6月定例会-06月16日-02号

本市オンライン化している行政手続につきましては,ただいまご答弁申し上げましたようにマイナンバーカードが必要でございます。市民皆様行政手続利便性を享受していただくためにも,マイナンバーカード有効性を周知しながら,取得率を高めていくことが大切であると考えております。  

下妻市議会 2021-06-11 令和 3年 第2回定例会(第3日 6月11日)

スマホを持っていて、便利なところを使えない、そのためには勉強会ということで、通告書に出したのですけれども、ずばり入れてあげる、そのアプリを取り込んであげるところまでやることのできる窓口、決まっていなくても、今すごく便利だなと思うのは、マイナンバーカードのところで、1階に行っていくと、座ればいろんなこと聞きながら全部できてしまうのですね。

ひたちなか市議会 2021-06-10 令和 3年第 4回 6月定例会-06月10日-目次

………………………………………… 40      (1)現在の加入率について      (2)子ども会が抱える課題について      (3)子ども会活性化に向けた施策について      3.行政デジタル化について ……………………………………………………… 41      (1)本市オンラインで完結できる行政手続きについて      (2)デジタル化推進課題と進展について      (3)マイナンバーカード

ひたちなか市議会 2021-03-26 令和 3年第 2回 3月定例会−03月26日-06号

マイナンバーカード交付事業のための予算が4,892万3,000円計上されています。菅政権コロナ禍に乗じて多額税金を投入し,デジタル改革を一気に進めようとしています。その中心的な役割を果たすマイナンバーカードを全国民普及し,行政のあらゆる分野デジタル化を進め,個人のあらゆる情報マイナンバーにひもづけようとしています。  

ひたちなか市議会 2021-03-26 令和 3年第 2回 3月定例会−03月26日-06号

マイナンバーカード交付事業のための予算が4,892万3,000円計上されています。菅政権コロナ禍に乗じて多額税金を投入し,デジタル改革を一気に進めようとしています。その中心的な役割を果たすマイナンバーカードを全国民普及し,行政のあらゆる分野デジタル化を進め,個人のあらゆる情報マイナンバーにひもづけようとしています。  

東海村議会 2021-03-24 03月24日-06号

マイナンバーカード使用は、情報漏洩の危惧や国家による個人の監視につながると言われ、使用の強制とも取れる対応はやめ、村民の自主判断を尊重すべきです。 2点目は、港湾整備工事前倒し工事としてケーソン函分根固めブロック製作及びケーソン1函の打ち継ぎが示されたことによる負担金支払い540万6,000円の増額支出が計上されていることです。

日立市議会 2021-03-19 令和3年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2021-03-19

次に、所管する歳出の主な内容でありますが、契約差金事業費の確定に伴う不用額の整理を行うもののほか、マイナンバーカード関連事務の委託に係る負担金の増に伴う戸籍住民記録等事務経費増額や、県が前倒しで実施する日立港区の沖防波堤修築事業負担金の増による日立港整備事業費増額などについて執行部から説明を受け、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  

笠間市議会 2021-03-18 令和 3年第 1回定例会−03月18日-06号

そこで、デジタル化の柱の一つが個人番号カード、いわゆるマイナンバーカード活用と、そのための個人番号カード普及が重要なものと位置づけられております。  個人番号カード活用は、個人情報の漏えいを通じて個人人権侵害につながる懸念があります。3年前に、日本年金機構データ入力を委託した会社が、契約に違反して500万人分の情報を中国の業者に渡し、入力を再委託したことが明らかになりました。