142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神栖市議会 2020-12-08 12月08日-03号

昨年の11月から住むところもなく、ホームレスだったと言います。そうしたら、ほかにもまだいるというのですから、驚きました。そうした人たちの生まれる根底に政治があると思います。この人たちに一日も早く行政の手を差し伸べてください。お願いします。 実は、この人たちの出会いは、捨て犬、捨て猫を面倒見ている方たちの発見でした。40年間、捨て犬、捨て猫の対策を自費でやっていたそうです。

水戸市議会 2020-09-15 09月15日-03号

貯金も底をつき,このままではホームレスになってしまうと訴えておりました。今こそ感染拡大の防止と市民の暮らしと営業を守る市政が求められていると思います。 最初に,国保税後期高齢者医療保険料減免について質問いたします。 国保に加入する自営業者や非正規労働者コロナ禍生活に困窮し,国保税支払いが困難になっております。

水戸市議会 2019-12-10 12月10日-03号

また,50歳代の男性は,差し押さえになると月10万円しか残らず,住宅ローン支払いができなくなってしまう,ホームレスになってしまうと訴えておりました。私は,今年11月14日に総務省住宅ローンの扱いについて直接確かめましたが,生活が困窮するような差し押さえは行うべきではないと回答がありました。 水戸市は生活実態に合った対応を求めますが,いかがでしょうか。 

日立市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-12-09

所得介護施設には高くて入れないという行き場を失った人が脱法施設を利用したり、ホームレス用の宿泊施設を転々としたりするなど深刻な状況が広がっています。シニアマンションなどの看板で大量の高齢者を収容していた住居施設が、入居者を拘束・拘禁状態にしていた事件もありました。国はこうした状況を一刻も早く改善するため、低所得者も入居可能な特別養護老人ホーム抜本的増設を図る方向をとるべきです。  

水戸市議会 2019-09-24 09月24日-05号

訴えられた人の中には,分割納入をしているのに強制退去を求められ,アパートを見つけることができないと訴えている80歳代の方や,ホームレスになった方もおりました。 裁判をやめて,国の通知に沿って,入居者実態に沿った分納納入生活保護の適用など,福祉部局との連携を行うことを求めます。 水戸市の家賃減免制度は,生活保護基準以下の収入でなければ適用されません。

水戸市議会 2019-06-18 06月18日-06号

この80歳代の方は,高齢者民間アパートを見つけることが非常に厳しい,ホームレスになってしまう,命にかかわる問題として分割納付を認めてほしいと訴えております。また,別な方は,今回の裁判強制退去になり,次の家が見つからず,ホームレスになった人もおりました。余りにも市民に冷たい市政ではないでしょうか。強制退去を求める裁判は行うべきではありません。 

結城市議会 2019-06-17 06月17日-03号

保健福祉部長 本多武司君登壇〕 ◎保健福祉部長本多武司君) 無料低額診療制度の概要についてでございますが,この事業は,生計困難者のために無料または低額料金診療を行う事業として,社会福祉法第2条第3項第9号に規定されたもので,事業対象者について,厚生労働省は,低所得者,要保護者ホームレス,DV被害者人身取引被害者などの生計困難者としております。 

鹿嶋市議会 2019-06-12 06月12日-一般質問-02号

対象者は低所得者、要保護者ホームレス、DV被害者など生活困窮への支援という観点からは大変意義のある事業です。憲法25条は、生存権、国の社会的使命が書かれています。その中で、①、全ての国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利②、国は全ての生活部面において社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならないとあります。

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

次に、(3)無料低額診療事業等の周知についてでございますが、無料低額診療事業は、低所得者ホームレス、DV被害者及び人身取引被害者等生計困難者が、経済的な理由によって必要な医療を受ける機会を制限されることのないよう、無料または低額料金診療を行う事業でございます。  現在、茨城県内にはこの事業を実施している医療機関は10カ所ございます。

日立市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-12-10

制度から外された人たちは低所得者にカウントされますが、彼らの貧困は何ら解決していないと言い、無職の若者やワーキングプアの人たちが増え、賃金労働に就きながら貧困状態に陥るという現実が一般化していること、また、それが若者のフリーターだけの問題でなく、年金収入だけでは暮らしていけない高齢女性がいること、広い意味でのホームレス、つまり、ネットカフェなどで暮らす住居喪失者が増えていることを指摘しています。  

つくば市議会 2018-10-10 平成30年決算特別委員会−10月10日-03号

中にはホームレスになっている方も全国的には出てきているという情報もありますので、去年の段階で、当つくば市が相談を受けた内容とか対応とかありましたら聞かせてください。 ○小久保 委員長  中泉総務課長。 ◎中泉 総務課長  避難者支援についてでございますが、現在、211世帯、517人の方がつくば市に避難をされております。  

守谷市議会 2018-04-23 平成30年 4月23日議員政治倫理検討特別委員会-04月23日-01号

佐藤弘子 委員  これは前から言われていることなんですけれども,この地方議員の場合においては,25歳を過ぎるとその日選挙権が得られているわけであって,そして例えばですね,極端な話,ホームレスであっても立候補する,日本国民であればできるわけですよね。ホームレスに近いような方でも。そういうところが……。 ◆青木公達 委員  公民権がないと立候補できない。 ◆佐藤弘子 委員  立候補ね。

神栖市議会 2018-03-07 03月07日-03号

子どものたまり場や神栖市内では余り見かけませんが、ホームレスの出入りなど、犯罪の温床にもなりかねません。 空き家の増加は景観上の問題だけでなく、犯罪や放火の要因にもなることなどから、近隣住民は日々不安を抱えながら生活を余儀なくされているのではないでしょうか。空き家問題が悩ましい点は、所有者私有財産であるため、所有者管理責任に委ねられていることだと考えます。

龍ケ崎市議会 2017-03-23 03月23日-06号

執行部から説明の後,委員から「牛久沼保全対策事業として牛久沼運営協議会へ交付されている100万円の交付金使用状況についてお聞きします」との質疑に対し,執行部より「牛久沼運営協議会牛久沼の利用について協議調整をするという目的で設置されていることから,過年度では消耗品等の支出のみの場合もありましたが,今年度では牛久沼の道の駅建設予定地にありました,ホームレスが居住していた小屋の撤去費用や牛沼の上流域

水戸市議会 2016-12-13 12月13日-03号

2014年8月の横浜の事件では,警察認知症だと気づかなかったと答えているように,ホームレスの人と思い込んで派出所で保護した認知症患者をせっかく発見できていたのに,深夜に保護せず帰してしまい,死に至らしめてしまったケースもありました。警察側としては,徘徊者がはっきりと受け答えをしており,不審点も認められなかった,見た目や雰囲気だけではわかりにくかったと証言していました。

神栖市議会 2015-12-08 12月08日-03号

3つ目に、ホームレスの人の生活保護はどうなるのかを伺います。また、そういう場合に支援はどうなるのかを伺います。 最後に、安保関連法案、いわゆる戦争法について伺います。 市民の皆さんには、一人ひとりは微力でも無力ではない、だから選挙には必ず権利を行使しようと、政治行政も訴え続けているわけです。11月30日には、子供たちに、高校生に、その活動も行われました。