12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

筑西市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−02号

土木部長(猪瀨弘明君) 道の駅へのハラールフードの導入についてですが、ハラールフードにつきましては、イスラム教の教えに従って、処理、加工、輸送、保存された食品、製品であり、具体的には豚肉、アルコールはもとより、アルコールが添加された調味料類や豚の脂が添加されたバター、ラード等も一切使用されていない飲食物でございまして、イスラム教徒の方はハラールフード以外のものを食べることを禁止されております。

日立市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017-03-06

食物に含まれるアレルゲンといたしまして、卵、牛乳やバターなどの乳製品、ナッツ類など約70種類に及んでおります。  現在の食物アレルギーを持つ児童生徒への対応でございますが、希望する保護者に対して、毎月の献立表のほかに、アレルゲンを含む食材を表示した成分表を学校を通じて配布し、アレルゲンの摂取に十分注意するようお知らせしております。  

常総市議会 2015-08-01 常総市:平成27年8月定例会議(第10回会議) 本文

一方で日米2国間協議は大きく進展し、米国産米・豪州産米合わせての8万トンの「特別輸入枠」の設定をはじめ、牛肉関税を15年掛けて38.5%から9%まで引き下げ、豚肉関税キロあたり最大482円から10年後に50円前後まで引き下げ、麦の事実上の関税のマークアップを45%削減、米国、オーストラリアニュージーランドバター・脱脂粉乳の輸入枠を設定、甘味資源作物の輸入拡大につながる措置を検討など農産品重要

土浦市議会 2015-03-11 平成27年 第1回 定例会-03月11日−04号

また,昨年来,バターや小麦,肉など食材価格が高騰しています。さらに今後も食材価格の上昇が見込まれます。  そのようなことから,質問の2点目,給食の質を維持するために食材価格の高騰や上昇に対して,どのような対応を検討されるのかをお聞きして,議案質疑を終了します。 ○議長(内田卓男君) 教育部長。   

龍ケ崎市議会 2011-12-07 平成23年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号

ちなみに,小麦,大麦は252%,バターが482%,砂糖が325%,コンニャクイモに至っては1,705%であります。仮にこの関税が撤廃されますと,外国から安いお米が入ってくるために米価は大いに安くなることが予想されますが,もし仮に導入された場合の農家に対する補助金はお考えになっているのか,市としての主体的なお考えをお聞かせください。 ○川北嗣夫議長   羽田市民生活部長。             

神栖市議会 2008-12-09 神栖市議会 会議録 平成20年 12月 定例会(第4回)-12月09日−03号

本年は、世界的な不況のあおりを受け、小麦やバター初め多くの食品が値上がりし、家計を直撃しています。ガソリンの値段はようやく下がってきたものの、非正規雇用や派遣社員の大幅なリストラ、また大学生の内定取り消し等、日本全体が不況のあらしの中でどう生き延びていくのか必死です。  

常総市議会 2008-09-09 常総市:平成20年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2008-09-09

皆さん、今、学校給食の現場では、調味料関係、それからバターや油、小麦、大豆に至るまで値上がりをしています。そして来年からは、ガスや電気料なども値上げ予定の中で、給食費を値上げするのか、それとも給食を出す日数を減らして、何とか値上げしないでやっていこうかとか、厳しい選択、四苦八苦の状況なんです。御存じのように、市民の暮らしは一向によくなっていません。

古河市議会 2008-06-04 平成20年  6月 定例会(第2回)-06月04日−議案上程・説明・質疑−01号

今、バターが足りない、いろいろ足りないというふうに言っています。その結果はどうだったと思いますか。乳価の生産調整なのです。それがあったから、今バターが足りなくなってしまっているのです。外国から輸入しようと思っても、今なかなか輸入できません。やはり自国の自給率を上げなければ、国民の命や暮らしは守っていけない。そして、生産する農業の現場に若者もつかないのです。

龍ケ崎市議会 2000-06-08 平成12年  6月定例会(第2回)-06月08日−03号

あるいはまた牧場教室に見立てるならば,牛に触れ,そしてまたバターづくり,アイスクリームづくりの体験教室,あるいはまた自然循環とリサイクル教室と称して,学校農園に学校給食の生ごみを堆肥にして学校農園をやり,そしてそういったつくる喜び,そして食べる喜びを味わう。そういったものが食農教育ではないかと考えております。

  • 1