158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2018-12-11 平成30年 第4回 定例会-12月11日−03号

環境福祉への関心を高めることを目的とした大会として,ノーマライゼーションの実践を掲げてございます。  自転車で言えば,2人乗りが可能な自転車,タンデムバイクがございますけれども,これは前方にハンドルとブレーキの制御機能があり,後ろにはハンドルとペダルがついていて,前に健常者の方,後ろに障害者の方が乗ることができ,障害を持つ方でも安全にサイクリングを楽しむことができることが特徴でございます。  

ひたちなか市議会 2018-06-21 平成30年第 2回 6月定例会-06月21日-付録

包括ケアとは(キュア)のみならず,保健サービス健康づくり),在宅ケア,リハビリテーション,福祉介護サービスのすべてを包括するもので,他職種連携,施設ケアと在宅ケアとの連携及び住民参加のもとに,地域ぐるみの生活・ノーマライゼーションを視野に入れた全人的医療・ケアである。言い換えれば,保健(予防)・医療介護福祉と生活の連携(システム)である。

土浦市議会 2018-06-12 平成30年 第2回 定例会-06月12日−03号

やはりノーマライゼーションの実践を目指す土浦市といたしましては,できるだけ早い時期での整備計画を策定,そして設置をお願いいたしまして,質問とさせていただきます。ありがとうございます。何とぞ早目のエレベーター設置,いろいろ財政も大変でしょうけど,よろしくお願いいたします。  続きまして,中心市街地への企業誘致の件でございます。  私は,ある人の講演会を聞く機会がございました。

筑西市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−一般質問−02号

現在のノーマライゼーション意識したこの時代、公共施設公共交通バリアフリー化は、これまでも検討され、整備が進められてまいりました。しかし、2019年には当県において国体が、また2020年にはオリンピック・パラリンピックが開催されます。多くの障害者の来日、来店が予想されます。当然のごとく、国、東京都はさらなるハード、ソフト面でのバリアフリー化に取り組んでいくものと考えております。  

土浦市議会 2017-12-12 平成29年 第4回 定例会-12月12日−03号

オリンピック・パラリンピック教育を通したこれらの実践は,スポーツのすばらしさや異文化理解だけでなく,障害者への理解や障害のある方との共生,いわゆるノーマライゼーションについて学ぶことのできる機会として,多面的な教育価値を持っており,子どもたちの中に努力の尊さやフェアプレーの精神,人類の多様性を尊重する態度などをしっかりと根づかせていくことができると考えています。  

日立市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017-09-12

このように学校教育の中で福祉教育とともに障害者スポーツへの興味や関心を育てることは、ノーマライゼーションの観点からもとても有効ではないかと考えます。執行部の御見解をお聞かせください。  次に、(3)スポーツ振興計画に位置付けられた障がい者スポーツへの支援についてです。  

龍ケ崎市議会 2017-09-11 平成29年  9月定例会(第3回)-09月11日−02号

ノーマライゼーション,障がい者と健常者,それぞれが特別に区別されることなく同じように生活をし,社会生活をともにすることが社会の本来あるべき姿であるという考え方です。この農園は,人の可能性は無限大であるという信念のもと,人は必ず成長できる,人は必ず輝ける場所があるという思いでノーマライゼーションの実現に取り組んでおります。  そして,もう一つの取り組みです。

古河市議会 2017-03-08 平成29年  一般会計予算特別委員会-03月08日−審査事件・議案質疑−01号

そうしましたら、意見でございますが、やはりノーマライゼーションとかソーシャルインクルージョンという理念のもと、ぜひともこのフォーラムが皆さんにいろいろな意味で、障害者社会参加とか、そういったものを啓発する意味でもより充実したものになっていただくことが大切だと思いますので、その辺は御尽力いただければと思います。よろしくお願いいたします。 ○委員長(鈴木隆君) 執行部の答弁を求めます。  

龍ケ崎市議会 2017-03-08 平成29年  3月定例会(第1回)-03月08日−03号

障がい児の療育環境の充実についてでありますけれども,ノーマライゼーション,障がい者福祉基本理念でありますけれども,障がい者を特別視するのではなく,普通の人間として一般社会の中で普通の生活が送れるような条件を整え,ともに生きる社会こそが当たり前だという考え方,これがノーマライゼーションの理念かと思います。  

稲敷市議会 2016-12-08 平成28年第 4回定例会−12月08日-02号

引き続きまして、制度改正や時代のニーズを的確に把握しながら、障害のある人もない人も、ともに地域で暮らすことができるノーマライゼーション社会の実現を目指して、障害者福祉施策の推進に当たっては、障害者一人一人の障害の個別や程度などをきめ細かに把握しつつ、本市の実情に合った障害者支援サービスの充実に努めていくことが重要であると考えております。どうぞよろしくお願いをいたします。

土浦市議会 2016-06-21 平成28年 第2回 定例会-06月21日−05号

これこそ本当にノーマライゼーションの実践だなと。いつも和気あいあいと子どもたちはよく遊んでおりました。ノーマライゼーションの実践ということを目指す土浦にとっては,お手本のようなものだなと考えました。また,園長先生や先生方が一人ひとりの生徒としっかり向き合い,小学校中学校の先生方もお手本になるような,そういう教育をしていらっしゃるなと考えておりました。

龍ケ崎市議会 2015-12-10 平成27年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号

平成24年4月に策定した龍ケ崎市障がい者プランでは,ノーマライゼーション,リハビリテーション,ソーシャルインクルージョンの三つの理念を掲げております。  一つ目のノーマライゼーションとは,障がい者を特別視するのではなく,普通の人間として当たり前の生活を送れるような条件を一般社会として整えるべきであり,ともに生きる社会こそがノーマルな社会であるという障がい者福祉の原点となる考え方であります。  

龍ケ崎市議会 2015-06-01 平成27年  6月定例会 請願-請願文書表

龍ケ崎市では平成11年3月に「龍ケ崎市障がい者プラン〜心からふれあう街づくりのために〜」が策定され,「ノーマライゼーション」,「ソーシャルインクルージョン」の理念に基づいた「障がい者プラン」「障がい福祉計画」が実行され,現在も続いています。この計画へエレベーター設置計画を適用する必要性があります。  

龍ケ崎市議会 2015-03-19 平成27年  3月定例会(第1回)-03月19日−05号

これは至極当然なことと思いますので,可決すべきであると思います」との意見や,「手話によって,聾者が自立した日常生活を営み,地域社会参加していくことが可能になると思いますので,ソーシャルインクルージョンという観点から請願に賛成します」という意見が出され,さらに「聾者とのコミュニケーションをとるためには,健常者学校教育等の場で手話を学び,理解していくべきだと考え,法制化することがノーマライゼーション

土浦市議会 2014-09-09 平成26年 第3回 定例会-09月09日−03号

本市では,第7次総合計画で,ノーマライゼーションの理念に基づき,全ての人が社会の一員として自立し,様々な分野に自由参加し,世代を超えて交流できる環境を整えていく必要があると訴えておりまして,本市で開催されておりますかすみがうらマラソン大会においても,ノーマライゼーションの実践,体験する福祉をテーマとした国際盲人マラソンかすみがうら大会を同時開催しているところでございます。

龍ケ崎市議会 2014-09-08 平成26年  9月定例会(第3回)-09月08日−02号

小学校6年生の社会科では,障がいの有無などにかかわらず,全ての人が安心して生活できる共生社会の実現を目指すノーマライゼーションの考え方や老人介護デイケア,デイサービスについて学習します。  中学校3年生の公民では,少子高齢化社会国民生活と福祉社会保障について学習します。  

常総市議会 2014-08-01 常総市:平成26年8月定例会議(第8回会議) 本文

その中の一つが開かれた議会のための傍聴者へのノーマライゼーションの理念だそうです。市民皆さんだれもが議会傍聴できる、私の場合、今回は37回目ですが、過去36回で延べ人数約1,200人の方々が傍聴に来てくださっています。私が議会傍聴するなんて思ってもみなかった、一度傍聴したかったけれど敷居が高くて行けなかった、私の傍聴の方々は女性の方が9割です。

常総市議会 2014-08-01 常総市:平成26年8月定例会議(第8回会議) 名簿

─────┼─────────────────────────┤ │  1 │7番         │1 議会傍聴について               │ │    │ 中 村 博 美   │ 1)開かれた議会運営を目指し、多くの方々に議会傍聴│ │    │           │  に来ていただくための取り組みとして託児(子ども│ │    │(総括質問・一問一答)│  預かり)、手話通訳などノーマライゼーション