51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

内容別に見ると,子どもの前で配偶者暴力をふるう面前DVや無視,暴言など心理的虐待が半数を超え,身体的虐待が約25%,育児放棄,ネグレクトが約20%,性的虐待が約1%でした。また,虐待を疑う通報などをもとに警察保護した子どもは昨年1年間で全国で4,571人に上り,過去最多となったことが警察庁のまとめで判明しました。前年より733人ふえ,統計をとり始めた2012年1,611人の約2.8倍となった。

笠間市議会 2019-06-10 令和 元年第 2回定例会-06月10日-04号

三つ目は、児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食または長時間の放置、保護者としての監護を著しく怠るなどのネグレクト。四つ目は、児童に対する著しい暴言または著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭に対する暴力などの身体的虐待でございます。 ○議長(飯田正憲君) 益子康子君。 ◆5番(益子康子君) では、DV、ドメスティックバイオレンス、これも四つ目に入ると考えてよろしいわけでしょうか。

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

学校保健安全法では、児童虐待の早期発見の観点から、児童の心身の健康に関し、健康相談を行うとともに、児童健康状況の日常的な観察によりその心身の状況を適切に把握すること、健康診断においては、身体測定、内科検診や歯科検診をはじめとする各種の健診や検査が行われることから、それらを通して身体的虐待及び保護者としての看護を著しく怠ること、いわゆるネグレクトを早期に発見しやすい機会であることを留意すること、このように

日立市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-03-11

平成29年度の虐待の種類別ごとの内訳は、殴る蹴るなどの身体的虐待は18件、食事を与えない、不衛生にするなどの育児放棄、いわゆるネグレクトは53件、性的虐待が2件、言葉による脅かし、子供の前で家族に対して暴力を振るうなどの心理的虐待が70件と最も多くなってございます。  

稲敷市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-02号

次に、暴行などの身体的虐待は1万4,821人、3番目が、食事を与えないなどの育児放棄、ネグレクトが7,699人、最後は、性的虐待258人とのことであります。  虐待者は、実母が半数を超える52.4%、次いで実父が34.5%となっています。また、虐待を受けた年齢構成は、小学生が34.5%、次に、3歳から就学前児童が23.8%、次に、ゼロ歳から3歳未満が19.7%であります。  

常総市議会 2019-02-01 常総市:平成31年2月定例会議(第19回会議) 本文

また、虐待についてですが、平成24年度の種類として多い順には、身体的虐待が約35%、心理的虐待が約34%、食事を与えない、あるいは部屋に閉じ込めるなどとかのネグレクトですね、そちらが約29%、性的虐待が約2%となっております。そして、だれからの虐待が多いかといいますと、実の母親、こちらが57%、次に実の父親が約29%、そして実の父親以外の父親からが6%となっております。  

神栖市議会 2018-09-28 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−05号

相談内容としては、主に親の精神疾患や経済問題に伴う育児困難やネグレクトによる育児放棄となっています。そのうち、児童虐待は、1,152件で年々増加しています。なお、児童相談所への報告件数は32件です。  問 家庭児童相談員が相談を受けた場合、その後の支援の継続の仕方について伺いたい。  

笠間市議会 2018-09-20 平成30年第 3回定例会−09月20日-05号

保健福祉部長(下条かをる君) 笠間市の平成27年度からの児童虐待相談対応件数は、平成27年度が11件、平成28年度が22件、平成29年度は25件で、平成29年度の虐待の内訳といたしましては、身体的がゼロ件、心理的が18件、性的が2件、ネグレクトが5件となっております。  茨城県の傾向といたしましても、相談、対応件数が増加傾向にあります。

筑西市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号

若いお母さん方、お父さん方が保育に対する希薄化というのだそうですけれども、そういうところからネグレクトだとか虐待だとかということも起こってくるのかなと思いますけれども、そういった極端な例ではなくても、普通に時代の変化とともに保護者意識も変わってきている。そういうところに本来の保育行政がしっかりとフォローアップをしていく。そのために果たすべき公立の役割。

ひたちなか市議会 2017-06-15 平成29年第 2回 6月定例会−06月15日-03号

関連して,ネグレクトや一人で食べるいわゆる孤食などの問題も浮かび上がってきたとのことです。本市には本市の特性もあろうかとは思います。  以上のような健康や生活実態の調査など,新たな調査を行うことや,これまでの統計をまとめて改めて検証することは今後考えられるか伺います。 ○打越浩 議長  高田晃一福祉部長。          

笠間市議会 2017-06-12 平成29年第 2回定例会−06月12日-03号

内訳といたしましては、身体的虐待が7件、心理的虐待が11件、また、性的虐待が1件、ネグレクト、いわゆる育児放棄でございますけれども、3件となってございます。  ここ数年の傾向といたしましては、子供の特性に対応できない親が子に対して暴言や暴力を振るってしまう身体的虐待や、子供の面前での配偶者への暴力などで子供の心を傷つける心理的虐待の通告が増加しておるところでございます。  

神栖市議会 2017-03-23 神栖市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月23日−06号

答 ネグレクトを含む育児放棄が6割で、残りが身体的虐待・精神的虐待です。  問 市立病院を持つ考えはないのか。  答 神栖済生会病院と鹿島労災病院の再編統合について関係者間で協議中であり、また既存の施設資源有効活用するという上でも、市立病院を持つことは考えていません。 問 学習指導補助教員学習指導補助員の業務内容の違いを伺いたい。  

龍ケ崎市議会 2016-12-12 平成28年 12月定例会(第4回)-12月12日−02号

平成25年度でございますけれども,身体的虐待が11件,ネグレクト育児放棄,これが18件,心理的虐待が18件,合計で47件でございます。  平成26年度でございます。身体的虐待が13件,ネグレクト19件,心理的虐待21件,性的虐待2件で,合計55件でございます。  平成27年度につきましては,身体的虐待が11件,ネグレクト17件,心理的虐待8件,性的虐待2件,合計38件という状況でございます。  

筑西市議会 2016-09-05 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月05日−一般質問−03号

内容につきましては、個々の細かい内容は申し上げるわけにいきませんが、先ほど子供の虐待の種類ということで、身体的虐待、それから性的虐待、それから養育放棄(ネグレクト)、それと心理的虐待、この4つが、大きく分けると4つになっております。先ほど10万人を超えたということでございますが、この心理的虐待の増加が非常に大きくなってきていると思います。

笠間市議会 2016-06-13 平成28年第 2回定例会−06月13日-04号

福祉部長(鷹松丈人君) それでは、虐待の分類でございますが、児童虐待の防止に関する法律の中で分類されておりまして、一つは身体的虐待、それからネグレクトがございます。ネグレクトにつきましては、こちらは児童の心身の正常な発達を妨げるような減食とか長時間の放置、それから学校に通学させない、病気になっても医療機関を受診させない、こういったものがネグレクトでございます。

龍ケ崎市議会 2016-03-08 平成28年  3月定例会(第1回)-03月08日−03号

皆さんご存じかと思いますけれども,児童虐待には殴る,蹴る,やけどを負わせるなどの身体的な虐待,子どもへの性的な行為などの性的虐待,家に閉じ込めるとか食事を与えないとか,ひどくふけつにするなどのネグレクト,養育放棄ですね,それから,言葉による脅かし,無視をする,兄弟間での差別的扱いなどの心理的虐待,4種類に分かれるそうであります。  

筑西市議会 2016-02-26 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月26日−一般質問−02号

それから、虐待5件あったということですが、個別にはちょっと申し上げられませんが、その内容的には、身体的虐待とネグレクト、それから経済的虐待というふうな種類に分かれております。経済的虐待とかネグレクトにつきましては、施設を利用するとか、それから生活保護の申請とか、そういう形で処理もできますし、ただ身体的虐待等があった場合には警察権力の介入もございまして、全て処理はされております。  

常総市議会 2016-02-01 常総市:平成28年2月定例会議(第28回会議) 本文

次に、ネグレクト、いわゆる育児放棄ですが、26年度が20件、27年度の上半期が25件であります。性的虐待につきましては、平成25、26年及び27年度の上半期にそれぞれ1件ずつであります。  最後に、心理的虐待でありますが、これにつきましては、児童への言葉の暴力のほかに親同士のDV、兄弟に対する虐待などにより、子どもの心に著しい心理的な外傷を与えることであります。

神栖市議会 2015-12-07 神栖市議会 会議録 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

はじめに、児童虐待についてのお尋ねですが、当市における過去3年間の虐待対応件数を申し上げますと、平成24年度47件で、その内訳は心理的虐待11件、身体的虐待13件、ネグレクト23件、平成25年度34件で、心理的虐待19件、身体的虐待8件、ネグレクト7件、平成26年度34件で、心理的虐待9件、身体的虐待6件、ネグレクト19件となっております。