11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

チンパンジーの森を皮切りに、ふれあいプラザ、サルの楽園、クマのすみか、キリン舎等を整備し、昨年度は、はちゅウるい館がオープンし、今後、ニホンザル舎、猛獣舎の整備へと進んでいきます。リピーターを呼び込むためには常に新しいものを提供するというので、これはこれで素晴らしいことですが、旭山動物園の後を追い掛けています。  今回のパンダ誘致は、はるかに次元を超えた案件であります。

日立市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-03-22

  165,044├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成32年度│  99,024│ ├──────┼───────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成31年度│  157,280│ │ 7.商工費 │1.商工費   │ニホンザル

日立市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-03-06

加えまして、かみね動物園におけるニホンザル舎の再整備工事や猛獣舎の基本・実施設計を進めるとともに、新たに、かみね公園全体の活性化に向けた検討に着手するなど、更なる交流人口の拡大につなげてまいります。  さらに、かみね動物園へのパンダ誘致につきましても、茨城県との連携を図りながら、最大限努力してまいりたいと考えております。  第4は、都市機能が充実したまちを目指す、都市基盤についてであります。   

日立市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-12-11

今年度は、平成29年度に策定したかみね動物園再整備事業計画に基づきまして、来年度の事業化に向けてニホンザル舎の設計を進めておりまして、その後は、ライオンやトラを展示している猛獣舎の再整備を進めるとともに、新たな猛獣の導入なども検討し、かみね動物園の魅力が更に高まるよう取り組んでまいりたいと考えております。  

日立市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-03-05

観光・交流面では、かみね動物園におけるはちゅうウるい館の整備のほか、新たにニホンザル舎の再整備に向けた取組や海上アスレチック・プールを含めた海のにぎわいづくりの検討、ユネスコ無形文化遺産の日立風流物の展示施設等の整備検討、長者山遺跡の国の史跡指定に向けた取組など、特色あるひたちらしさを更に活用し、あるもの磨きに力を注ぎ、交流人口の拡大や地域活力の向上につながる事業につきましても取り組んでまいります。

日立市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017-09-12

かみね公園昭和31年に都市公園としてスタートし、その中のかみね動物園公園の一角に昭和32年6月に開園、当初はニホンザルツキノワグマなど4種7点の小さな動物園としてスタートしました。翌年のゾウを皮切りに、トラ、ライオンなど次々と人気動物を導入し、それに伴い来園者数も順調に増加し、昭和45年には年間45万人を記録するまでになったところです。  

日立市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017-09-11

市民の憩いの場として周辺住民のボランティアグループによる桜の植栽や整地などの奉仕作業により整備が進められたかみね公園の一角に、1957年、昭和32年6月、当時の上野動物園園長の指導を仰ぎながら、かみね動物園ニホンザルツキノワグマなど4種7点の飼育を始めることで開園し、本年6月で60周年を迎えました。

土浦市議会 2013-03-13 平成25年 第1回 定例会-03月13日−04号

昭和30年代,動物園などの施設に気軽に行けなかったことから,子どもたちの教育の一環としてニホンザル,狸,クジャク等の飼育を始めたというのが当初のスタートですね。社会環境の変化に伴って動物園などの施設に気軽に行ける時代となったことから少しずつ規模は縮小してきたと。それで,現在,猿の2頭を飼育している状況です。  

日立市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2010-03-08

特に、新しい猿舎は、古い猿舎とキジやクジャクなどの獣舎の跡地を利用し、ニホンザルなど6種類の猿を比較展示する獣舎に衣替えするものであります。さらに、その後の獣舎等の整備につきましては、施設の老朽度、動物の人気度、展示効果、整備コストなどを勘案しながら、計画的に整備を進めていきたいと考えているところであります。  

日立市議会 2005-03-10 平成17年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:2005-03-10

かみね動物園は、昭和32年6月に、ニホンザル、ヤクシカなどの動物4種、7点を展示する、極めて小さな動物園としてスタートし、翌33年には、インドゾウのみね子が入園し、34年にはトラ、ライオンも入園、その後、年々動物の数を増やし、現在では82種、501点の哺乳類爬虫類鳥類を飼育、展示する、北関東随一の本格的な動物園に発展してまいりました。  

  • 1