260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守谷市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例月議会−12月06日-03号

日本各地で起きた問題を含め,総括した意見を成功例も含め,問題,不都合なことをデータベース化し,情報共有化を図ることが今後の事業遂行に必要と思いますが,データベース化を取り組むことはできるのでしょうか,お願いします。 ○議長(梅木伸治君) 生活経済部長岩田 賢君。 ◎生活経済部長(岩田賢君) お答えいたします。  

つくば市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-04号

つくば市の国民健康保険加入者全体で、令和元年5月に人工透析を行った人は、国民健康保険データベース内の集計結果では101人おり、その原因は大きく分けて糖尿病、高血圧症等の糖尿病以外の血管を痛める因子、大血管障害があります。重複している人が多いので評価は難しいですが、3分類の代表的な疾患でいえば、糖尿病に起因している人は53人、高血圧症が96人、虚血性心疾患が51人になります。  

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

さらに毎年要援護者データベースの整備・更新を行いつつ支援者側のレベルアップ研修も行っている。 (3)市と川西地区自主防災会の連携   市としては備蓄数やその点検方法など実践的な提言がもらえている。さらに昨年の西日本豪雨災害など被災地への支援活動の際に川西地区自主防災会から人的支援を得ている。   

守谷市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例月議会−06月13日-02号

本当に続けることに意味がありますし,それを知った保護者の方が,今度中学生になる子がいる,絶対富士登山に行かせようと思って毎年待たれている方もいらっしゃるわけで,ぜひとも一回限りでなく,将来にわたり守谷の自然や環境の変化の貴重なデータベース化も考えて取り組んでいただきたいと思います。  次に,二つ目の質問に移ります。もしもの話,もしバナについてお尋ねいたします。  

ひたちなか市議会 2018-12-26 平成30年第 4回12月定例会−12月26日-付録

やはり見ただけではなくて,きちんとしたデータをとって,そのデータベースによって対策を練っている。その中には,行政だけではなく,一般の企業にお願いして,企業側からもきちんとした情報を得て,それを有効に使ってまちづくりを進めているという感想を受けた。特にデータ収集や分析,ブランディングという部分に関しては非常にすばらしい結果を出しているのではないかと感じた。   

守谷市議会 2018-12-12 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号

商店等の振興活動やコミュニティーの育成等を円滑に進めていくためには,地域データベースの構築が欠かせません。企業活動においては,人,物,お金,情報というアイテムの重要性がよく言われます。  地域活動においても,それらのアイテムの重要性は指摘されることですが,残念ながら,このうちの情報というアイテムに全く関心が寄せられていないというのが実情となっております。

守谷市議会 2018-12-11 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号

一番外側,これは実は川久保研究所の学生さんたちが,日本の全ての自治体データデータベース化をして,全ての自治体が比較できるように資料をつくっておられます。ここに示したのは,茨城県守谷市を抜き出して表示をしましたけれども,日本中どこの自治体もこういったデータが出せるようになっております。一番外側が達成度が高い,中に入るほど達成度が低いというふうに見ていただいたらよろしいかというふうに思います。

笠間市議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会−09月18日-03号

また、国保データベースシステムからも、笠間市は国県と比較いたしまして15歳から39歳までの生活習慣病治療者が多い状況にあります。  こうした背景から、若い世代から身近で手軽に取り組める運動習慣であるウォーキングの定着を推進し、生活習慣病の予防、健康寿命の延伸を図るために、スマートフォンアプリと健康データを管理するウエブサイトを活用してかさま健康歩イント事業を7月から開始いたしました。

守谷市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例月議会−09月13日-02号

ついきのう,私どもの議員のタブレットに,学校健診のデータベース化というメールが入りました。小学校1年から中学3年生までのこれまでのように,その学校健診のデータを5年後に破棄をしないで,利活用して,予防医学により,個人健康増進や地域における健康政策医療費削減に生かす取り組みが始まるということです。

石岡市議会 2018-06-05 平成30年第2回定例会 資料 開催日:2018-06-05

──────────────────────┼────────┤ │ 8 │16番    │  2)気象台長と市長に限らず当市の職員と顔の見 │市     長 │ │   │菱 沼 和 幸│   える関係を構築              │教  育  長 │ │   │       │  3)地域ごとの災害特性や防災体制を整理した  │担 当 部 長 │ │   │       │   「気象防災データベース

守谷市議会 2018-02-22 平成30年 2月22日議会運営委員会-02月22日-01号

次で最後になるんですけれども,これも恐らく保留になると思いますが,有料のデータベース資料料,資料購入費,有料データベース。  手引の20ページになります。  政務活動費に必要なコンピューターソフトの購入や,ウエブマガジンの使用料について,ご意見を伺いたいと思います。  青木委員。 ◆青木公達 委員  済みません。

常総市議会 2018-02-01 常総市:平成30年2月定例会議(第20回会議) 本文

それを私は考えて、この問題はそういう今までの教育のあり方、要するに知識をたくさん、どんどん吸収する、データベースを大きくしていくような形と、それと、そのデータベースをいかにして活用していくかというのは、これはOSですね、オペレーションシステム、そのOSをいかにして鍛えていくかと、またOSの能力アップ、スキルアップしていくかというふうに考えるんですが、そこら辺のことはどうでしょうか。