439件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号 現在、タブレットを使って行っているところでございます。 ○議長(飯田正憲君) 石田安夫君。 ◆13番(石田安夫君) わかりました。  次に入ります。③として日の浅い認定農業者が農業委員会に推薦されているのかということをお伺いします。 もっと読む
2019-03-11 常総市議会 常総市:平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-11 続きまして、14節使用料及び賃借料、22多言語変換アプリ利用料60万円、こちらは市で発行している広報紙やお知らせ版などを多言語翻訳し、スマートフォンやタブレットで簡単に閲覧できるようにするためのアプリの利用料でございます。  3目財政管理費3,605万3,000円、1,156万円の増、43ページにまいります。 もっと読む
2019-03-11 日立市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-03-11 しかし、タブレット端末を使った授業に不安の声も出ています。設定や操作に時間をとられ、教員の独自の指導方法を考える意欲や時間を減らしてしまうのではないかとか、情報セキュリティや健康面への影響などの不安です。ICTを活用した教育について、タブレット端末に関する質問3点についてお伺いします。  (1)タブレット端末についてです。   もっと読む
2019-03-08 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月08日-04号 12節、役務費494万1,000円のうち通信運搬費493万円でございますが、こちらは議員分、事務局職員分、合わせて28台分のタブレット端末にかかる通信費を計上するものでございます。  続いて、13節、委託料でございます。 もっと読む
2019-03-07 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月07日-03号 農地地図情報委託料425万6,000円は、農地を1筆ごとに管理する農地地図情報システムパソコンと、その末端としてタブレットを利用し、農地法に基づき毎年実施する農地の利用状況調査や農地集積、集約化、耕作放棄地の発生防止に当たって、情報を一元化し、情報の効率化と簡素化を図るものです。これは、平成33年度までの5年間の債務負担行為で3年目となります。   もっと読む
2019-03-06 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号 次に、12節役務費、細節、通信運搬費3,456万7,000円のうち、3,451万9,000円が本課分でございまして、年間の庁内で発送する郵便後納料金2,900万円及び議会及び庁内会議で活用するタブレット端末通信費として400万7,000円が主なものでございます。   もっと読む
2019-03-06 日立市議会 平成31年第1回定例会 目次 開催日:2019-03-06 について        (1) DVについて        (2) 家庭内での体罰について        (3) 児童虐待の予防と家庭への支援について       2 学校給食について        (1) 学校給食費の保護者への負担について        (2) 滞納者への対応について        (3) 学校給食の無償化について       3 ICTを活用した教育について        (1) タブレット もっと読む
2019-03-06 日立市議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-03-06 学習環境の整備では、タブレットなどのICT機器の更なる整備を進め、情報教育環境の充実を図ります。  学校給食では、引き続き、保護者負担の軽減と食育の観点を踏まえた内容の充実を図るとともに、新たな学校給食共同調理場の供用開始に合わせ、4月から食物アレルギー除去食への対応を開始し、より安全でおいしく、楽しい給食の提供を行ってまいります。   もっと読む
2019-02-01 常総市議会 常総市:平成31年2月定例会議(第20回会議) 本文 このような中、行政におけるスマートフォンの活用という点でございますが、近隣市町村では守谷市で市民生活総合支援アプリという、スマートフォンやタブレット等で市の情報を閲覧・取得する仕組みを取り入れております。 もっと読む
2018-12-21 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月21日-付録 │      │ │            │(3)電子黒板やタブレットは、特別支援教育にこそニーズがあ│      │ │            │  ると言われているが、導入の実態はどのようになっているか。│      │ │            │(4)いわゆる「AIの時代」に向けて、今の子ども達が獲得す│      │ │            │  べき能力はどのようなものと考えているか もっと読む
2018-12-18 ひたちなか市議会 平成30年第 4回12月定例会−12月18日-03号 本市では,本年度導入した電子黒板やタブレットの操作,学習支援ソフトの活用についての研修を中心に実施しており,さらに来年度はプログラミング教育の研修を実施してまいりたいと考えております。  今後の課題といたしましては,プログラミング教育をどの教科のどの活動で実施していくか,各校で適切に位置づけしていくことでございます。 もっと読む
2018-12-17 ひたちなか市議会 平成30年第 4回12月定例会-12月17日-02号 本市におきましては,昨年度末,児童生徒が授業で使用する教育用パソコンについて,これまでのデスクトップ型のものから持ち運びのできるタブレット型パソコンへと一斉に更新し,設置台数についてもそれまでの757台から1,051台へとふやしたところでございます。これまでは小学校では2人で1台を使用しておりましたが,これにより,全ての小中学校で1人1台を使用して授業に活用することができるようになりました。   もっと読む
2018-12-12 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月12日-03号 電子黒板やタブレット端末を使用したい特別支援学級担任はふえていることから、今年度、タブレット端末を各校5台ずつふやし、特別支援学級でも活用する時間がふえるようにしました。  また、一定期間連続して使用したいという先生の要望に対応するため、総合教育研究所に貸し出し用タブレット端末20台を用意しています。しかし、まだ特別支援学級で十分活用できるまで整っているとはいえないのが現状です。   もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 なお,Morinfoは,ご案内とおり,スマートフォンやタブレット端末でしか利用できないということでございますので,これらの機器をお持ちでいない方につきましては,Morinfoを利用することができないという状況にあります。   もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 また,タブレット端末の貸し出し,こちらにつきましては,1年間で90回程度のご利用しかないというようなことで,非常に費用対効果が低いということで,今後直営になった段階で利用をやめるというようなことを考えてございます。 もっと読む
2018-12-10 土浦市議会 平成30年 第4回 定例会-12月10日−02号 ICTの活用につきましては,「多文化共生推進プラン」の中でも,ICTを活用した今後の取り組みとして,市役所の案内業務や,火災,緊急時において,外国人市民に多言語で対応できるスマートフォンやタブレット翻訳アプリケーションソフトの活用を掲げています。既に導入しているものといたしましては,先ほどご説明いたしました「救急ボイストラ」が挙げられます。 もっと読む
2018-12-07 行方市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 ICTの環境につきまして、ハードにつきましては各学校におきましてはWi-Fiも完備しておりますし、今、タブレットによります教育もしております。   もっと読む
2018-12-06 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月06日−02号 さらに,「情報化社会に対応できる子どもたちの育成」を目指し,校内の無線LAN整備やタブレット型PCを導入し,ICTを活用できる環境整備に取り組んでおります。  今後も,結城市総合教育会議において市長と教育委員会との連携強化を図り,地域の意見を教育に反映させ,子供たちのよりよい教育環境の実現に努めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-11-15 笠間市議会 平成30年第 4回定例会−11月15日-05号 また、会議へのタブレット導入を率先して取り組むなど、常にみずからの議会改革に取り組む姿勢は、まさに市民の代表としてあるべき姿であり、我々にとっても見習うべきものでございました。  この4年間、一緒に仕事をすることができましたことは、私にとっても大変充実した期間であり、また勉強もさせていただきました。 もっと読む
2018-11-13 笠間市議会 平成30年第 4回定例会−11月13日-04号 第二に、昨年度9月に、モデル校としてタブレットを整備いたしました。これにつきましては、活用しながら9年間のカリキュラムづくりを進めているところでありますが、1年生でも操作になれまして、自分が説明したい虫の写真や動画などを撮ってきて、その特徴をみんなに紹介するなど活用が進んでいるところです。  第三としまして、学校のいろいろな行事ですけれども、1年生から9年生までが一緒になって取り組んでいる。 もっと読む