19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下妻市議会 2014-12-12 平成26年 第4回定例会(第4日12月12日)

スマートシティとは、IT技術を駆使して電力供給最適化を図るスマートグリッド、次世代送電網と訳しますが、これを中核的な技術とする再生可能エネルギー効率よく使い、環境負荷を抑える次世代環境都市のことですが、この概念を取り入れることで、より魅力的で合理的、持続可能な都市ビジョンを形成することができると思います。

下妻市議会 2014-12-12 平成26年 第4回定例会(第4日12月12日)

スマートシティとは、IT技術を駆使して電力供給最適化を図るスマートグリッド、次世代送電網と訳しますが、これを中核的な技術とする再生可能エネルギー効率よく使い、環境負荷を抑える次世代環境都市のことですが、この概念を取り入れることで、より魅力的で合理的、持続可能な都市ビジョンを形成することができると思います。

神栖市議会 2013-03-11 03月11日-03号

全国で幾つか展開しているスマートコミュニティとかスマートグリッドとか、そういった施策であると思いますけれども、当市はその素地、可能性は秘めていると思います。ただ、企業市民が入って電力需給のバランスをコントロールしていく仕組みづくりは、当市にとってこれまでにない大変難しい分野であると思っております。

ひたちなか市議会 2012-12-12 平成24年第 5回12月定例会−12月12日-02号

ちゃんとした定義ではありませんが、スマートシティーとはスマートグリッドなどによる電力有効利用に加え、熱や未利用エネルギーも含めたエネルギー面的利用や、地域交通システム市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせた、エリア単位での次世代エネルギー社会システム概念とあります。  

筑西市議会 2012-09-10 09月10日-一般質問-03号

これの実現を支えるのがスマートグリッドという技術です。全国には新しい電気社会実験を試みている自治体があります。スマートシティ構想と言われています。脱原発、反原発の足元では、このような夢のある構想が進んでいます。新エネルギーに対する期待はますます膨らみます。自然エネルギー利用した発電が新産業となる時代です。新産業スマートシティに対する市長の見解を伺います。 

ひたちなか市議会 2012-06-13 平成24年第 2回 6月定例会−06月13日-02号

スマートシティーとは、スマートグリッドの主要な技術分散型発電システム再生可能エネルギー電気自動車による交通、高効率ビル家庭電気使用などを使って、都市全体のエネルギー構造を高度に効率化した都市づくり構想のことです」というようなことで、ネットで調べて出ていました。  昨年3月11日に発生した東日本大震災後、発電量のうち約30%を占めていた原発稼働を停止し、現在に至っております。

つくば市議会 2011-12-16 平成23年12月定例会-12月16日-付録

                        │      │ │           │(4)近未来エネルギー実験タウンC)の状況課題について│      │ │           │(5)モニタリングシステム稼働状況CO2 削減状況につい│      │ │           │  て                          │      │ │           │(6)CO2 削減の見える化、スマートグリッド

守谷市議会 2011-11-30 平成23年第 4回定例会−11月30日-02号

について   (2)国道294号の拡幅の実現時期は   (3)守谷駅西口に信号を  2.介護保険について〔担当部長〕   (1)介護保険法改正   (2)介護保険料の見通し  3.放射線対策について〔担当部長〕   (1)今後の取り組み 5番 川 名 敏 子 議員  1.人口増加率全国3位の守谷エコタウンに 〔市長担当部長〕   (1)太陽光発電助成制度   (2)公用車電気自動車   (3)スマートグリッド

守谷市議会 2011-06-20 平成23年第 2回定例会−06月20日-03号

でも,技術が進み,太陽光パネル電気への変換率20%が40とか80%と高性能になり,価格も下がって,発電送電事業が別会社でできるよう法律が変わりスマートグリッドが普及したら,市は独自に大きな収入を確保できる可能性が出てまいります。いわば地産地消の電力版であります。今後の電力不足に当たって,土地の有効活用を提案するものであります。  さて,大分前置きが長くなってしまいました。

日立市議会 2011-06-13 平成23年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2011-06-13

正に、復興を目指す日立市にとっては、市内に蓄積された技術やノウハウをいかしてスマートグリッドを駆使し、省エネルギー都市エコ社会実現に向けた夢のある新たなまちづくりを加速するチャンスであると思っています。市長は、先日の所信表明で、経団連が進めている未来都市モデルプロジェクト企業とともに進めて、環境を軸とした未来都市モデル都市を目指すとの目標を示されました。  

つくば市議会 2011-06-13 平成23年 6月定例会-06月13日-04号

電気自動車における蓄電池を二次利用するなどの実験であるとか、将来のスマートグリッドを視野に入れた、全国に先駆けた取り組みでもあったと思っております。  また、本年の1月、2月にかけて開催したクリーンエネルギー展においては、市民の皆さんに将来のエネルギーへの理解を深めてもらうということで、太陽光発電と純水素を活用した燃料電池による直流エネルギーシステム実証展示を行っております。  

日立市議会 2010-12-06 平成22年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2010-12-06

数日前の新聞に、青森県六ヶ所村で、プラグインハイブリッド自動車と、電力有効利用のためのスマートグリッド実証実験が取り上げられていました。トヨタ自動車や日本風力開発の名前とともに、日立製作所も参加しているようです。地元選出大畠代議士経済産業大臣を拝命しています。この機会に是非日立市も意欲的な取組をお願いして、要望とします。  

龍ケ崎市議会 2010-09-06 09月06日-02号

スマートグリッドという考えもございますので,その点,その路面電車にかわるものと言えるかどうかはわかりませんけれども,そのような方向性はやはりこれから求められていると考えております。 ○鴻巣義則議長  7番大塚弘史議員。 ◆7番(大塚弘史議員)  いろいろな考え方があって,最初に申し上げたように,おまえ何考えているんだという方もいると思います。

日立市議会 2010-06-07 平成22年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2010-06-07

そのような中、全国的に注目を集めているのがスマートグリッド(次世代送電網)であります。スマートグリッドとは、情報技術を活用し、電力需給を自動制御するシステムであり、夜間や留守中に発電量を抑えるなど需給に応じた発電が可能であり、二酸化炭素(CO2)の排出削減にもつながるものであります。太陽光発電風力発電など、自然エネルギーの円滑な利用には欠かせないものであります。

日立市議会 2010-06-03 平成22年第2回定例会 目次 開催日: 2010-06-03

……………………………………………………………………………………… 36       1 防災体制整備について        (1) 防災広場整備について        (2) 緊急輸送道路交通確保マンホール浮上防止対策)について       2 都市環境整備について        (1) 路上喫煙防止について        (2) 美観保全重点区域の指定について        (3) スマートグリッド

守谷市議会 2010-03-16 平成22年第 1回定例会-03月16日-03号

3月8日の読売新聞にも出ておりましたけれども,次世代電力網スマートグリッドでやらなければならないと。その技術を担っているのは,一体どこの国なんですか。これ,実は日本なんです。経済産業省下部機構であるNEDOが,アメリカのニューメキシコのアルバカーキという砂漠の真ん中でスマートグリッド実証実験をやっております。これをリードしている企業はどこですかといいますと,東京電力日立・東芝・富士電機。

  • 1