76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2018-09-11 平成30年 第3回 定例会-09月11日−03号

スウェーデン発祥で優しく読みやすい本だと。取り入れていきたいということで答弁されました。海外の良いものを取り入れていくという点では,スフィアプロジェクトなんかをやっぱり検証して,いいものは市行政に活かしていってほしいんですね。本当に危機管理と体制が十分にとられていなければ,人災による二次被害というのは必ず拡大していってしまいます。  

土浦市議会 2018-09-10 平成30年 第3回 定例会-09月10日−02号

LLブックのLLとは,スウェーデンのラッテ・ラーストの頭文字をとってLLブックと言われております。ラッテ・ラーストとは,英語でイージー・ツー・リードと言うそうでそうでございます。易しくて読みやすい本という意味でございます。イージー・ツー・リードと英語では言うそうで,それは易しくて読みやすい本という意味でございます。

稲敷市議会 2018-03-01 平成30年第 1回定例会−03月01日-02号

この速さは、どれほど速いかと他の国と比較をすると、ドイツが40年、イギリスは46年、アメリカは72年、スウェーデンは85年を要し、フランスに至っては115年なのです。  高齢社会に突入した日本ですが、高齢化が本番を迎えるのは、これからだということを忘れてはなりません。  そこで、伺います。稲敷市には何が足りないのか。これは目的で、普遍的なものです。そして、何が必要と考えているのか。

古河市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−04号

LLブックとはスウェーデン発祥の本で、スウェーデン語のラッテラーストの頭文字をとって「LLブック」といいます。誰でも読めるように工夫された、優しくて読みやすい本のことで、普通の本がなかなか読めない、知的にハンディキャップがある子供や大人でも読める本ということです。

龍ケ崎市議会 2017-11-27 平成29年 12月定例会(第4回)-11月27日−02号

ただいまご紹介のあったLLブックと,スウェーデンが発祥だということで,今回,議員から紹介がありまして,改めてどういうものか私自身,確認をさせていただいたところです。  本市の小・中学校におけるLLブックの整備状況でありますが,LLブックに分類されるものは,小学校が2校で計18冊,中学校では2校で計22冊がそれぞれの学校図書館で整備されているという状況でございます。  

土浦市議会 2017-09-11 平成29年 第3回 定例会-09月11日−02号

1番がスウェーデンで,100%公費で世界の平均は81.6%ですが,日本は公費が45.4%,私費が54.6%と,私費が公費を上回っています。しかし,初等中等教育段階では,公費の世界平均は91.4%になります。日本は93%と平均を上回っています。財政面から見ますと,就学前教育日本の公費支出はかなり低い水準であるということでございます。

常総市議会 2017-05-01 常総市:平成29年5月定例会議(第4回会議) 本文

御指摘のように千年に一度の確率、これが現実的なというような、そういう御意見もございますが、欧米では既にこの年超過確率でございますが、これは1,000分の1、あるいはその地域の特性にもよりますが、オランダスウェーデンなどでは10倍に当たる1万分の1、これを浸水想定ということでマップをつくっているところもございます。  

龍ケ崎市議会 2016-09-09 平成28年  9月定例会(第3回)-09月09日−04号

今,私の中でちょっと脳裏に浮かんだのが,たしか日本フィンランドスウェーデン,この3国が森林70%の国でございます。非常に長寿命化になっているし,心豊かな国民が生活をしているということを今ちょっと思い出しました。  そういう中で,食料,すなわち農業人間生命,身体の維持に不可欠であります。今,世界の人口は70億人と言われておりますが,2065年頃には100億人になるだろうと予測されております。

古河市議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月15日−一般質問−04号

また、平成25年に内閣府が7カ国、日本、韓国、アメリカイギリスドイツフランススウェーデンの13歳から29歳までの若者を対象に実施した意識調査では、社会をよりよくするため社会問題に関与したいと思っている日本の若者の割合は4割強であり、私の参加により、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれないと思っている割合は約3割にとどまっており、いずれも日本が最低となっています。  

下妻市議会 2016-03-16 平成28年 第1回定例会(第4日 3月16日)

しかし、その中でもフランススウェーデンなどでは、制度的な少子化対策によって、出生率を回復させているという事例がございます。同様の政策が国でも推進されるべきでありますが、なかなかそうはなっていないというのが現状かと思います。したがいまして、下妻市としては、単独事業でも、そういった政策を行って国の制度を補い、人口減少を回避していく必要があるかと思います。  個別にお聞きいたします。マル福について。

龍ケ崎市議会 2015-12-10 平成27年 12月定例会(第4回)-12月10日−04号

他の自治体を見ますと,独自のルートを駆使して福岡県福岡市スウェーデンと,千葉県山武市ではスリランカと,早くも誘致の内定しているところも出てきているようです。  今回も前回,前々回に引き続いて,国際大会における当市のキャンプ地誘致を題材に一般質問をしているわけですが,要は誘致を検討するような組織委員会の立ち上げが必要ではないですかと言いたいわけです。

日立市議会 2015-12-07 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2015-12-07

現物給付の効果は、出生率を飛躍的に高めたスウェーデンフランスの実例からも明らかであります。出産祝い金の新設についての基本的な考え方をお伺いします。  次に、保育料の減免、引下げについてです。  子育て支援に力を入れている自治体では、自主財源による保育料の減免や引下げを実施しております。

神栖市議会 2015-06-02 神栖市議会 会議録 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月02日−03号

スウェーデンは941万人で42万人。日本は60人に1人、ドイツは10人に1人、神栖は120人に1人なんです。生活支援にこういう方式もあるということを伝えておく必要があると思います。生活保護の勧めをしているわけではありません。こういう状況でも、必死に自助努力をしているのが市民だと私は思うんです。  急いでほしいことが1つあります。

常総市議会 2014-11-01 常総市:平成26年11月定例会議(第15回会議) 本文

それで、その下のほうの部分なんですけれども、「出生率上昇に転じる、欧州」ということで、フランススウェーデンイギリスでは社会全体で子育て支援をしているということで、ちょうど低い出生率が、合計特殊出生率で比べているんですが、フランスは2.00、二人夫婦で二人を産むことまで回復したということなんですね。

ひたちなか市議会 2014-09-26 平成26年第 4回 9月定例会−09月26日-付録

(2)派遣場所  イギリススウェーデンオランダ   (3)派遣期間  平成26年10月8日(水)〜10月16日(木)(9日間)   (4)派遣議員  安 雄三議員 2 平成26年度第1回茨城県議会議長議員研修会   (1)派遣目的  議会の円滑な運営を行うため,市議会に共通する事項についての講演会を行うとともに各市議員間の交流を図り,地方自治の振興発展に寄与する。   

土浦市議会 2014-09-09 平成26年 第3回 定例会-09月09日−03号

出生率フランススウェーデンのように政策転換によって変わり得る。日本において出生率を向上させるためには,子育て支援だけでなく,結婚,出産の早期化や多子世帯の支援,さらには人の流れを変えることが必要。こうした総合的な対策によって出生率の向上が期待できる」とこのように述べております。縷々,この見方についてはいろいろあろうかと思いますが,こうした点を指摘をされております。  

ひたちなか市議会 2013-06-12 平成25年第 2回 6月定例会−06月12日-02号

しかしながら,内閣府が2010年に実施した少子化社会に関する国際意識調査の中で,欲しい子供の数について,日本では8割以上が2ないし3人,平均で2.3人と答え,フランススウェーデンの平均2.4人に次ぐ水準でありました。現実とのギャップはあるものの,子供を2人以上持ちたいと願う人は少なくないことがわかります。

龍ケ崎市議会 2013-06-10 平成25年  6月定例会(第2回)-06月10日−03号

ちなみに紹介いたしますと,日本ではユニクロアメリカではギャップ,フォーエバー21,アバクロンビー&フィッチ,スウェーデンにおきましてはH&M,もう皆さんもお気づきだと思います。ファッション業界並びに商業界をしっかりとリードしております。  このような商業界の環境であることを踏まえて,新都市拠点開発エリアについて質問いたします。