18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

神栖市議会 2016-12-07 神栖市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

交通アクセス、町並みを含めたインフラ及び住環境の整備、特色ある教育の充実、複合商業施設シネマコンプレックス、ラウンドワンなどのような娯楽施設の誘致、映画館、ボーリング場が1つもないのも寂しいものであります。そして芸術文化、知名度の向上であります。美術館をつくるべきとは申しません。このような芸術祭を定期的に誘致することで、文化度、知名度を上げていく。

龍ケ崎市議会 2013-09-11 平成25年  9月定例会(第3回)-09月11日−04号

今後はこのような機会をもっと提供していくとともに,これは民間の力を借りなければなりませんが,この場でも何度でも申し上げているような若者が集まるような,そういうような場所,先日はスポーツ文化,シネコンなどの例を挙げさせていただきますが,そのシネマコンプレックス代表されるような娯楽を兼ねた文化施設の充実も必要ではないかと考えております。  

ひたちなか市議会 2007-09-28 平成19年第 3回 9月定例会-09月28日-付録

また、都市ゾーンにはシネマコンプレックス平成17年8月に、広域型商業施設であるファッションクルーズが平成18年7月にオープンした。   (d)留保地利用計画    平成18年8月に、ひたちなか地区開発整備推進協議会において、これまで原則留保されていた約176haの国有地を、原則利用、計画的利用するため「ひたちなか地区留保地利用計画」が策定された。

ひたちなか市議会 2006-03-27 平成18年第 1回 3月定例会−03月27日-06号

次に、商工費につきましては、ひたちなか地区に昨年8月、シネマコンプレックスがオープンし、引き続き今年夏には大型ショッピングモールが開店の予定をしております。この大型店によりまして集客力が高まり、産業の活性化につながりますので、商工会議所などと連携を図りながら地元商業経営者のテナントや雇用の促進に努めていただきたいと思います。

ひたちなか市議会 2005-12-15 平成17年第 7回12月定例会−12月15日-03号

次に、商業地区において平成10年よりジョイフル本田がオープンし、多くの人々が来店し、にぎわいづくりの点からも一定の効果が出てきていることを感じますが、ここにきてそれ以上の施設整備がなされており、最近は全国的に人気のあるシネマコンプレックスのオープンやその他の拡張計画が予定されておりますが、どのような計画なのか、また市内業者は出店するのか、出店するとしたら何店ぐらい出店するのか、あわせてお伺いをいたします

ひたちなか市議会 2005-06-15 平成17年第 2回 6月定例会−06月15日-02号

このひたちなか地区には大型物販店や結婚式場等があり、本年8月にはシネマコンプレックス・複合映画館もオープンし、確実に来客数が増加すると思われますが、まだまだ未利用地がございます。県との連携が不可欠であり、この地区への企画誘導、誘致を今後どのように進めていくのか、お聞かせください。また、企業からの進出、問い合わせなどがあるのかもお願いをします。  

ひたちなか市議会 2005-03-10 平成17年第 1回 3月定例会−03月10日-03号

まず第1期の整備として、約1,800席、10スクリーンを備えるシネマコンプレックスとレストラン4棟が8月にオープンを予定し、さらに18年の春に向け大型商業施設建設計画が進められております。この施設等の整備により200万人の集客増が見込まれておりまして、本市に及ぼす経済効果については、固定資産税市民税の増収に加え、約1,000人の大幅な地元雇用が見込まれているところでございます。

ひたちなか市議会 2004-06-16 平成16年第 2回 6月定例会-06月16日-付録

(4)事業の効果  ①空き地,空き店舗の減少   ・空き地   6箇所減少(H14:22箇所 5,852㎡ → H15:16箇所 3,918㎡)   ・空き店舗  29店舗減少(H14:323店 → H15:294店)  ②歩行者通行量の増加   ・H12:17,510人 → H15:20,172人(調査6地点の通行量の合計)  ③その他   TMO設立を契機として,複合娯楽施設「大門ビル」(シネマコンプレックス

日立市議会 2004-06-15 平成16年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2004-06-15

次に、(仮称)水戸メガモールの概要についてでございますが、水戸市原町地内に年間売上げ300億円、商圏人口100万人のヤングファミリーをターゲットとした総合スーパーやシネマコンプレックスなどが入る大型都市型複合施設ゾーン、ホームセンターや家電品等を扱う大型専門店施設ゾーンなど、計画面積約31万平方メートルの巨大ショッピングセンターと伺っております。  次に、当市への影響でございます。

ひたちなか市議会 2003-12-10 平成15年第 6回12月定例会−12月10日-02号

この結果、シネマコンプレックス、テーマ型飲食、生活・文化関連雑貨を主体とする滞留型商業施設の新設を提案したジョイフルカンパニーが進出事業者と決定しましたので、現在、出店を希望する地元商業者がテナントとして入居するか共同会社を設立して運営するかについて商工会議所が取りまとめの上、協議検討を行っております。

  • 1