20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿嶋市議会 2015-12-08 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月08日−一般質問−02号

地方創生のもと、自治体サバイバルを戦っている時代ではありますが、鹿島地域歴史を考えると、昭和の鹿島開発が無から有に対し、今は臨海共有地帯があり、有から有、小から大への変化が必要と考えます。地域の再活性化を考えた場合、もう一度合併も含めた議論が必要なのかと考えます。現段階で市長にこのような考えがあるのか、お伺いいいたしたいと思います。 ○議長(池田芳範君) 錦織市長。           

石岡市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2015-09-08

この労使会議においてですけれども、実際、今、国でようやく動いてきたという状況であって、今、部長が答弁したように、茨城県ではまだまだ働き方改革ということで、その推進本部が設置されているという状況でありますけれども、その部分においては、国から、また県からというんじゃなくて、特に今は地方創生という状況において、やっぱりもうサバイバルですね。

鹿嶋市議会 2015-06-15 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月15日−一般質問−02号

地方創生という自治体間のサバイバル競争というのを勝ち抜くためにも、魅力ある独自性のある事業をつくり出すとともに、誰もが生活しやすい環境整備というのを推進して、多くの人々が安心して生活して働き続ける社会の実現に向けて一層のご努力をお願いしまして、私の一般質問を終わりたいと思います。どうもありがとうございました。 ○議長(池田芳範君) 以上で宇田一男君の質問は全て終了いたしました。  

古河市議会 2014-06-16 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月16日−一般質問−03号

市の補助金を活用して整備した資材は、防災倉庫1、三角消火バケツ4、ヘルメット12、ショベル5、掛矢2、大ハンマー1、救急箱1、非常用飲料タンク8、防災用かまどセット1、メガホン8、防水ライト12、サバイバルブランケット12、粉末消火器4、手袋10、折り畳みリヤカー1、以上の資材が倉庫にきちんと収納されておりました。

土浦市議会 2013-06-10 平成25年 第2回 定例会-06月10日−02号

家にいながらにしてサバイバルな状況に陥ってしまう,こういったことが最近になって散見されるようになると,何とかならないものかと考えてしまうのです。  現在,土浦市ではひとり暮らしの高齢者を対象に,様々な見守り活動があり,乳製品の宅配であるとか,緊急通報システムの配備であるとかを始めとして,ふれあいネットワークなど二重,三重の配慮が施策として行われております。

龍ケ崎市議会 2013-06-07 平成25年  6月定例会(第2回)-06月07日−02号

これを自治体がやっていると,自治体サバイバルと言われる時代に脱落していくんじゃないかな,極端な話をすれば,思いますので,逆に国を引っ張るような,国が注目するような農業を展開できればなというふうに思います。本当にでも,こんな話,していますけれども,10年なんて早いですから,言うまでもありません。

筑西市議会 2008-09-08 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月08日−一般質問−03号

これは、これからは自治体間のサバイバルレースであります。  6月の議会で木村経済部長はこのように答弁しております。昨年の11月から待つ交流から攻めの交流に目標を定めた。そして、蔵前小学校地区の住民の方々、イチゴ狩り、野菜の収穫等の体験をしていただき、しもだて美術館、そして最後にあけの元気館に寄って帰られた。

筑西市議会 2008-09-05 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月05日−一般質問−02号

そういう意味で、どの自治体も同じだと思いますけれども、しかしそこにおいて各自治体は、最後のサバイバルとも言うべき、この生き残り作戦をつくって、さまざまなことに挑戦しております。地域再生をかけて、そのために行政政策をいろいろな角度から取りまとめております。筑西市総合計画において、人口は、平成28年の人口を10万8,000人と予想しています。

石岡市議会 2008-06-09 平成20年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2008-06-09

それが、自治体でも今、サバイバルと言われております。生き残りをかけた勝負をかけていかなくちゃならないときだと私は思います。そういう中で、この自主財源確保の命名権についても、先ほど企画部長のほうでは、調査研究をしていきたいということでご答弁いただいたわけでございます。

龍ケ崎市議会 2008-03-06 平成20年  3月定例会(第1回)-03月06日−03号

龍ケ崎の総力を挙げてこの美浦栄線バイパスを完成して,来るべき人口減少社会に龍ケ崎が魅力あるまちとしてサバイバル競争に勝てるように,稲敷市と同じような,合併問題のときに生板の人から聞きました。稲敷市と合併したんでは,河内村は稲敷との合併,綱引きがありました,龍ケ崎との合併。それで,あれはだめだよと。国道もなければ鉄道も何もない。静かな静かな里の秋になっちゃうと。

石岡市議会 2007-12-11 平成19年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2007-12-11

その中での備蓄等でございますが、食料では五目御飯、サバイバルパン、保存用ラーメン等の1万食を常備してございまして、旧石岡市地区におきましては、柏原消防分署、それから4つの地区公民館、旧八郷地区におきましては各小学校等に備蓄をしてございます。  さらに、防災倉庫につきましては17か所ございまして、耐震性の貯水槽は9基ございます。

筑西市議会 2007-09-10 平成19年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−03号

まさしく今本物の厳しいこれから各自治体サバイバルの戦いをするときに、どういうことでまちづくりを本当に残していくか、このことについて市長のお考えをお聞かせ願えればと思います。  そして、最後に市民病院については、先ほど皆さんがおっしゃっております。私は1点だけ、この筑西市病院の評価委員会があったそうです。聞きました。

守谷市議会 2006-09-15 平成18年第 3回定例会−09月15日-04号

それから,サバイバル飯炊きの実演の数をふやしたこと,それから,県の防災ヘリの出動をお願いしたこと,さらに一番大きかったのは,市の自主防災組織への呼びかけに対しまして独自で対応していただいた,そういった結果が大きな要因になっているものと思われます。  以上でございます。 ○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。 ◆9番(伯耆田富夫君) どうもありがとうございます。  

守谷市議会 2005-12-13 平成17年第 4回定例会−12月13日-04号

一つの市民参加型訓練でございますが,これは各避難所におきまして市民の方に参集していただきまして,防災倉庫の点検はもちろんのことですが,今回,初めて行いました,市川議員からの提案もございましたサバイバル飯の炊き方,それから防災無線を実際に使っていただいて,通話訓練も行いました。  

守谷市議会 2005-12-12 平成17年第 4回定例会−12月12日-03号

今回の避難所では,その訓練は,市川議員が9月の議会紹介していただきましたサバイバル飯の紹介,そういうやつを実際に使っての訓練,以前の訓練とは着実に変化してきたようでございます。  しかし,広報紙などで大分以前からお知らせしていたにもかかわらず,参加者が少なかったのは非常に残念でございます。

日立市議会 2001-03-05 平成13年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2001-03-05

いわゆる都市サバイバル時代に入ってくるわけでございます。その中で最も大切な施策の一つは、文化行政の果敢な取り組みであります。文化というものは市民を柔らかな絆で結んでいくことができます。つまり、文化こそが都市を安定させ、統一させていく装置となっていくものであります。それとともに、市民の感性を刺激して、豊かな創造力を生み出していきます。

日立市議会 1999-09-13 平成11年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:1999-09-13

そうなりますと住民はより効率的な都市に移住するとも言われており、いわゆる地方分権の時代は都市サバイバルの幕あけとも言えるようでございます。  このような時代に要求されることは、行政のむだゼロでございます。むだゼロとは、言うまでもなく、行政の仕事のむだをなくし、市民の納得のいく予算執行の仕組みを確立していくことを意味しております。  

石岡市議会 1998-03-09 平成10年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:1998-03-09

サバイバルですね、今。厳しい。競争がすごいんですよ。サバイバルということで、皆さんその仕事をとりたくて、倒産に関係するわけですから、真剣に取り組んでいる土建業者は多いわけです。そこで、たまたま私が問題にした業者というのは種類はAランクになっている業者なんですが、工事が難しいということじゃなく、工事そのものじゃなくて、後始末ですね、埋め戻しをやった後の。

  • 1