18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

最近ではそのような整備資金に,返礼品のないクラウドファンディング型のふるさと納税といったものを活用する自治体もあるようでございます。ぜひ整備のご検討をいただければというふうに思います。  続きまして,3問目,学校教育活動における環境衛生についてでございます。  昨年は大変暑い夏となり,その暑さは災害との表現もなされ,今後もこの状態は続くことが予想されているところであります。  

稲敷市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号

さらに、各担当課からの説明として、危機管理課より、災害対策費で茨城県と県内市町村が共同で被災者生活再建支援システム整備を行うための負担金の増額補正、政策企画課より、使い道に共感した上で寄附をいただくクラウドファンディングによるふるさと応援寄附金の歳入と、それを充当財源とする産官学連携での市特産スイーツの開発等に要する委託金について、教育学務課からは、郷土の伝統文化の理解推進のための事業や理科教育の充実指導強化

下妻市議会 2018-09-19 平成30年 第3回定例会(第4日 9月19日)

次に、(4)クラウドファンディングと民間ビジネス手法の組み合わせについてでございますが、将来的に砂沼西岸地域の整備方針が決定した際に、その事業手法として事業資金の出資を広く募る、いわゆるクラウドファンディングや民間の資金、経営ノウハウなどを活用したPFIの導入が可能な事業であるかを検討の上、事業を進めてまいりたいと考えております。  

稲敷市議会 2018-09-07 平成30年第 3回定例会−09月07日-03号

2016年9月に設立された富山県スポーツ協会は、年間、大小45回の大会を催し、地元の伝統産業とのコラボレーションにも取り組んでおり、2017年7月には老舗酒造の大正蔵を借りて、eスポーツと地酒と伝統を味わえるイベントを開催したほか、8月にはクラウドファンディングにより31万4,000円の支援を受けて、プロ選手を招き、再び酒蔵でイベントが開かれたそうです。

龍ケ崎市議会 2018-06-20 平成30年  6月定例会(第2回)-06月20日−06号

最後に,民意が反映されていないか,もう一度アンケート調査をするべきとか,市民の要望があるのであればクラウドファンディングで費用を集めるべきなどの意見に対しては,全くナンセンスであります。まず,どれも無駄な費用がかかります。アンケート費用やクラウドファンディングを実施したときの4,000万から8,000万の手数料を新たに計上しなければなりません。これも市民の税金で払わなければなりません。

筑西市議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−一般質問−05号

そのような中で、本市といたしましても、きのう小島議員さんにもお答えいたしましたようにクラウドファンディングということで、今後茨城県西部メディカルセンター支援のための基金であるとか、あるいはSLの活性化、SLを活用した地域振興のための基金なども募集していきたい。

筑西市議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月05日−一般質問−04号

例えばクラウドファンディングのように事業目的を明確にして、より具体的な使途を設定して寄附を募ること、また返礼品をもらって終わりにするのではなく、自治体から寄附者の方へ定期的な情報発信等をすることで、ふるさと納税を通じて継続的なつながりを持っていただくといったようなことを総務省では求めているわけでございます。  

常総市議会 2017-11-01 常総市:平成29年11月定例会議(第15回会議) 本文

このような取り組みを進めるためには、どうしても財源の確保が不可欠となってまいりますので、先進地の事例などを参考に、動物愛護の趣旨に賛同していただける方からのふるさと納税、あるいはクラウドファンディング、サポート寄附などさまざまな財源の確保の方法についても検討してまいりたいというふうに考えてございます。  

行方市議会 2017-10-11 平成29年 10月 定例会(第3回)-10月11日−01号

この計画は、公費を使わず寄附やクラウドファンディングなどを通じ事業費を賄うもので、行政が中心となり大規模なクラウドファンディングを行うのは、全国でも例を見ない試みであるとの説明があった。この手法は、資金を調達できない団体などが、ソーシャルメディアを初めインターネット上で企画内容と必要な金額を提示し、広く支援を呼びかける手法である。

龍ケ崎市議会 2017-09-13 平成29年  9月定例会(第3回)-09月13日−04号

多様な財源確保の手法の一つとして,最近は市場からではなく,例えばインターネット上で資金を集めるクラウドファンディングというものが手法として広がり始めています。2016年度の国内クラウドファンディング資金調達規模は745億5,000万円となり,そのほとんどは民間の資金調達でございますけれども,前年度と比べて96.6%増加,ほぼ倍増しております。

筑西市議会 2017-06-09 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月09日−一般質問−02号

事務局のほうで考えているような本市独自の事業への寄附といいますか、一般的にはクラウドファンディングと言われておりまして、これは自治体が抱えるいろいろな問題解決のために、ふるさと納税などの寄附金の使い道を、そのプロジェクトに充てていくというふうなものでございますけれども、そのような中で今企画部のほうで考えております事業といたしましては、例えばの話ですが、SLを活用した観光振興事業でございまして、SL

潮来市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月14日−04号

クラウドファンディングというのがあるんじゃないかと。そういう提案もありました。行政にお金がなければ、広く国民に声をかけると、そうすれば少しずつ浄財は集まるよと。それを集めていけば立派にできると。そうすると、あそこの島崎城というのは、私も1万円出した、あるいは10万出した、幾ら出してくれるかわかりませんけれども、出したということでつながりができるということの提案も受けています。

稲敷市議会 2014-02-28 平成26年第 1回定例会−02月28日-03号

次に、クラウドファンディングによる資金調達についてお伺いいたします。  クラウドファンディングとは、賛同するアイデアやプロジェクトに対してだれでも簡単に寄附や少額のお金を支払うことができるネット上の仕組みのことです。今、自治体主体クラウドファンディングによる資金調達が話題になっているそうです。  

稲敷市議会 2014-02-25 平成26年第 1回定例会−02月25日-01号

│      │ │     ├─────────┼───────────────────┼──────┤ │     │2.クラウドファン│ 税金に頼らない施策の一つとしてインタ│市長    │ │     │ ディングによる資│ーネットで不特定多数の人々から小口の資│      │ │     │ 産調達について │金を募るクラウドファンディングを活用 │      │ │     │         

  • 1